訪れたい英国の風景

ここにも鱒がいました!

2009年10月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



昨日と一昨日は、コッツウォルズはバイブリーにあります、鱒の養殖場「トラウト・ファーム」についてお話いたしました。もし、昨日の記事をお読みでない方はこちら↓からどうぞ。



うお座 鱒が思いっきりいます!?





そのトラウト・ファームで鱒の釣り池もありますので、鱒釣りを楽しむこともできるのですが、それだけではつまらないということで、私たちはバイブリー村のコルン川にやってきました。







英国・コッツウォルズより愛をこめて





私のブログではおなじみ「アーリントン・ロウ」です(ご存知ない方はコチラ
からどうぞ)。このアーリントン・ロウは「ロード・オブ・ザ・リング」などの映画の撮影などにも使われています。





このアーリントン・ロウの手前に流れているのがコルン川です。私たちはいつも虫取り網を持っていますので、この網で魚を捕まえてあそんでいました。以前はこの網でこんな物
も捕まえたんですよ。







英国・コッツウォルズより愛をこめて





アーリントン・ロウを近くから見たところです。下は反対方向から。何度見ても素敵な家並ですね。






英国・コッツウォルズより愛をこめて




釣り好きの方におかれましてはご注意いただきたいんですが、英国の川のほとんどの場所で勝手に釣りをすることは禁止されています。もし釣りをしたいときは、その権利を持っている人からの許可が必要になります。





私たちが釣った、いえ、すくい上げたのはこんなお魚。





英国・コッツウォルズより愛をこめて





ハゼの仲間だと思います。



英国・コッツウォルズより愛をこめて





手に乗せると、ヒレを開いて威嚇していました。もちろん、すぐに水に帰してあげましたよ。





英国・コッツウォルズより愛をこめて





そして、いましたいました。ここにも鱒が!上の写真の赤丸の中です(写真をクリックして大きくしてみていただけるとおわかりになると思います)。



「わー、天然モノの鱒!」





と思われたかもしれませんが、それは必ずしもあたっているとはいえません。なぜならば、昨日までご紹介いたしましたトラウト・ファームから逃げ出した鱒がけっこうな確立で混じっているとのことですから。でも、少なくとも今は、天然モノになっていますが。







英国・コッツウォルズより愛をこめて





そして、いつものことながら鴨の団体さんは、餌を求めてうろうろ。観光客からパンをもらっています。




英国・コッツウォルズより愛をこめて





それを見ていた、白鳥の子供も遠くからやってきます。








英国・コッツウォルズより愛をこめて





まっしぐらに私たちの方をめがけて泳いできました。







英国・コッツウォルズより愛をこめて





そして、兄弟(姉妹?)そろって手から餌を食べるんですよ。醜いアヒルの子どころか、すっごい可愛いですよ。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、むしろ白鳥は大人になるとちょっと凶暴化してくる傾向があるので、それから比べるとめちゃくちゃ可愛いです。









英国・コッツウォルズより愛をこめて





このバイブリーは本当に小さい村なのですが、数件のショップもあります。そして、上の写真の道をまっすぐに進んでいくとココ
に出ます。





英国・コッツウォルズより愛をこめて







ショップも小さいのと街並みに溶け込んでいるので目立ちませんね。





英国・コッツウォルズより愛をこめて





街の建物がすべてコッツウォルズの石で統一されていて素敵ですね。




英国・コッツウォルズより愛をこめて





そこにこんなトラックがとおりがかりました。先日の私のブログをお読みの方は、これがなんというものだったか覚えておいでですね。お忘れになった方、またはその記事をまだお読みでない方は、こちら↓からどうそ。




うし 牧場にあったこんな物
クリック



今までに書いたバイブリー周辺に関する記事です。





宝石赤 「イングランドで最も美しい村」
クリック


宝石赤 「バーンズリー・ハウスを征く(5)」
クリック





ベル いつも申し訳ございませんが‥‥



ブログランキングゆっくりと下降線を描いております。汗下の3つのバナーをクリックしていただけますと、とても助かります。3秒でできる人助け(笑)をお願いいたします!

