シルバー

シルバーのティーキャディ

2010年10月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


またまたご無沙汰いたしておりました‥‥





私は元気にしておりますが、相変わらず少しばかりバタバタと慌しい日が続いておりました。





さて、今日は素敵なティーキャディをご紹介させていただこうと思います。





ティーキャディと言っても、アンティークや紅茶にご興味のない方はぴんと来られないかもしれませんね。

ティーキャディとは、紅茶の茶葉を保管するための缶になります。英語では





「 Tea caddy」



と書きますが、なぜ「缶」の英語である「can」「tin」ではなく「caddy(キャディ)」なのか、という

ことですが、これは重さの単位である 「catty(キャティ)から来ているというふうに考えられています。







「catty(キャティ)





とは中国の単位である







「斤 (ジン/ガン)これは日本の現在の斤(きん)とも単位が違うんですあせる





を英語訳( 語源はマレー語の 「Kati」 から )にしたものになり、

英国では現在も使われている重さの単位の





「ポンド」OK



の3分の1にあたる、フランス語の





「avoirdupois(アヴォイドュポア)」





にあたります。‥‥ぐぅぐぅ





このあたりまでくるとお昼寝をしたくなったのではないでしょうか?もう少しご辛抱ください汗





そしてこの 「avoirdupois(アヴォイドュポア)」のもともとの書き方は、



「avoir du poids」 本



英語で言うと



「goods of weight」 キッチンスケール





つまり、物の重さのことを現す単位となります。



昔の英国では、物を計り売りする場合には、この 「avoirdupois(アヴォイドュポア)」が使われて

いたため(話は少し脱線してしまいましたが)フランス語まで入り込んでくるということになってしまいます。



ちなみにマレー語の 「Kati」 という重さを表す単位は現在でもアジア諸国で使っているところもあるそうです。



重さの単位がアジアから伝わってくるのと同時代に、中国から真っ白い素地に青い図柄が描かれた陶器の



「ショウガ入れ」生姜



が西洋に入ってきて、これを真似て西洋でも同様の紅茶の茶葉入れを作りました。

そしてすぐに西洋流に変化していったものが、現在「ティーキャディ」と呼ばれるものになります。





当初は陶器で作られていたキャディですが(その頃はキャニスターと呼ばれていたようですが)、

それが西洋では様々な素材を使って作られるようになりました。





そんなこんなの変遷があって、ティーキャディと呼ばれるように至ったのですね。





長い能書きにおつきあいいただき、ありがとうございました‥‥汗





お待たせいたしました。





今日ご紹介いたしますのは、そんなティーキャディの中でも、

人気の高いシルバーのものをご紹介いたしましょう。







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-silver tea caddy






こちらはスターリングシルバー(純銀)製のティーキャディになります。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-silver tea caddy






どの角度から見ても素敵です。









美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-silver tea caddy






中はゴールドギルトで、豪華な仕上がりとなっております。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-silver tea caddy






ふたのつまみ部分はバラになっており、エレガントなティータイムを演出できそうですね。





こちらのお品は、ご予約品で嫁ぎ先がもう決まっているのですが、同じようなお品をお探しすることも

できますので、ご興味のある方は ラブレター info@eikokuantiques
ココ までお気軽にどうぞ音符





ここのところ、スローペースな上にアンティーク記事が続いておりますが、これからもまだまだ

「今の」英国情報をお伝えしてまいりますよ。また、楽しみにしていてくださいね。



以下はアンティーク関連記事となります。美しく、そして楽しいアイテムもたくさん登場してますよ音符


ブーケ 西洋アンティークのお勉強です^^
クリック

au 着フル アンティーク・オークションのお品
クリック

香水 ちょっとユニークなアンティークたち
クリック

キラキラ 英国の美しいアンティーク・ショップ
クリック

バラ 世にも美しいショップを紹介します
クリック

天使の羽 アンティーク・シルバーがずらり
クリック

テレビ 私、テレビ出演しちゃったかも?
クリック
ほし
ゴージャス!アンティーク・シルバー
クリック

鍵 引き出しを開けると‥‥?(1)
クリック

カップ(お湯)英国のガーデンセンター・秋の装い(6)
クリック




まだしつこくあせるブログランキングに参加中です。もしも記事をお楽しみいただいておりましたら、

応援のクリックをお願いいたします。いつもありがとうございます!

ダウン         ダウン          ダウン
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






トースト・ラック


イングリッシュブレックファストに欠かせない、シルバープレートの

トーストラックです。食卓をお洒落にしてくれる一品ですね音譜


You Might Also Like

12 Comments

  • Reply chapa 2010年10月20日 at 12:08 PM

    1. 無題
    興味深いお話をありがとう。

    なんだか中にビロードなどをしいて宝石入れにしたくなるほど素敵ですね。何か大切なものをしまいたくなります。
    http://ameblo.jp/mmchapa/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2010年10月20日 at 3:23 PM

    2. Re:chapaさんへ

    >chapaさん

    コメントをありがとうございます!

