Browsing Category

■ イギリスのグルメ

  レストラン

ユニークなレストランのランチ【2】

2013年10月10日


一昨日は アフタヌーンティー、そして昨日は ランチ の様子をお伝えしました、ユニークなレストランですが、
まずどこがユニークかというとお店のインテリア、そしてエクステリアです。




英国アンティークス



お店はクラシカル、モダン、ゴシック、そしてアジアンな雰囲気すべてがミックスされたような、
うまくやらなければごちゃごちゃになってしまいそうな空間を上手にまとめてあることに関心しました。



ちなみに上の写真は、全部淡いピンクの皮張りで、ゴージャスなシートです 






英国アンティークス




バーカウンターは黒の革張りにエキゾティックなライトが吊るされています。




英国アンティークス




ライトのイメージショット。



英国アンティークス



そして、こちらではモダンブリティッシュとタイ料理をいただくことが
できるのですが、タイ料理のコーナーはこんな感じ。



英国アンティークス



そして、ホテルのお部屋の写真はお借りしましたが、こんな感じだそうです。

かなりユニークなつくりだと思いませんか?



英国アンティークス



別のお部屋。


遊び心たっぷりです。




こちらのレストランは農場も運営しているので、ファームショップもあります。


で、そのファームショップまで歩いていく途中に、動物がいるのですが‥‥



英国アンティークス




馬、これふつうですよね‥‥、




英国アンティークス



そして羊も‥‥


でも、こんな動物もいるんですよ。


それは‥‥




英国アンティークス



トナカイ!!


季節外れのせいか、トナカイたちは草の上で寝そべっていました~(笑)



そしてまだまだ他にも珍しい動物がいますよ





英国アンティークス



リャマ!


アルパカ(ミラバケッソ・クラレ) ですよね?



