■ 花とガーデニング

フクシア・それは貴婦人の耳飾り

2009年8月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



8月の16日より5日間にわたりお伝えしてまいりました



英国郊外のガーデン・センター(5回シリーズ)
クリック



シリーズですが、その中にフクシアという花のことを書きました。





英国・コッツウォルズより愛をこめて-フクシア

にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ
 blogram投票ボタン





この花は英国ではもっともポピュラーな花で、夏のフラワーバスケットやボーダーなどを彩ります。



ですが気候の違いのせいか日本ではあまり見かけることが少ないような気がいたしましたので、ここに取り上げてみようと思います。




英国・コッツウォルズより愛をこめて-フクシア




フクシアは英国では一般的に「フューシャ」と言われていますが、またの名前を貴婦人のイヤリング(レディー・イヤードロップス)ともよばれています。日本ではホクシャと言われることもあるようです。





英国では、お洋服などでもフューシャ・ピンクなるものが存在します。





ちょうどこのような色がフューシャ・ピンクと言われます。





典型的なガーリーなファッションを代表する色ですね。







普段はシックな装いの英国人ですが、このフューシャ・ピンクという色は少し特別に聞こえるようで、ピンクの中でもいちばん人気のあるお色だと思います。







英国・コッツウォルズより愛をこめて-フクシア

にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ
 blogram投票ボタン





ここでフクシアについて少しお勉強を‥‥





フクシア(Fuchsia)はアカバナ科に属するということです。アカバナの仲間には、月見草、マツヨイグサなども含まれます。原産地は南米の暖かい地方だということですが、品種改良を重ねられ英国の気候にも適応する種類が数多くあります。





花言葉は「暖かい心」「激しい心」「趣味」「好みの良さ」だということですがひとつひとつの意味に随分開きがありますね?





そして7月11日の誕生花でもあるということです。











英国・コッツウォルズより愛をこめて-フクシア








上の写真のようにスタンダード仕立てにしたり、ハンギング・バスケットに寄せ植えたりするのが一般的ですが、このような種類のフクシアは英国の冬を越すことができませんので、11月に霜がおりた頃にグリーン・ハウスに移動し冬を越させます。









英国・コッツウォルズより愛をこめて-フクシア



反対に英国の冬を越せる強いタイプのフクシアが上の写真です。「ミセス・ポップル」という可愛らしい名前がついています。





一般的に八重咲きタイプのフクシアは耐寒性がなく、一重のタイプには耐寒性のあるものが多いですね。





息子(10歳)が小さい頃から花が大好きで特にこのフクシアのコレクションに夢中なんですが、冬を越させるのが大変なんですね。すべての鉢を家の中やグリーンハウスへと持ち込んで春を待つわけなんですが、冬の間のフクシアってまるで枯れ木のようなので、家の中が殺風景になってしまうんですあせる




英国・コッツウォルズより愛をこめて-フクシア



とはいえ、私も大好きなので毎年ガーデンセンターに出かけては毎年新種が出るのを楽しみにして、どんどん増えてしまってるような今の我が家の状況です。




英国・コッツウォルズより愛をこめて-フクシア




もし日本でこのフクシアを見たいのならば「花鳥園」
が絶対におすすめです。日本全国のちょっと不便な場所にありますが、このフクシアの種類の多さと美しさは世界でも類をみないのではないでしょうか。





またベゴニアや睡蓮、そして池に飼われているトロピカル・フィッシュのコーナーや鳥といっしょに遊べるコーナーもありますのでわざわざ行く価値がありますよ。





私も以前期待せずに行ったことがあるのですが、いい意味で期待を裏切られとても楽しむことができました。





1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みになっておりますので、できましたら下の3つのバナーのクリックをお願いいたします。

    英国・コッツウォルズより愛をこめて
         英国・コッツウォルズより愛をこめて         英国・コッツウォルズより愛をこめて
にほんブログ村 海外生活ブログへ
人気ブログランキングへ
 blogram投票ボタン

You Might Also Like

16 Comments

  • Reply 皮革修復研究家@ゆみ 2009年8月24日 at 12:21 AM

    1 ■有り難うございます。
    フューシャピンクの謎が解けました。
    こんなお花のことだったのですね。
    色が鮮やかでとても美しいです。
    http://ameblo.jp/shoe-care/

  • Reply ~心の豊かさと輝きを~カラーコンサルタント☆ERIKO 2009年8月24日 at 12:31 AM

    2 ■こんなに!
    はじめまして。

    私は色彩の仕事をしていて、色名のところでフクシア・フューシャピンクというのも学びましたし、教えておりましたが、実際のお花の色を見たのははじめてで、あまりのピュアな美しさに感動したので、書き込みさせていただきました。

    そして、こんなに種類があるなんてことも知らなくて、恥ずかしくなりました。

    私って今まで何を知ってたというのだろう・・って感じです。目からウロコ。。。

    それにしても、どれもこれも美しくてかわくて、1つだけ選ぶなんてできないですね~。

    素敵なお写真、ありがとうございました!


    http://ameblo.jp/eriko137/

  • Reply Claire 2009年8月24日 at 12:37 AM

    3 ■フクシア
    どれもとても綺麗ですね!
    私も大好きです。貴婦人のイヤリングと呼ばれているのですね。
    今はお庭に白色のものを植えていますが、今度はフューシャピンクのものが欲しいです。
    http://ameblo.jp/fairy-claire/

  • Reply Claire 2009年8月24日 at 12:40 AM

    4 ■フクシア
    どれもとても綺麗ですね!
    貴婦人のイヤリングと呼ばれているのですね。
    私も大好きで、お庭に白いものを植えています。
    今度はフュ-シャピンクのものが欲しくなりました☆
    http://ameblo.jp/fairy-claire/

  • Reply moet 2009年8月24日 at 1:02 AM

    5 ■フューシャピンク
    そうだったのですね?
    はじめて知りました。
    フューシャピンク色のお洋服、大好きでした。
    今でもなぜか手放せず。。。いつきるのかしら?
    http://ameblo.jp/atelier-moet/

  • Reply ブルー 2009年8月24日 at 8:45 AM

    6 ■☆おはようございます☆
    ワタクシもフクシアは大好きなお花で、ハンギングにしておりましたが・・・
    日本(東京)の高温多湿には難しいのかしら?と思ってしまいましたが・・・

    イギリス・東欧のような国では見事に咲いておりますよね。

    毎年、買っては短期間楽しんでの繰り返しです。
    また、イギリスに住みたいです☆☆☆
    http://ameblo.jp/smki611/

  • Reply ぷりん 2009年8月24日 at 9:51 PM

    7 ■きれい!
    初めて拝見しました。
    まるで『クリオネ』みたい!

    きれいな花ですね。

    あと息子さん、お花が好きだなんて、
    すごく素敵だと思います。
    小さいのに本当に素敵なジェントルマンですね。


    http://ameblo.jp/purin040304/

  • Reply yoshimi 2009年8月25日 at 9:13 AM

    8 ■無題
    はじめまして。ミクシィから拝見しておりましたが初めてコメントさせていただきます。
    いつも美しいイギリスの紹介ありがとうございます。
    私も在英時にフクシアに出会い、その可憐な美しさに感動しました。帰国後何度か購入しましたが上手く育てることが出来ずにおりましたが、久しぶりにこちらでこの花と再会でき、心が癒されました。ありがとうございました☆

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年8月28日 at 1:41 AM

    9 ■Re:有り難うございます。(皮革修復研究家@ゆみさんへ)

    >皮革修復研究家@ゆみさん

    フューシャ・ピンクって日本でも知られていたんですね、知りませんでした。

    そうです、これがフューシャです。このフクシアは数千種もの種類があるそうでそれに加え、毎年新種が発表されますので、英国ではこの花のファンは多いようです。

    今日はコメントを残していただきましてありがとうございました!

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年8月28日 at 1:44 AM

    10 ■Re:こんなに!(~心の豊かさと輝きを~カラーコンサルタント☆ERIKOさん)

    >~心の豊かさと輝きを~カラーコンサルタント☆ERIKOさん

    今日はわざわさコメントを書いてくださいましてありがとうございました!

    このフクシアの形・色・姿、どれをとっても魅力的で、英国には多くのフクシアファンがいます。

    ERIKOさんのおっしゃるように、ひとつだけ選ぶなんてできないんですね。なんで、我が家にもすでに20種類以上のフクシアがずらりと並んでおります。本当に魅力あるお花ですよね。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年8月28日 at 8:30 PM

    11 ■Re:フクシア(Claireさんへ)

    >Claireさん

    コメントをありがとうございます。

    貴婦人のイヤリングという名前がぴったりな形をしていると思いませんか?

    Claireさんが植えていらっしゃる白いフクシアは冬もそのままで越冬できるのですか?フクシアはどちらかと言えば、寒さに弱いタイプが多いんですね。それでいつもかわいくて寒さに強いタイプを探しているんです。

    Mia





    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年8月28日 at 8:31 PM

    12 ■Re:フクシア

    >Claireさん

    どちらかというとピンクのフクシアが一般的ですので、素敵なお花を探してくださいね。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年8月28日 at 8:33 PM

    13 ■Re:フューシャピンク(moetさんへ)

    >moetさん

    そうなんです。フューシャピンクはこのフクシアの英語名から来ていたんですね。私は英国に来るまでこの花の存在すら知りませんでした。^^

    フューシャピンクのお洋服‥‥素敵ですね。私も買ったもののお披露目するチャンスのない何着かの洋服がたんすの肥やしになっています。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年8月28日 at 8:36 PM

    14 ■Re:☆おはようございます☆(ブルーさんへ)

    >ブルーさん

    ブルーさんは以前こちらにお住まいだったんですね。英国ではフクシアのハンギング・バスケットはとてもポピュラーなのをご存知ですよね。でも確かに日本で育てるのは手がかかっているようです。フクシアファンの方でそのためにわざわざ温室を作っている方もいらっしゃるようです。

    今日はコメントを残していただきましてありがとうございました。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年8月28日 at 8:41 PM

    15 ■Re:きれい!(ぷりんさんへ)

    >ぷりんさん

    コメントをありがとうございます!

    「クリオネ」に似ているっていう表現がいいですね。確かにそんな感じがします。英国では最も人気のある花のひとつなのですが、私も日本に住んでいる頃はこの花の存在すら知りませんでした。やはり気候風土が違うので、日本で育てるのは簡単ではないようです。

    また、息子のことをほめて下さってありがとうございます。周りに自然が多い英国で生まれ育っているせいか、花や動物が大好ですね。いつかは本当のジェントルマンになってもらいたいものですがどうなることですやら。^^

    Mia



    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Reply 英国アンティークス・Mia 2009年8月30日 at 7:11 PM

    16 ■Re:yoshimiさんへ

    >yoshimiさん

    この度は私のブログへのご訪問とコメントまで残してくださいましてありがとうございました!

    yoshimiさんも英国にいらしたのですね?このフクシアは英国では本当に人気が高いですのでよく目にされる機会も多かったと思いますが、日本の気候では育てるのは難しいようですね。

    英国の美しい風景やできごとを中心に書いております。よろしければまたお立ち寄りくださいませ。今日はありがとうございました。

    Mia


    http://ameblo.jp/eiokuantiques/

  • Leave a Reply

    CAPTCHA