■ 花とガーデニング

クリスマス前のガーデンセンター(1)

2009年11月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



今月に入ってからというものカントリーサイドのガーデンセンターでは、クリスマスのディスプレイになっているのですが、今日はクリスマスのディスプレイになる前のガーデンセンターをお届けいたしましょう。





まずは室内のディスプレイから。





     英国・コッツウォルズより愛をこめて






ガーデンセンターと言っても、英国のガーデンセンターはガーデングッズばかりではありません。そのことは今までの記事に書いてまいりましたが、まだお読みでない方は以下の記事をお読みになって、英国のカントリーライフをのぞいてみてくださいね。



sunflower* 英国郊外・夏のガーデン・センター

もみじ 英国のガーデンセンター・秋の装い

バラ 英国のバラ園 デイヴィッド・オースティン・ローズ





英国・コッツウォルズより愛をこめて





こちらは温かいお色のテーブルウェアです。





     英国・コッツウォルズより愛をこめて





上のテーブルウェアとお揃いの時計もありました。





英国・コッツウォルズより愛をこめて





こんなフローラルプリントは、私好みですね音譜





     英国・コッツウォルズより愛をこめて





バスケットもいろんな種類があります。





    英国・コッツウォルズより愛をこめて





そして当然、球根や花の種もあります。こちらはチューリップですね。春のガーデニングはもういまから始まっています。春が待ち遠しいですね~、って気が早いですか?





私は今の家に住むようになって本格的(?)にガーデニングをはじめてわかったことなんですが、、球根は一度植えておけば毎年植える必要がないと思っていたのですが、最近の球根「F1種」が増えてきているので、次の世代は育たなかったり、育っても違う花を(とは言っても、チューリップからスイセンが咲いたりしませんよあせる)咲かせたりするので、毎年植え替える必要があります。




    英国・コッツウォルズより愛をこめて




初年「アンジェリカ」というチューリップがあまりにもかわいかったので、球根を100球くらい植えて楽しんで、翌年も咲くだろうと待っていましたが、待てど暮らせどなにもおこりませんでした。そんなわけでF1種という植物が存在することを知るようになったのです。





    英国・コッツウォルズより愛をこめて





こちらはクロッカスを中心とした球根です。





    英国・コッツウォルズより愛をこめて





球根は1球単位で買うこともできます。バラ売りしている球根の方が大きくて質がよいのですが、その分割高にはなりますね。





     英国・コッツウォルズより愛をこめて





こちらは昔の自転車の形をしているフラワーポットを置くための台なんですが、玄関先に置いたら素敵でしょうね。でも、こちらのガーデンセンターのディスプレイの仕方はあまりよくありませんね。





    英国・コッツウォルズより愛をこめて





ベンチですが周りにつるバラの花を咲かせたら美しいですね。でもこれまたディスプレイが、いまいちですね。ガーデンセンターによってプレゼンテーションの上手なところとそうでないところがあります。





    英国・コッツウォルズより愛をこめて






こんなラブリーなアイテムもあります。ガーデニング・ツールに見えますが‥‥





    英国・コッツウォルズより愛をこめて






でも実際に使うガーデングッズではなく、お庭を引き立てるためのもののようです。





英国・コッツウォルズより愛をこめて






そしてこんな愛嬌のある小鳥の置物もありました。



明日は、ガーデンセンターの屋外を見てみましょうね。


      ベル ランキングに参加しております。ベル



今日の記事をお楽しみいただけましたら下の3つのバナーをポチッとしていただけましたら、とってもうれしいです。3秒でできる人助け(笑)をお願いいたします!プラスもっといろんな英国情報が見られますよ。

     ダウン          ダウン           ダウン
??????? ??????? ???????
???????????
blogram?????
??·??????????????





年末年始に泊まれる宿





雪見景色の見れる温泉宿、美しいお料理のお宿で年末年始をゆっくりと。ご予約はお早めに!

