訪れたい英国の風景

バーンズリー・ハウスを征く (5-番外編 1)

2009年7月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



これまで、「バーンズリー・ハウスを征く (1)-(4)」
にお付き合いいただきましてありがとうございました。今日は、バーンズリー・ハウスを征く (番外編)ということで、バーンズリー・ハウスの周りにも素敵な場所があるので紹介させてください。







バーンズリーという街はコッツウォルズ地方の中でももっとも有名な街、バイブリーから車で10分のところにありますが、私たちは食事の後そのバイブリーを訪れました。







英国・コッツウォルズより愛をこめて






バイブリーはナショナル・トラストが管理している家々「アーリントン・ロウ」が有名(上の写真)ですが、それだけではありません。







英国・コッツウォルズより愛をこめて-バラのアーチ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ
 blogram投票ボタン







そのアーリントン・ロウから歩いて6、7分のところにセント・メアリー教会があり、上の写真のようなバラのアーチが訪れる人を出迎えてくれます。







       英国・コッツウォルズより愛をこめて








上がセント・メアリー教会。教会の入り口に続く道には、様々な色のスタンディングローズが植えられています。









       英国・コッツウォルズより愛をこめて






教会のすぐ横にはこんな可愛らしい小学校もありました。ここは私のすんでいる街よりも小さい街ですので、きっと子供さんの数も少なく、よりほのぼのとした雰囲気があるんでしょうね。







英国・コッツウォルズより愛をこめて








この辺りの川には、マスが泳いでいます。もし、英国の旅先でつりをしたくなってもいきなりはじめないで下さいね(^▽^;) 。川でつりを楽しむためには、許可証の購入が必要になりますのでお気をつけ下さい。







英国・コッツウォルズより愛をこめて


にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ
 blogram投票ボタン








この季節の英国は、緑、緑そしてまた緑といった雰囲気で、森林浴を満喫できますよ!







       英国・コッツウォルズより愛をこめて






       川の向こうにまた違う小さな街が見えています。






英国・コッツウォルズより愛をこめて



その街の中の一見のお宅の外観。壁にたくさんの穴が開いていますが、どうしてだかおわかりになりますか?







実は、野鳥がそこに巣を作れるように、わざわざそういった場所を作っているんですね。







すごくありません?







家を設計する段階で、動物たちとの共存を念頭において家の設計をするなんて‥‥。こういったところに英国の人々が自然を大切にして共に生きていこうという姿勢がうかがえます。こういうところは、日本でも取り入れていってほしいところだと思います‥‥。





        英国・コッツウォルズより愛をこめて




白鳥も涼しそうに、そしてあくまでもエレガントに泳いでいました。







     英国・コッツウォルズより愛をこめて




    さて、このドアを抜けると何があるのでしょうか?



    

    続きをごらんになりたい方は↓こちら
からどうぞ。





昨日までの記事は以下のリンクからどうぞ。



クローバー バーンズリー・ハウスを征く (1)
クリック

クローバー バーンズリー・ハウスを征く (2)

クローバー バーンズリー・ハウスを征く (3)


クローバー バーンズリー・ハウスを征く (4)




「バーンズリーハウを征く」は全7回シリーズになっております。続きは以下のリンクからお願いいたします。





クローバー バーンズリー・ハウスを征く (6-番外編2)
クリック

クローバー バーンズリー・ハウスを征く (7-最終日)



今日の記事を楽しんでいただけましたら、下記の応援の3つバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。お手数をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ
 blogram投票ボタン

You Might Also Like

28 Comments

  • Reply lu-mei 2009年7月21日 at 6:36 AM

    1 ■とっても
    優雅な気持ちになりますね。
    朝から素敵な所をお散歩させてもらいました。
    http://ameblo.jp/lu-mei/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 9:14 AM

    2 ■Re:とっても(lu-meiさんへ)
    >lu-meiさん

    おはようございます。朝一番の素敵なコメントをありがとうございました!

    ここを散歩しますと、本当にすがすがしいそしてリラックスした気持ちになります。機会があればいちどお訪ね下さいね。

    Mia

    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply ウル子 2009年7月21日 at 9:48 AM

    3 ■おはよう
    イングリッシュガーデン風は
    日本でも人気があり、私も
    好きですが~~
    ほんとうのイングリッシュガーデン、、
    大変、目の保養になりコメントも
    見逃せません(^^♪
    毎日覗かせて頂くのが楽しみです。

    広島、大雨です(^_-)-☆


    http://ameblo.jp/uruko-uruko/

  • Reply エマ 2009年7月21日 at 10:14 AM

    4 ■こんにちは
    お写真の一枚一枚がまるで絵葉書のようですね。初めから鳥の為に・・・なんて素敵な発想で関心しちゃいます。ゆとりのある建築や街並みに囲まれて暮らすというのは一番贅沢で一番大切なことかも知れませんね。

    http://ameblo.jp/kapono0420/

  • Reply シルヴィ 2009年7月21日 at 10:35 AM

    5 ■素晴らしいですとも!!
    >野鳥がそこに巣を作れるように、わざわざそう  いった場所を作っているんですね。

    世界を周っても、そんなにこの「絵」は見れないと
    私は思います。
    心の余裕を感じます。日々このようでありたいものです。
    http://ameblo.jp/mk-san/

  • Reply 2009年7月21日 at 11:24 AM

    6 ■無題
    うーん・・・このドアの向こうは「幸せ」があるのです。

    優雅な散歩をした気持ちになれました。
    http://ameblo.jp/samurairinrin/

  • Reply YUMIKO 2009年7月21日 at 4:28 PM

    7 ■無題
    何もかもが美しく、もうため息しか出ません^^
    いつか絶対に夫と二人で車で回ってみたいです。


  • Reply あつれんかママ 2009年7月21日 at 4:49 PM

    8 ■ペタありがとうございます
    北海道は雨続きで、さわやかな夏が恋しいです。
    Miaさんのブログでなぐさめてもらっています。
    古いポットや木戸なんかは今にもピーターラビットが出てきそう!
    http://ameblo.jp/atsuren4869/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 6:12 PM

    9 ■Re:おはよう(ウル子さんへ)
    >ウル子さん

    こんにちは、今日もコメントをありがとうございました!

    これからもお楽しみいただけるような、イングリッシュ・ガーデンや英国の美しいところをお伝えしてまいりたいと思いますのでよろしくお願いします。

    広島の大雨、すごそうですねー。

    Mia
    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 6:14 PM

    10 ■Re:こんにちは(エマさんへ)
    >エマさん

    今日もご訪問とコメントをコメントをありがとうございました!

    英国もロンドンなどの街は、だんだんと自然が少なくなってきていますが、カントリー・サイドにはまだまだ昔ながらの街並みが残っていますね。

    いつまでもこの美しい英国の景色が残っていってほしいと思ってます。

    Mia
    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 6:22 PM

    11 ■Re:素晴らしいですとも!!(シルヴィさんへ)
    >シルヴィさん

    今日もコメントを残していただきましてありがとうございました!

    英国のいいところ‥‥それはシルヴィさんがおっしゃるように心の余裕ですね。そして、私もそんなやさしい心を持っていきたいと思います。

    Mia

    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 6:24 PM

    12 ■Re:凛さんへ
    >凛さん

    こんにちは、今日もコメントをありがとうございました!

    ドアの向こうには「幸せ」がある‥‥いい感性をしていらっしゃいますね。

    そしてそれは本当なんですよ。それは明日わかりますのでお楽しみに‥‥。

    Mia

    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 6:29 PM

    13 ■Re:YUMIKOさんへ
    >YUMIKOさん

    今日もコメントを頂戴いたしましてありがとうございました。

    ぜひぜひお出かけください。おいでになるときには、YUMIKOさんがおっしゃっているように車でドライブするのが便利だと思います。

    コッツウォルズをドライブしていると、美しい景色があちらこちらにありますので、車ですと自由に停めてそれらの景色を堪能することができますので。ガイドブックに載っていない景色を独り占めする贅沢を味わってください。

    Mia

    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 6:34 PM

    14 ■Re:ペタありがとうございます(あつれんかママさんへ)
    >あつれんかママさん

    コメントをありがとうございました!

    広島のウル子さんからも大雨だと聞いていますが、北海道も雨ですか。ちょっとうっとうしいですよね。

    あつれんかママさんの目のつけどころは素晴らしいと思いました。このホテルはドアにもこだわりを持っていて、1697年に作られたというドアまであるんですよ。ホテルのオーナーさんがあつれんかママさんのコメントを聞かれたら喜ばれると思います。

    Mia
    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply ぷりん 2009年7月21日 at 9:02 PM

    15 ■初めまして
    ペタから参りました、ぷりんと申します。

    一度しかイギリスを訪れたことはなく、
    そのうちコッツウォルズ地方は時間にして、
    約8時間ほど・・・。

    だけど、あんな素敵な国に住んでいるなんて!
    かなりうらやましいです。

    一度の訪問でイギリス大好きになってしまったので、
    またちょくちょく見させていただきます!



    http://ameblo.jp/purin040304/

  • Reply 田園くらしすと 2009年7月21日 at 9:04 PM

    16 ■やさしい時間
    ゆったりと優しい時間が流れているようです。

    自然とともに生きる喜びを感じますね~

    日本でも古い農家さんではツバメのためにワザワザ軒下に台を置いているところもありました。
    可愛いから・・・というだけでなく、田の虫を食べてくれるから・・・そのお礼もかねてなんでしょうがね。そちらも、そのような共生の意識なんでしょうか?
    http://ameblo.jp/denen-kurashi/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 10:12 PM

    17 ■Re:初めまして(ぷりんさんへ)
    >ぷりんさん

    はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございました!

