英国のすばらしい人々

映画「ダイアナ」

2013年10月2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


英国では先月に封切られた映画「ダイアナ」を見てまいりました。



英国アンティークス




日本での封切りは10月18日となるようですので
ここで内容を暴露するつもりはありませんので、ご心配なく (*^_^*)


ダイアナ妃を演じたのは、英国出身のナオミ・ワッツさん。


彼女はダイアナ妃を演じるために、彼女のビデオを
繰り返してみて、しゃべり方やしぐさを研究したそうです。

そのかいあって、ちょっとした表情や
目の動きなどかなり似ているように見えましたよ。




英国アンティークス





この映画はダイアナ妃が亡くなる直前の2年間のみになっておりますので、
彼女の伝記的なものを期待していかれると、期待外れにおわります~




ただ、2時間程度の映画にまとめるには、その2年間の
ストーリーでちょうどよくまとまっていたように感じました。


今までは、彼女が亡くなるときに車に同乗していた
ドディ・アルファイド氏が彼女の最後の恋人だとされていましたが、
の映画でこれまで公に知られることの
なかった彼女の本当の恋人の存在が明らかになります 


おっと



これ以上話しますと、ネタバレになってしまいますので、
これ以降は実際に映画をご覧になってくださいね。





英国アンティークス



純真無垢で何も知らなかった貴族のお嬢様が、
目の前に現れた王子様と幸せな結婚をしました~。

めでたしめでたし‥‥となるはずが、



英国アンティークス



2人の間には、埋めようのない隙間ができてしまいます。


それは皆さまもご存じのとおりですが、この映画では
その彼女の悲しみがよく表現されていました。



英国アンティークス





「50億人が私のことを愛しくれると言ってくれるけど、
誰一人私のそばにいてくれない!」




というセリフは彼女の孤独を表していましたね~。

また、最後のセリフも泣かせてくれました~



その他、リッツホテルのスイートルームも素敵でしたし、
ロンドンや英国のカントリーサイドの景色も見られますので、
英国ファンにはうれしいのではないでしょうか




というわけで、この映画は英国ファン必見!
の映画だということができると思います




映画をご覧になる前に下のダイアナ妃のインタビュー(日本語字幕有)を
ご覧になって「予習」されておくと、より映画を楽しむことができますので
ぜひぜひご覧になっておいてくださいね。








ぼ毎日facebook フェイスブック の更新はしているのですが、ブログの更新が

まったくできていなかったのですが、これからまた頑張ってまいりますね。

ブログを見ていいただいてる方はfacebook フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 

以下は英国の魅力的な人々に関する記事です。併せてお読みくださいね



英国発・おちゃめなセレブリティ
スージー・クーパー・ストーリー(1)
ウィリアム・モリスという人(1)

 
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 


英国アンティークス

イギリス 英国 アンティーク

You Might Also Like

2 Comments

  • Reply いろは日記 2013年10月2日 at 11:51 PM

    1. ダイアナですか
    お題を頂戴しました


    愛しきや


    自由ダイアナ


    パリに逝き
    http://ameblo.jp/iroha0319/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2013年10月4日 at 6:42 PM

    2. Re:ダイアナですか

    >いろは日記さん

    さすがにきれいにまとめていただきました。

    素晴らしいです☆

    いつもありがとうございます!!


    http://ameblo.jp/eikokuantiques/

  • Leave a Reply

    CAPTCHA