You Might Also Like

18 Comments

  • Reply 伊豆・赤子母 2009年11月27日 at 12:26 AM

    1 ■無題
    英国のお庭って「かわいい」ですよね☆
    日本の庭園も大好きだけど、
    わっさわっさ色んな花や植物や木があって、(Herefordshireの友人宅にステイした際、お散歩したら)あちこちのお家でそんなお庭を見かけたので気分はピーターラビットでした☆(案の定迷いました)
    http://ameblo.jp/akago-mam/

  • Reply リコ 2009年11月27日 at 1:00 AM

    2 ■こんばんは♪
    すごくきれいで、色が華やかなチューリップですね。

    英国の庭作り。憧れです。
    http://ameblo.jp/chunsan0713/

  • Reply kelly&tina 2009年11月27日 at 2:37 AM

    3 ■うわぁ~♡
    今すぐにでも飛んで行きたいです(笑)
    素敵~
    http://ameblo.jp/harmony9/

  • Reply 元・エアライン勤務☆OL日記★れいな☆ 2009年11月27日 at 5:20 AM

    4 ■小鳥の置物とアンジェリカ
    お久しぶりです。
    私はピンクのチューリップに癒されました。

    ガーデニングセンターは色々な発見がありますね。

    れいな
    http://ameblo.jp/reina-room-no8/

  • Reply としぼう 2009年11月27日 at 6:04 AM

    5 ■おっかしいな~!?
    あまり詳しくないですが
    チュ~リップは花が終わり暫くそのままにして球根ふとらせて掘り起こします

    そしてすこし日陰で(冷温所)乾燥させればまた使えたように記憶してますが?

    お試しあれ (^-^)/~~~
    http://ameblo.jp/104bo/

  • Reply のこ+K 2009年11月27日 at 6:43 AM

    6 ■ワクワクする画像ばかり♡
    ピンクのチューリップが「アンジェリカ」というのでしょうか。
    優雅で可愛いですね。
    オレンジ系のふっくらした小鳥の置物はホントに愛嬌ありますね(≡^∇^≡)
    http://ameblo.jp/11and5and2/

  • Reply marko 2009年11月27日 at 8:22 AM

    7 ■とっても素敵です
    チュ-リップ かわいいですね。
    うっとりします。
    英国の食器類もホントに夢があって素敵です。
    日本に輸入されてるものはものすごく高くなってますね。
    ボタニックガ-デンというお皿を日本で買ったのですが、英国で値段が三分の一でショックでした。

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月27日 at 8:23 AM

    8 ■Re:伊豆・赤子母さんへ

    >伊豆・赤子母さん

    やはりこの国はガーデニングが盛んですよね。テレビ番組もガーデニングと家のインテリアなどの番組がほぼ毎日どこかのチャンネルで放送されています。

    伊豆・赤子母さんはウェールズにも行かれたんですよね。一度にウェールズもハートフォードシャーにも行かれたんですか?

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月27日 at 8:25 AM

    9 ■Re:こんばんは♪(リコさんへ)

    >リコさん

    コメントをありがとうございます!
    このチューリップが本文に書いています、アンジェリカなんですね。きれいでしょう?で、これを毎年見たかったのですが、できなかったのでがっかりしました。とはいえ、その後もどんどんいろいろなものを植えていますが。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月27日 at 8:27 AM

    10 ■Re:うわぁ~♡(kelly&tinaさんへ)

    >kelly&tinaさん

    はい、飛んできてください!(笑)ちょっと遠いですよね。私も時々日本に飛んで行きたくなります。寒くなってくると温泉とか‥‥。^^

    今日はコメントをありがとうございました!

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月27日 at 8:30 AM

    11 ■Re:小鳥の置物とアンジェリカ(元・エアライン勤務☆OL日記★れいな☆さんへ)
    >元・エアライン勤務☆OL日記★れいな☆さん

    いつもブログへのご訪問とコメントをありがとうございます!

