ホテル

バイブリーの有名ホテル

2010年6月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事
ではコッツウォルズのバイブリー村のご紹介いたしました。

いつ見ても美しい風景がそこにはあります。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-アーリントン・ロウ






さて、今日はそのバイブリーにある有名なホテル「スワンホテル」いただいたランチのお話です。







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-スワンホテル






こちらがガイドブックなどでもよく見られるスワンホテルの看板ですね。

手作り感があって、コッツウォルズのこんな小さな村にぴったりの風情です。



このスワンホテルの外壁はアイビーで覆いつくされていますが、この時期はまだ冬休み中でした(笑)。

でも、アイビーが色づくと このホテルはこんなに美しくなるんですよ。




それではこのスワンホテルでのランチをご紹介いたしましょう。



まずはこちらから。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Swan Hotel Lunch






息子が頼んだ、ソーセージとマッシュポテト+チップス(フライドポテトのことを英国ではチップスと呼びます)。



「また~!?」



と私は思わず言ってしまいましたが、息子はかなりの確立でこのソーセージ&マッシュを頼みます。



息子は特にソーセージなどが好きなわけではなく、なかなか新しいメニューを頼もうとしないだけなんですね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Swan Hotel Lunch






そして夫が頼んだのはお魚のグリル。






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Swan Hotel Lunch





で、私は海老とホタルイカのタイ風盛り合わせ、とでも訳しましょうか。

ココナッツフレーバーのきいた南国風のテイストのお料理でした。



さて、お味ですが‥‥。



夫のお魚も私の海老のお料理もいまいち工夫が足りません。

悪くはないんだけど、美味しくもない、そんな感じでした。



以前もこのレストランを利用したことがあって、同じような印象を持ったので、

しばらく来なかったのですが‥‥残念ながら、今回も変わりませんでした。



どうせなら、このホテルの近所にある あのマナーハウス
か、

お庭の素晴らしいあのレストラン
に行けばよかった~、と少し後悔。



で、後日出直してそのレストランにも行ってまいりました。

またそちらの報告も近いうちにいたしますね。





いつもありがとうございます。1日更新をしないとランクがひとつ下がっているようです。

今日は頑張って更新しましたので(笑)、よろしければ応援のクリックをお願いいたします。

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


クレッセントのトリオ


ピンクのローズガーランドとフリルのようなリムがラブリーな

クレッセントのトリオです。金彩もたっぷりでゴージャスですよ。


You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA