■ 英国アンティークス

スタッフォードのカップ&ソーサー

2009年12月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、スタッフォードのカップ&ソーサーを簡単にご紹介いたしました。



今日は、そのカップ&ソーサーについてもう少し詳しくご説明いたしましょう。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



私がアンティーク・アイテムをコレクションしていることは、何度もこのブログで申しておりますが、アンティークの中でも特にカップ類に興味が向いております。その中でも、こちらのカップ&ソーサーは、私のお気に入りのひとつです。



こちらの作品は世界の高級陶器の産地であり、また、英国の陶器の里とも言われているスタッフォード・シャーで作られました。


      英国・コッツウォルズより愛をこめて



スタッフォード・シャーは、上の地図の赤い部分にあたります。焼き物でいえば、ウェッジウッドもスタッフォード・シャーで英国で初めて白い陶器をつくったことが有名ですね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらはカップ&ソーサーを真上から見たところです。カップの内側に描かれている模様が美しいですね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



スタッフォード・シャーのクラウン社によって1932-48年の間に作られました。



英国・コッツウォルズより愛をこめて


ソーサーの金彩が繊細に描かれ豪華です。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



ソーサーの真ん中のお花の部分をアップで。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



ソーサーだけを見ていてもゴージャスさが伝わると思います。


英国・コッツウォルズより愛をこめて



カップの外側にも金彩でエレガントな模様が描かれています。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



もちろん、カップの内側にも。ゴールドの輝きがまばゆいほどです。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



カップのサイズ(最大幅)は口径:約 95mm、高さ:約 55mm、ソーサーの直径は約143mmとなります。



こちらのお品も現在準備中のネットショップに並ぶ予定です。キャビネット・カップとして展示されていただけと思われますので、状態はとてもよくひび、欠けなどはございません。



ショップのオープンは1月を予定しております。オープン日が決定いたしましたら、おってこちらで紹介させていただきたいと思いますので、しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。



今日のカップ、お気に召していただけましたでしょうか?



もし「きれい」と思っていただけましたら、お帰り前に下の3つのバナーをクリックしていただけますと、とってもうれしいです。お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

    ダウン          ダウン        ダウン

??????? ??????? ???????
 人気ブログランキングへ
blogram?????


??·??????????????





クリスマス特集2009




思い出に残る、自分磨き・自分買いのグッズから極上ケーキ、スイーツ、グルメまで。






You Might Also Like

18 Comments

  • Reply Tomy 2009年12月11日 at 12:25 AM

    1 ■あのウェッジウッドが
    身売りしたと聞いて、驚愕の思いでした。でも、イギリスには、いい焼き物がいっぱいありますよねえ。デンビーなんかも、庶民的ですが、好きです。
    http://ameblo.jp/0311mot/

  • Reply らふろいぐ 2009年12月11日 at 3:18 AM

    2 ■無題
    素敵♪
    うっとりしますね。
    ネットショップ楽しみにしていますp(^-^)q
    http://ameblo.jp/wakuwakuukiuki/

  • Reply abochin 2009年12月11日 at 5:06 AM

    3 ■保管
    大事に保管されているんですね。傷やひびもなく、作った時のまま素敵ですね。
    http://ameblo.jp/6758ab/

  • Reply SFのカバ 2009年12月11日 at 5:24 AM

    4 ■Welcome back, Mia さん!
    やっと回復されて...良かったです!
    陶器にはとても興味ありますが、SFは地震がありますので...見るのは大好きなのですが、買うとなると若干ビビッてしまいますねぇ...
    でも、本当にきれいなカップですね!
    Mia さんのブログの background に載ってるのも同じ会社のでしょうか?
    http://ameblo.jp/kaba-sanfrancisco/

  • Reply としぼう 2009年12月11日 at 6:22 AM

    5 ■うん!!
    すてきなかっぷですね

    でもちょっと私の好みとは違います
    正直者の親父・・・( ´艸`)

    数日前!?風邪引かれる前に紹介していただいていたと思うのですがあのカップきになるな~

    またいろいろな物みせてよ~!!

    もし欲しいぞって思ったら注文OKですか?
    ちととおすぎますけどね

    あれっ!?個人輸入になるのかな~
    でも個人の楽しみだからきっとOKですよね

    たのしみですじゃ (^-^)/~~~
    http://ameblo.jp/104bo/

  • Reply もっち 2009年12月11日 at 8:26 AM

    6 ■無題
    お~~~~!!としか、言い様がありませんね!
    お元気になられたようで、良かったです。ごムリされませんように☆
    http://ameblo.jp/netdehappy/

  • Reply あつれんかママ 2009年12月11日 at 11:10 AM

    7 ■細かい模様ですね!
    初歩的な質問をしても、いいでしょうか?
    Miaさんは、これらのカップを日常的に使っていらっしゃるのでしょうか?それとも、こちらは飾っておくもの?

    紅茶を飲んでいると、茶渋が付きますよね。
    あまりごしごしこすると傷がつくのでは?と思いました。

    カップの内側にも模様が描かれていて、どうやってこの美しさをキープされているのか?と思ったもので・・・


    http://ameblo.jp/atsuren4869/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年12月11日 at 2:25 PM

    8 ■Re:あのウェッジウッドが(Tomyさんへ)

    >Tomyさん

    私もウエッジウッドの破綻のニュースを聞いたときには本当に驚きました。だた、私は以前にウェッジウッドがクリスタルの会社を買収したときに、不本意なものを感じておりました。やはり、本業に専念してもらいたいものですね。

    妥協しない物づくりと会社経営はある種相反する面もありますので匙加減がむずかしいですよね。

    Tomyさんはデンビーがお好きなんですね。温かみがある、英国らしい食器ですよね。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年12月11日 at 2:26 PM

    9 ■Re:らふろいぐさんへ

    >らふろいぐさん

    今回のカップ&ソーサーを気に入っていただけたようでよかったです。^^

    ネットショップも少しずつですが、進めておりますのでもう少しだけお待ちくださいね!

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年12月11日 at 2:28 PM

    10 ■Re:保管(abochinさんへ)

    >abochinさん

    そうなんですよ‥‥何十年、何百年と生きながらえてきたものが、私の手元で壊れてしまうのはあまりにも切ないので、とっても大切に保管しています。^^

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年12月11日 at 2:33 PM

    11 ■Re:Welcome back, Mia さん!(SFのカバさんへ)

    >SFのカバさん

    ありがとうございます!

    このカップ&ソーサーを気に入っていただけたようで私もうれしいです。

    SFのカバさんがおっしゃっている、カップ&ソーサーはブログのいちばん上に載っているものでしょうか?

    あちらは別の会社のものなんですが、雰囲気が似ていますよね。結局、私のテイストを表しているのだと思いますが、似たようなものが集まってしまっていますね。

    ちなみに上の写真のメーカーはスポード、製造年は1825年(!)になります。こちらも近いうちに紹介いたしますよ。

    Mia



    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年12月11日 at 2:45 PM

    12 ■Re:うん!!(としぼうさんへ)

    >としぼうさん

    え~っ、このカップがお好みじゃない!?

    ‥‥って、すべての人が私と同じテイストだと思っている私がここにいます(゚ー゚;

    でも、本当はそんな正直なご意見大歓迎です!としぼうさんはどんなものがおすきなんですか?今度おしえてくださいね。

    としぼうさんがおっしゃっている数日前のカップって、同じものじゃないですか???

    もし、今後もお気に入りのものがございましたら、もちろん注文はお受けいたします。ありがとうございます!^^

    ショップには、なるだけたくさんのアイテムを並べようと思っておりますので、ぜひご期待くださいね。

    私が扱っているような小物の個人輸入に関しては、ほとんどなんの問題もありませんよ。大きな声では言えませんが、関税がかかることもほとんど(私の経験上は1%未満)ありませんよ。^^

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年12月11日 at 2:47 PM

    13 ■Re:もっちさんへ

    >もっちさん

    やっと、復帰いたしました!
    どうぞこれからもよろしくお願いいたします。今日はコメントを残していただきまして、ありがとうございました!

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年12月11日 at 2:52 PM

    14 ■Re:細かい模様ですね!(あつれんかママさんへ)

    >あつれんかママさん

    こんなタイプのカップは、私の場合はほとんどつかいませんね~(;^_^A 飾っておくだけです。使っていると、特に金彩が剥がれてくるのが心配です。

    私の手元には、何百年もたっているようなカップもあって、まるで新品のように美しいものも多いのですが、それらはおそらくは使われたことのない「キャビネット・カップ」―― キャビネットに飾られてきただけだと思います。

    それにしても、曲線のあるカップに手描きであのような繊細な模様を描いてしまうなんて超人技ですよね。

    Mia
    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply kelly&tina 2009年12月11日 at 4:41 PM

    15 ■綺麗
    カップもソーサーも金彩が素晴らしいですね~
    流石です。
    カップの外側の金彩は面白いですね。
    絵付けをしているので釘付け……でした(笑)
    http://ameblo.jp/harmony9/

  • Reply murasaki姫 2009年12月11日 at 11:20 PM

    16 ■楽しみ
    お元気になられ何よりです。いつも素敵な写真をありがとうございます。ネットショップ楽しみです。
    ペタありがとうございます。
    http://ameblo.jp/ru-ri-1014/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年12月12日 at 3:58 PM

    17 ■Re:綺麗(kelly&tinaさんへ)

    >kelly&tinaさん

    コメントをありがとうございます!
    私もこのカップ&ソーサーの金彩にひかれまして手に入れたような次第です。

    kelly&tinaさん、絵付けをされているんですね、作品はブログの中で発表されているんでしょうか?もしそうでしたら、一度見せていただきたいです。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年12月12日 at 3:59 PM

    18 ■Re:楽しみ(murasaki姫さんへ)

    >murasaki姫さん

    温かいコメントをありがとうございます。とってもうれしいです!

    これからも美しい英国をテーマにブログを書き綴ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Leave a Reply

    CAPTCHA