    チューリップひとつとってもいろんな種類があるので、毎年どれを植えようか困りながらも楽しんでいます。来年はパープルにしようかな、といま考えているところです。^^

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月27日 at 8:36 AM

    12 ■Re:おっかしいな~!?(としぼうさんへ)

    >としぼうさん

    そうでしょ?私もそう思っていたんですよ。でもこの「F1」種というのがクセモノで、昔ながらのチューリップは毎年咲くのですが、F1種はその代一代しか咲かないという一代種なんですね。

    F1の植物は害虫や気候の変化にも強く、または原種にはないようなとても美しい花を咲かせてくれるのですが、次の世代ができないというのが特徴なんですね。(ノ_・。)

    いつも私のブログをよく読んでくださってありがとうございます。感謝しています。^^

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月27日 at 8:59 AM

    13 ■Re:ワクワクする画像ばかり♡(のこ+Kさんへ)

    >のこ+Kさん

    今日はコメントをありがとうございました!

    説明不足でしたね(;^_^A、はいあのチューリップがアンジェリカです。八重咲きでふわふわっとした花びらが本当にかわいらしいんですよね。

    そしてオレンジ色の鳥、愛嬌があるでしょう?ころころとして今にも転げ落ちそうに見えました。^^

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月27日 at 9:07 AM

    14 ■Re:とっても素敵です(markoさんへ)

    >markoさん

    英国の食器は、高級品はウェッジウッドなどの薄い陶器になりますが、ガーデンセンターなどで扱っているものは、ぽってりとした丈夫そうで温かみのあるものが多いですね。

    実は私もアンティークのネットショップをオープンする予定なのですが、郵送費がとても高いのが悩みです。日本で売られているものも、おそらくは商品代金よりも郵送費のコストがお値段に跳ね返ってくるんでしょうね。

    逆ににこちらでは日本からの輸入品がお高いです。ちなみにマヨネーズは1本600円位ですね。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply アンデレ(andrew) 2009年11月27日 at 12:52 PM

    15 ■お返事有難うございます。
    私のブログのカテゴリーの欄の「イギリスにて」及び「アンデレカツ ウエッブギャラリー、水彩画、イギリス編」にコツッウオルズのスケッチがございます。オールドミルは「イギリスにて」のほうにありすのでご覧下さい。  なお私のブログのタイトルは 「83歳 毎日ブログ」です。タイトルで開きますのでよろしくお願いいたします。

  • Reply 伊豆・赤子母 2009年11月27日 at 2:48 PM

    16 ■つづきです
    わずかな期間の旅行だったのですが、将来、1年とか、滞在するとしたらどの辺りに住もうか考えたかったので、
    ヘレフォードの知人宅、そこで紹介されたMonmouthshireの乗馬クラブに数日ずつ、最後にEarl'sCourt のホテルに泊まりました。
    駆け足でしたが田舎も、都心も行けて…の感想は…会話力が十分に無いのでWalesには住めないと思いました;;(馬で山を分け入って進んだ体験は最高でしたが!)
    また遊びに行くとしたら、Londonから車で数時間くらいの乗馬クラブがある町を探していきたいです(^_^;)
    http://ameblo.jp/akago-mam/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月28日 at 5:04 PM

    17 ■Re:お返事有難うございます。・アンデレ(andrew)さんへ

    >アンデレ(andrew)さん

    ありがとうございます!早速アンデレ(andrew)さんのお描きになった画を拝見いたしました。

    アンデレ(andrew)さんがお描きになると、コッツウォルズが温かみのあるより素敵な街に見えますね。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月28日 at 5:10 PM

    18 ■Re:つづきです(伊豆・赤子母さんへ)

    >伊豆・赤子母さん

    わざわざお返事をありがとうございました!

    素敵な体験をされたんですね~、馬で山の中をお散歩なんてカントリーサイドに住む英国人の生活そのものじゃないですか。

    いつかお子さん連れでまた英国を訪れてくださいね。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Leave a Reply

    CAPTCHA