    日本から短期でおいでになると、コッツウォルズ地方をじっくり見て回るというのは難しいですよね。

    ツアーで参加された場合には見どころはおさえてくれているとは思うので雰囲気は味わっていただけたかとは思いますが、次回はもう少しゆっくりといらして、コッツウォルズに流れるゆっくりとした時間を楽しまれるのもひとつかと思います。

    今日はありがとうございました。これからも英国の素敵なところを紹介していきたいと思いますので、よろしければまた遊びに来てくださいね。

    Mia
    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply CHOCO 2009年7月21日 at 10:30 PM

    18 ■素敵すぎて・・・
    すてきですねー
    お写真を見てはため息ばかりです。
    訪れてみたいですね~
    http://ameblo.jp/atorie-angelique/

  • Reply コちゃん 2009年7月21日 at 11:22 PM

    19 ■こんいちは~。
    お家に、野鳥のための穴を作って置くなんて優しいですね。その、野鳥のお家の中はどうなってるのかしら?(*^_^*)
    イギリスは、行ったことないですがどれも素敵な写真です。なんかワクワクしました♪
    http://ameblo.jp/tokopoo/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 11:53 PM

    20 ■Re:やさしい時間(田園くらしすとさんへ)
    >田園くらしすとさん

    今日もコメントを残していただきましてありがとうございました!

    そうですね、こちら英国では動物愛護の精神が強く根付いていますので、お礼の意味とともに純粋に動物を愛する気持ちがあるのだと思います。

    Mia

    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 11:55 PM

    21 ■Re:素敵すぎて・・・(CHOCOさんへ)
    >CHOCOさん

    こんにちは、そしてコメントをありがとうございました。

    英国のカントリー・サイドはどこを切り取っても絵になるような景色があります。

    今後ともそんな美しい景色を掲載していきたいと思いますのでまた遊びに来てくださいね。

    Mia

    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年7月21日 at 11:59 PM

    22 ■Re:こんいちは~。(コちゃんさんへ)
    >コちゃんさん

    今日はブログご訪問とコメントまでありがとうございました!

    こちらでは野鳥や動物を観察するTV番組がたくさんありまして、私たち家族もよく見ているんですが、野鳥の巣の中にカメラを仕込んでおいて、鳥が巣作りをするところ、ヒナが生まれて巣立つところまでをライヴを交えながら伝えてくれるんですよ。

    この写真は、そんな動物好きな英国ならではのシーンだと言えるかもしれませんね。

    Mia

    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply Love English 2009年8月16日 at 12:27 PM

    23 ■初めまして♪
    イギリスもアンティークもガーデンも大好きです
    素敵な写真に
    うっとりです♪

    続きが愉しみです☆
    http://ameblo.jp/love-joe/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年8月27日 at 6:26 AM

    24 ■Re:初めまして♪(Love Englishさんへ)

    >Love Englishさん

    ブログをご訪問の上、コメントを頂戴いたしましてありがとうございました。

    初のコメントですのに、お返事がすっかり遅れてしまい申し訳ありませんでした。実はいま自宅を離れ、超のつくカントリーサイドにおりますため、ネットにつなぐことが非常に難しい状況におります。

    通常は即お返事しておりますので、これに懲りずにまた遊びに来ていただき、よろしければコメントもどんどん残してくださいね。よろしくお願いいたします。

    今日は本当にありがとうございました!

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 青空ズボン 2009年11月12日 at 8:13 PM

    25 ■なつかしいです。
    こんばんは。イギリスも、都市から郊外にでると御にいったときnのーんびりしてますよね。お写真をみていると、チチェスター留学に行った時のことをおもいだします。(
    http://ameblo.jp/go-paris-keikaku/

  • Reply 青空ズボン 2009年11月12日 at 8:18 PM

    26 ■先ほどのつづきです
    途中で切れてしまいました。すみません(+_+)

    バーンズリーとは、建物の建て方が違いますが
    とても懐かしいです。またイギリスの川べりを歩きたいです~o(^▽^)o
    http://ameblo.jp/go-paris-keikaku/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月12日 at 8:23 PM

    27 ■Re:なつかしいです。(青空ズボンさんへ)

    >青空ズボンさん

    今日もコメントをありがとうございました!

    こんな前の記事まで見ていただいて上にコメントを残してくださってとてもうれしいです。

    青空ズボンさんも留学されてたんですね。たしかにこちらはロンドンのような都会からでも車で30分も走ると羊の数のほうが多いようなのーんびりした風景が広がっていますよね。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年11月12日 at 8:25 PM

    28 ■Re:先ほどのつづきです(青空ズボンさんへ)

    >青空ズボンさん

    わざわざ続きのコメントまでありがとうございました。

    青空ズボンさんのおっしゃるようにイギリスは地方によって素材が、そして年代によって建て方が違いますので、私もいつも建物に興味を持って見ています。

    またいつかこちらに遊びに来て下さいね。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Leave a Reply

    CAPTCHA