シルバー

シルバーのローズスプーン

2010年6月9日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日ご紹介いたしますは、ドイツ製のシルバー・スプーンです。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





持ち手のトップの部分には、ヒルデスハイム・ローズのようなバラが深く刻み込まれており、

エレガントな様相を呈しています。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





ローズの部分をアップで。もちろんすべて手彫りによる仕上げです。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





こちらはドイツのアンティコ(ANTIKO)社製になり、1900年代前半に作られました。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






英国では、スターリング・シルバーと呼ばれるものは銀の純度が92.5%と決まっています。

それよりも多くても少なくてもいけないという規定があります。



スターリング・シルバーは純銀とされているのですが、100%純銀製ではありません。

銀はやわらかい金属ですので、100%の純度では実用に向かないため、

銅を少し混ぜることによって硬度を高めます。



本日ご紹介しております、スプーンの持ち手の裏側にはANTIKO800と刻印されておりますが、

これはシルバーが80%含まれているという証になりますので、限りなくスターリング・シルバー(純銀)に近いと

言っていいと思いますし、事実、スターリング・シルバーとして取り扱われていることが多いですね。



こちらが90%以上になりますと1本あたり1万円程度で取引されているようですので、今回

英国アンティークス
でご紹介しております、こちらのローズスプーンセットはお買得といえると思います。



皆さまのご協力の賜物です!おかげさまで徐々にブログランキング上がってきているようです。

よろしければ今日も応援のクリックをお願いいたします。いつもありがとうございます。

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


シルバーのローズスプーン


バラの形がトップに刻み込まれたとても美しいシルバーのスプーンです。




You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA