■ 英国アンティークス

シルバーのトリンケット

2009年7月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




昨日の記事では、英国の貴族社会をほんのちょっとだけのぞいて見ましたが、こちらの貴族社会で愛されているもののひとつにシルバーがあります。



今日ご紹介いたしますのは、シルバーでできましたデコラティヴなトリンケット・ボックスです。






英国・コッツウォルズより愛をこめて-シルバー・トリンケット


にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ



長さは約13cmくらい、高さは4cm程度になります。








英国・コッツウォルズより愛をこめて-シルバー・トリンケット








スターリング・シルバー(純銀製)です。

重さは約82gです。







英国・コッツウォルズより愛をこめて-シルバー・トリンケット







蓋の部分に「E」のアルファベットが刻まれています。

エリザベスという名前の方が、持ち主だったかもしれませんね。







英国・コッツウォルズより愛をこめて-シルバー・トリンケット







スターリング・シルバーかつ細工が細かくデコラティヴですのでおそらくは高貴な方の持ち物だったのではないかと推察されます。







どういう人が、どういう風に使っていたのか‥‥そういう想像をするのって楽しくありませんか?





アンティーク・コレクションの楽しいところは、その物のもつ魅力もありますが、その物の持っていたであろう背景・歴史などを探ることが私の場合は大きいですね。







歴史、と言っても学校で習った歴史のお勉強だけでなく、たとえばこのトリンケット・ボックスの場合は、どんな人のどんな部屋に置かれていて何を入れるために使われていたのか‥‥







そうやって調べていくうちに学生のときは興味のなかった歴史も、アンティークを通じて急に人の息吹を感じたとたんにすーっと頭の中に入ってくるんですよ。




英国・コッツウォルズより愛をこめて-シルバー・トリンケット




このトリンケット・ボックスは1902年にチェスターで作られました。





あなたなら何を入れますか?




P.S.



神戸・芦屋・西宮で本格的な紅茶教室を開かれていらっしゃいます、Tea*School*TALONさん
からコメント欄に「シルバーの勉強をもう一度したい」とメッセージを頂戴いたしまして、シルバーファン必見のこの本のことを思い出しまして追記しております。





眺めているだけでハッピーになれるこんな本があります。シルバーファンならご存知でしょうか?




食卓のアンティークシルバー


大原 千晴





Tea*School*TALONさん
、ありがとうございました。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村



You Might Also Like

8 Comments

  • Reply Tea*School*TALON 2009年7月25日 at 1:23 AM

    1 ■こんばんは♪
    なるほど…
    歴史を解く お勉強になりますなぁ(^.^)
    想像力には なかなか自信があるのですが…=^ェ^=
    シルバーの歴史は 以前 NHKでやってたので 少しは勉強しましたが スッゴク 深いので 覚えキレませんでした(^^;
    もう一度 一から勉強しようかと 思ってたところです(^O^)
    http://ameblo.jp/t-talon/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月25日 at 1:54 AM

    2 ■Re:こんばんは♪(Tea*School*TALONさんへ)
    >Tea*School*TALONさん

    今日もいちばんのりでありがとうございました!

    そうですね、アンティークをやっているとイマジネーションと記憶力が強化されるかも(?)しれませんね。

    TALONさんがもう一度勉強、と言ってくださったので思い出しました。お勉強とはいえないかもしれないですが、いい本がありますので記事の中にアップしておきます。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 2009年7月25日 at 7:22 PM

    3 ■無題
    組み立て式のお箸を入れたいなぁ・・・と思う私はやっぱり庶民ですね笑

    繊細で素敵な細工。こういうのを身の周りに置くと優雅な気分になれそう・・・でも庶民ですが・・・へへへ
    http://ameblo.jp/samurairinrin/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月25日 at 7:26 PM

    4 ■Re:凛さんへ
    >凛さん

    今日もコメントをありがとうございました!

    私はこのトリンケット・ボックスと和の取り合わせはまったく思いつきませんでした。

    お箸‥‥いいアイデアですねー。庶民なんてとんでもない、凛さんのセンスのよさを感じます。こんなお箸入れを使うとお食事がおいしくなりそうですね。

    Mia
    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply  サミ  フローラル  2009年7月26日 at 8:06 AM

    5 ■銀細工
    昨日は、忙しく更新できませんでした。朝私も更新しました、今、ゆっくりブログ読みましたら、ブログに載せていただき、ありがとうございました。
    今私の、趣味の仲間で!!メタルエンボスというものが、日本に普及しつつあります。
    まだ新しいものなので、みなさん存知あげないかも知れません。今度メタルエンボスもブログに載せますね!!銀の板を加工します。
    素敵なスプーンあこがれます。
    この本も、買いたいです。
    いつも参考になります。知らない世界を味わえてブログ読んだ後に、得した気分に慣れます。
    素敵ブログ楽しみにしております。


    http://ameblo.jp/floral-salon/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月26日 at 8:14 AM

    6 ■Re:銀細工(サミ フローラル さんへ)
    >サミ フローラル さん

    メタルエンボスもされるんですか?サミ フローラル さんのご興味はとどまるところがないですね^^ ご興味だけでなく実際にいろいろな作品を残されるところが素晴らしいと思います。

    サミ フローラル さんのことですからメタルエンボスの作品もきっと芸が細かいんでしょうね。楽しみにしています。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply  サミ  フローラル  2009年7月26日 at 8:55 AM

    7 ■Re:Re:銀細工(サミ フローラル さんへ)
    >英国アンティークス・Miaさん
    パーチメントの先生が、今メタルエンボスの教室開いたので、誘われているのです。今度体験に行くのです。
    9月にパーチメントの講師免許が取れるので!!!それが終わった後に・・・悩んでます
    http://ameblo.jp/floral-salon/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月26日 at 9:03 AM

    8 ■Re:Re:Re:銀細工(サミ フローラル さんへ)
    >サミ フローラル さん

    パーチメントの講師免許とメタルエンボス‥‥それは楽しみですね☆

    サミ フローラルさんならパーチメントとはまた違ったシルバーの世界であるメタルエンボスでもきっと素敵な作品をおつくりになるでしょうね。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Leave a Reply

    CAPTCHA