英国アンティークス
>

このリャマが私の顔を見るなり、どどどーっ、と私に駆け寄ってきたので、
撫でてやると気持ちよさそうにうっとり 




英国アンティークス




なぜか私を追いかけてくる馬やリャマなどの可愛い動物たちを
横目に奥に進んでいくと、上のような看板がありました。


「注意
 射撃をしています」


と書いてありました
sei



ここ、クレー射撃もやっています。



英国アンティークス


で、やっとファームショップに到着~。




英国アンティークス



ショップにはホームメイドのチーズや‥‥



英国アンティークス



 パン トースト



英国アンティークス


そしてたくさんのスパイス類



英国アンティークス



もちろん、たくさんのスイーツもありました。


英国アンティークス




色々なアクテビティがある楽しいレストランのご紹介でした。3日にもわたってしまいましたが
おつきあいいただきまして、ありがとうございました 

こちらのアフタヌーンティーとお食事は下からご覧いただけます。

ユニークなレストランのアフタヌーンティー 

ユニークなレストランのランチ【1】 


明日は、以前から仲良くしていただいてる「あの方」に登場していただきます。
「あの方」が誰か、知りたい方は、明日も遊びにいらしてくださいね


それでは、また明日 


バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ

こんなレアなアイテムが入荷しております。



エインズレイ社 ゴールドバタフライトリオ

英国アンティークス


ぼ毎日facebook フェイスブック の更新もしております。

ブログを見ていいただいてる方はfacebook フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 

 
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 






























イギリス 英国 アンティーク

  レストラン

ユニークなレストランのランチ【1】

2013年10月9日



昨日の記事 では、受付がダブルデッカー  ダブルデッカー になっている
ホテルレストランをご紹介しましたが、今日はその続編です。



英国アンティークス`



ガーデンを通って、レストランに入るのですが、その途中にこんなオブジェがありました~ 仏



英国アンティークス



近年、英国やフランスではこうしたオブジェが大人気で、普通の家のお庭にも置かれていたりします。


以前は、仏さまのお顔がかなり洋風だったりしたのですが(笑)、
最近は比較的まともなものが多くなってきましたね。



英国アンティークス



和と洋をミックスしたようなお庭です。




英国アンティークス




目を引くこんなオブジェも 




英国アンティークス




レストランの外観は一見普通の英国の民家風ですね。

でも一歩中に入ると、ゴシック調というか、独特のインテリアになっています。



英国アンティークス



ゴージャスなシャンデリアが私たちを迎えてくれます シャンデリア


英国アンティークス



その他のインテリアもゴシックと英国カントリーをミックスさせたような独特な雰囲気です。



英国アンティークス



バーカウンターもゴージャス 


さて、お食事をご紹介しましょうね 



英国アンティークス



バンバンチキン、とありました。

棒棒鶏のことと思われます。お味も似ていました。



英国アンティークス



アスパラガスのホランデーズソース添え。



英国アンティークス




こちらは、英国名物ローストビーフ。

右奥についているのは、ヨークシャープディングです。




英国アンティークス




つけ合わせのお野菜もこの量。迫力があります。



英国アンティークス



そして、デザートは色々と美味しそうなものが
あったので、迷いましたが「ピーチ・ブリュレ」




英国アンティークス


ラズベリーとレモンのイートン・メス。


どれも最高でした~


いつものことながらなのですが、英国のお食事の量は多すぎますね~。

明日もこのホテルレストランのお庭や素敵なショップをご紹介しますね。
また遊びに来てくださいね


このレストランの続きは下からご覧になれます、

ユニークなレストランのランチ【2】 

昨日はこちらのアフタヌーンティーのことを書いております。

 ユニークなレストランのアフタヌーンティー ←これ


ぼ毎日facebook フェイスブック の更新もしております。

ブログを見ていいただいてる方はfacebook フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 

  
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 


英国アンティークス

イギリス 英国 アンティーク

  パブ・ガストロノミーパブ

英国のパブランチ

2011年9月16日


先日は、英国の 秋の味覚であるリンゴ
をテーマにしました。





もぎたてのリンゴで作るジュース
は最高だとお話をいたしましたが、

その反面、英国のお食事はいまいち‥‥という、まことしやかな噂がありますが

現在の英国の「外食」に関してはそう言えないお店が多くなってきています。





なぜ「外食」と限定したかと言いますと、家庭内では冷凍食品や

ジャンクフードを日常的に活用している、人々も多々いるようだからです。





以前、英国のジャンクフードを取り上げてみたことがありますが

それは恐ろしい食べ物までが売られていますので、怖いものを

ご覧になりたい方は、恐怖 コチラの朝食
恐怖 コチラのランチ
をご覧になってくださいね(笑)。





さて今日はそんな英国の外食の代表であるところのパブのランチをご紹介しましょう。





ひと昔前のパブのお食事といえば、フィッシュ&チップスや

ジャケット・ポテトなどのいわゆる典型的な英国の料理が

提供されていますが、今ではフランスやイタリア、はたまた

日本などのオリエンタル・テイストを盛り込んだ、

「モダン・ブリティッシュ」と呼ばれる、おいしいお食事がいただけます。









英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








こちらのガストロノミーパブは以前もご紹介したことがあります。

前にいただいたランチをご覧になりたい方は コチラからどうぞ ☆




お魚メニューがお得意なようで、壁には英国らしいお魚の剥製がかかっています。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








まずはパンとオリーヴが供されます。



パンもカントリー風なナチュラルな風合いで美味しいですよ。



今は日本でもそうなのかもしれませんが、英国ではほとんどの

お店で出されるバターは無塩のものとなります。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








上の写真は前菜のサラダ。英国らしいメニュー「ブラック・プディング」がそえられています。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








そしてこちらは「シーザー・サラダ」です。

チキンとベーコンが添えられていて、ボリューム満点。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








こちらはポークのスペアリブ。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








こちらはお魚のソテー(こちらに出かけたのが、

少し前でしたのでお魚の名前は忘れてしまいました)



つけ添えは、コージェット(日本ではズッキーニと呼んだほうが一般的ですよね)です。








英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








そしてこちらはラムのステーキです。



シンプルですがバラ色の焼き色がつき美味しそうです。



‥‥そうです、と言ったのは、これは私がオーダーしたものではないから。



でもここのパブのラムはいつも美味しいので、きっとこれも美味しかったはず。





日本では「羊の臭いが‥‥」というお声をたまに聞きますが、

英国にいらして、間違いのないレストランやパブでラムなどを

いただきますと、臭いなどなく美味しいですので、おススメです。





今までにも英国のパブの話題をお届けいたしました。



よろしければ、下記をご覧になってくださいね。



1* 英国 カントリーサイドのパブ(1)
クリック


1* 英国 カントリーサイドのパブ(2)
クリック


2* 英国 カントリーサイドのパブの店内
クリック


3* 英国春のグルメ英国・カントリーサイドのパブ
クリック


今日の記事はお楽しみになれましたでしょうか?

もし「楽しんだよ」とおっしゃってくださいます

ご親切な方は下の3つのバナークリックで応援をお願いいたします ラブラブ


いつもありがとうございます。




人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


シェリー ローズ・バッド カップ&ソーサー


お花の形がラブリーなシェリーのカップ&ソーサーです。


■ イギリスのグルメ

野菜ジュース

2011年9月6日


拙ブログをずっとお読みくださっている方はご存知だと思いますが、
今年に入ってから私は体調をくずしてしまいました。病気になった原因は
いろいろとあると思うのですが、そのひとつに「食事」も大きく関わって
いたことに気がつき、現在はヘルシーな食事を心がけるようになりました。


もちろん以前よりヘルシーな食事というものは意識はしていたものの、
今までは大した病気もしたことのなかった私は、正直言って、
それは自分とは少し遠い世界のことのように感じておりました。


でもここに来て「自分の口から入った食べ物によって体は作られている」
という、すごくシンプルで、当たり前のことではありますが、そんなことに
今ようやく気がついた次第ですあせる

そんなわけで、そのヘルシーな食事の一環となっているのが、

にんじん 「野菜ジュース」 トマト
です。


英国アンティークス・オフィシャルブログ-Vegetable Juice


今では、毎日できるかぎり 野菜ジュース じゅーすよ を作って飲んでいるのですヨ。


「お野菜を直接食べれば?」


という向きもあるかもしれませんが、
ジュースで摂取できるだけのお野菜を食べるのは簡単ではありません。
(たとえば、一日にニンジン8本、小松菜5束 レモン3個 etc とか‥‥)


最初は「続くかな~」と思っておりましたが、 これがと~っても美味しいので、
今ではこの野菜ジュースのとりこになってしまっています。


どんな材料をジュースにするかといいますと‥‥


ニンジン にんじん、ケール(日本ですと小松菜が手に入りりやすいでしょうね)、

キャベツ キャベツ、レタス、ビーツ、ブロッコリー ブロッコリー、アスパラガスなどなど‥‥


ブロッコリーあたりで

「えっ!!

と思われた方も多いかと存じますが(笑)


私が使っているジューサーで、オレンジ フルーツ リンゴ などと
ミックスして作ると本当に美味しいのですよ ラブラブ


英国アンティークス・オフィシャルブログ-Vegetable Juice



そして私が使っているジューサーとはこちら ↓ になります。




ヒューロム スロージューサー 送料無料+プレゼント付き!+ポイント10倍+クーポン付き!


このジューサーの素晴らしいところは、


低速回転なので、空気が混ざりにくく酸化しにくい


すりつぶして搾るので、酵素が壊れにくい


ところです。ビタミンやミネラルたっぷりのジュースを作れます。


詳しくは、コチラ をご覧になってくださいね。


私は、このジューサーにたどり着くまでに3台のジューサー!
購入してしまいましたが、今ではこのジューサーに大満足です。


ふつうの高速回転のジューサーとは、できあがりのジュースの色も味も違います。


高速回転のジューサーでは、出来上がったジュースがすぐに分離
してしまいますが、このジューサーではそんなことは起こりません。


低速というと出来上がりが遅いイメージがあるかもしれませんが
そんなことはなく、とても早く新鮮な搾りたてジュースがいただけるのです音譜

高速ジューサーにありがちな大きな音もありません。


このジューサー では、素材そのものの味が味わえます。


それに片付けも簡単ですし、スペースもあまり取りません。


私などはたくさん作るのですが、今までのジューサーですと途中でカスを捨てたり、
目詰まりしたりしたのですが、このジューサーではそれがおこらず、極端な話、
何リッターでも作ることができるという優れものなのです。