    おっしゃるとおりですね。その昔、紅茶は
    王侯貴族などの本当に一部の人がたしなむ飲み物
    でした。まさに当時茶葉は宝石のような
    値打ちがあったらしいのです。時代によっては
    外のシルバーより、紅茶の方がお値段が高いときも
    あったようで、鍵つきのティーキャディもある
    くらいなんですよ。


    http://ameblo.jp/eikokuantiques/

  • Reply ミュウミュウまま 2010年10月20日 at 7:16 PM

    3. 素敵ですね♡
    宝石箱のようなティーキャディ(茶葉入れ)ですね。こんな素敵なものが存在するなんて知りませんでした。きっと出会っていても宝石箱と思っていたのかもしれません。すごく勉強になりましたφ(.. )

    ↑のコメントのお話も興味深いです♬イギリスの貴族様のティータイムを妄想してウットリです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
    http://ameblo.jp/romejulialfa/

  • Reply Rooly 2010年10月21日 at 9:24 AM

    4. ステイタス
    Mia様
    キャディってゴルフのキャディさんかと思いました。
    銀器は手入れ大変そうですが、やはりステイタスですよね。
    ほんとに宝石箱みたいな豪華さが素敵です。
    ポンドに関する講釈もありがとうございます。

    http://www.egaiasyoten.com/shopdetail/009000000004/order

  • Reply cyacya 2010年10月21日 at 7:03 PM

    5. 素敵ですね
    ペタ有難う御座います。

    素敵なアンティーク小物ですね。

    23日からロンドンに行きます。

    良かったらロンドンで素敵なアンティークショップ

    があれば教えて下さい(^O^)
    http://ameblo.jp/dictionnaire/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2010年10月21日 at 7:35 PM

    6. Re:素敵ですね♡

    >ミュウミュウままさん

    本当に宝石箱だといえるような豪華さがありますね。
    今や私たちが普通に飲める紅茶やコーヒーもかつては
    選ばれた人たちのための嗜好品だったのですね。
    そう考えると今の私たちの生活がいかに恵まれて
    いるものかわかりますよね。私たちはまさに
    貴族のような、またはそれ以上の食生活をして
    いるんですね。


    http://ameblo.jp/eikokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2010年10月21日 at 7:40 PM

    7. Re:ステイタス

    >Roolyさん

    いつもブログをご訪問とコメントをありがとうございます!

    キャディ(caddy)とキャディ(caddie)‥‥
    確かに発音は同じですものね。ティキャディの
    説明、あまりよくできていなくて申し訳ありません。

    銀器のお手入れは、毎日のように洗ったり磨いたり
    することに尽きますね。汚れがたまってしまうと
    磨くのに一苦労です。ま、それはそれで楽しいんですが(笑)。



    http://ameblo.jp/eikokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2010年10月21日 at 7:52 PM

    8. Re:素敵ですね

    >cyacyaさん

    ロンドンにいらっしゃるですね!ここ数日、急に
    冷え込んで朝は氷点下になっています。寒いです!
    どうぞ暖かいお召し物をお持ちになってくださいね。

    ロンドンのアンティークショップですと、「グレイズ・アンティーク・モール(Grays Antique Mall)」
    あたりが旅行でいらっしゃる方には便利かと思います。

    住所は以下のとおりです。

    58 Davies Street
    & 1-7 Davies Mews
    London, W1K 5AB

    日曜日は休業なのでお気をつけくださいね。

    詳細はこちらからどうぞ。

    http://www.graysantiques.com/index.php

    あとはバーリントン・アーケード(Burlington Arcade)
    は目の保養にいいです‥‥もちろんご予算に
    余裕があればお買い物もどうぞ。

    こちらはオールド・ボンド・ストリートの一本
    お隣のとおりとなります。こちらのアーケードの
    ことを以前、記事にしておりますので、よろしければ
    ご覧になってくださいね。

    http://ameblo.jp/eikokuantiques/entry-10472005340.html








    http://ameblo.jp/eikokuantiques/

  • Reply 小笹優子 2010年10月22日 at 5:11 PM

    9. 無題
    ローマで銀食器を売ってるおみせ、入口に鍵がかかってて、呼び鈴押してお店のナカに入ったことあったわ。
    http://ameblo.jp/o-0809-sakura/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2010年10月23日 at 3:08 PM

    10. Re:小笹優子さんへ

    >小笹優子さん

    いつもブログをご訪問いただきましてありがとうございます。

    おっしゃるとおり、イタリアでも英国でも日本のように
    治安が安定していることはありませんので、鍵はもちろん、
    あるところではお店が地下にあり、そこに入るためには
    セキュリティチェックをうけて、店に通じるまで
    3枚ほどの厚い金庫のようなドアをくぐりぬけなければ
    ならないところもあるほどなんですよ。それに比べれば
    まだまだ日本は安全な国だってことですよね。


    http://ameblo.jp/eikokuantiques/

  • Reply りんりん 2010年10月23日 at 8:47 PM

    11. 日本時間でこんばんは^^
    こんばんは^^

    こんな風に紹介して頂けて嬉しいですo(〃^▽^〃)o
    本当に 「宝石箱」なんて言っていただいているんですね。。。
    私はしっかり茶葉を入れるつもりでいました(・・。)ゞ
    まだ到着していませんが レードルと共に^^
    楽しみです♪
    ありがとうございました(*^o^*)/~

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2010年10月23日 at 10:10 PM

    12. Re:日本時間でこんばんは^^

    >りんりんさん

    この度は大変お世話になっております。
    もうすぐりんりん様のお手元に届きます、この
    ティーキャディ、楽しみにお待ちくださいませ。

    この写真を撮った後に、磨きをかけましたので、
    実際のお品はもっときらきらと美しいですよ。

    本日はコメントまで残していただきまして
    ありがとうございました。


    http://ameblo.jp/eikokuantiques/

  • ミュウミュウまま にコメントする Cancel Reply

    CAPTCHA