   ダウン          ダウン          ダウン

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン


英国・コッツウォルズより愛をこめて






グリーンフィンガーズ





コッツウォルズの刑務所を舞台に笑いと感動の物語。囚人がガーデニングを通じて人の命の尊さを学んでいく実話が基になっています。

You Might Also Like

9 Comments

  • Reply M 2009年10月25日 at 6:33 AM

    1 ■はじめまして
    いつも楽しく拝見させていただいています。
    今回の記事とは関係ないのですが、どうしても聞きたいことがありコメントさせていただきました。
    以前に書かれた記事の中にガーデンセンターの記事があり、どうしてもそこに行きたいのですが、正式な名前とチェーン店はあるのかどうかを教えていただけないでしょうか?
    よろしくお願いします。

  • Reply マダム・セプテンバー 2009年10月25日 at 8:57 AM

    2 ■無題
    おとぎの国のような街並みと自然ですね。

    住んでみると苦労もあるのかもしれませんが、この景観を守りぬいてきたことはホント素晴らしいことです。
    http://ameblo.jp/madam-september/

  • Reply Tomy 2009年10月25日 at 10:36 AM

    3 ■こういう小川のほとりで
    寝そべって1日何もせずにいたいものです。もちろん、夏でなければいけませんが。
    ところで、18世紀の保守党の政治家ディズレーリの墓がコッツウォルズの教会の墓地にあるかと聞いたのですが、間違いでしょうか。知っていれば、お教えください。知らなければ、わざわざ調べていただくなくても結構ですよ。
    http://ameblo.jp/0311mot/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年10月26日 at 5:00 AM

    4 ■Re:はじめまして
    >Mさん

    今日はわざわざコメントをありがとうございました。

    実は私がご紹介いたしましたガーデン・センターは3-4ヶ所にわたっておりますので、もしよろしければどの記事にあったものかご連絡いただけましたら、具体的にお答えすることができると思います。

    よろしければこちらのコメント欄に連絡先のメールアドレスをご記入いただきまして投稿していただけましたら、直接私からご連絡させていただきます。当然、そちらのコメントは公開いたしませんので、他の方にメールアドレスが知られることはございませんことを付け加えておきます。

    それではご連絡をお待ちしております。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年10月26日 at 5:05 AM

    5 ■Re:マダム・セプテンバーさんへ

    >マダム・セプテンバーさん

    今日はブログへのご訪問とコメントを頂戴いたしましてありがとうございました。

    街並みを維持するためにいくらかの便利さを捨てなければならないのですが、トータルな意味においての「豊かさ」ということを考えると、それも選択種のひとつだということを英国に住んでみてわかるようになりました。

    これからも多少不便でもこの英国のカントリー・サイドの美しさは守っていってほしいと私も思っています。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年10月26日 at 5:08 AM

    6 ■Re:こういう小川のほとりで

    >Tomyさん

    「行動が幸せをもたらすとは限らないが、行動なくして幸せはない。」との名言を残したディズリーですね。

    ごめんなさい、お墓がどこにあるかは知りません。今度調べておきますね。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply Tomy 2009年10月26日 at 6:17 AM

    7 ■Re:Re:こういう小川のほとりで
    >英国アンティークス・Miaさん
    この名言はしりませんでした。お手数かけますが、手間がかかるんだったらご無理なさらないように。時間もかかるでしょうし、心苦しいですから。ともかく、ご自分でも興味がおありだったら、よろしくお願い申し上げます。
    http://ameblo.jp/0311mot/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年10月26日 at 10:33 PM

    8 ■Re:Re:Re:こういう小川のほとりで(Tomyさんへ)

    >Tomyさん

    承知いたしました。わかるかどうかはいまのところお応えできませんが、一度調べてみますので少しお時間を下さいませ。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply Tomy 2009年10月27日 at 12:13 AM

    9 ■ありがとございます
    申し訳ありません。そんなに一生懸命調べる必要ありませんからね。ともかく適当によろしくお願い申し上げます。
    http://ameblo.jp/0311mot/

  • Leave a Reply

    CAPTCHA