あまりにもベタ褒めですと、メーカーさんのまわしものかと思われそう(笑)
ですが、本当に素晴らしい製品なのでご紹介しているだけなのですヨ。


おまけにこのジューサーでは、にんじんニンジンジュースを作った後、すぐにブロッコリー 小松菜ジュース、
そしてオレンジ オレンジジュース、いちごストロベリージュース‥‥と次々と作れるのもうれしいです。

そんな様子が 動画で見られます ので、よろしければどうぞ。






野菜ジュースですが、健康によいことはもちろん、私の場合は副産物として
体重が減ったことと、友人から「お肌がきれいになった」とも言われています音符

こんな良いことづくめの野菜ジュース、お試しになりませんか?


通りすがりのご親切な方、私のモチベーションアップのため汗よろしければ下の3つのバナークリックで応援をよろしくお願いいたします。 ドキドキ
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ

ディプレッショングラスのトリオ
冷たいお飲み物はもちろん、温かいものにもお使いになれます。

  パブ・ガストロノミーパブ

英国 カントリーサイドのパブ

2011年4月18日





前回は英国の遺産であり、今は廃墟となってしまった英国コッツウォルズの

かつてのマナーハウス
をご紹介いたしましたが、今日はその近所にある古い

ホテル兼パブをご紹介したいと思います。



英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






上の写真がパブ部分の全景です。



可愛らしい趣です。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






こちらがそのパブの入り口です。



コッツウォルズ・ストーンを使った雰囲気のある建物です。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






入り口には雰囲気のある自転車がおかれていました。



前のバスケットにも植物が植えられていますね。



英国のパブに花は欠かせません。






英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






入り口の左側にはこんなチェアが‥‥。



「KEEP CALM AND CARRY ON」



と書かれています。



この場合は「リラックスして、そしてそのままでいましょう」



とでも訳せば良いのでしょうか。



でも実はこのフレーズは、第二次世界大戦中1939年に

イギリス情報省によって作られたプロパガンダのポスターに

書かれていたフレーズだったのですよ。



最悪の事態に陥ったときに備えて用意されたこのフレーズですが、

実際にこのポスターは使用されることなく、60年以上の月日を

経て、2000年にとあるオークションにかけられた古い本の中から

このフレーズが発見され話題となりました。



戦時中でしたらこのフレーズは



「苦難に耐えましょう」



とか



「落ち着いて、そのまま前進しろ」



というような意味になるのでしょうが、人々を勇気付ける意味合いが

あるようで、現在も様々な場所で見かけることができます。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






英国ではパブと宿泊施設がいっしょになっているところが

多いのですがここもそんなところのひとつになります。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






上の写真がホテル部分になります。



次回はこのパブでいただいたアフタヌーンティーをご紹介いたしましょう。



(小出しで申し訳ありませんが、次回をご期待くださいね。)



続きは、 カントリーサイドのアフタヌーンティー
英国 カントリーサイドのパブの店内
になります。



どうぞお楽しみくださいませ☆



英国のカントリーサイドのアフタヌーンティーを見たいと

おっしゃってくださいますお優しい方は下の3つのバナークリックで

このブログの応援をしていただけましたらとってもうれしいです。



いつもありがとうございます!



にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ








英国アンティークス
では、少しでも被災地のお役に立てていただく

べく、現在、全利益を義援金として寄付させていただいております。



皆さまも左の赤十字のバナークリックまたは、当店でお買い物を

していただくことによりご寄付をしていただくことができます。



何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。




■ イギリスのグルメ

英国のこわ~い食事のお話

2010年5月15日

昨日は 英国のこわ~い朝食
と題しまして、バイアスかかり気味と申しますか、

思いっきりかたよった英国の朝食の例を挙げてみました。



一応、ここで申し上げておきますが、英国の人が全員いつも あんな食事
をしているわけではないですよ~。

殊に近年では、ヘルシー志向が高まり、フルーツやヨーグルトなどももちろんたくさんとっています。



むしろ スーパーマーケットの あんな缶詰
のコーナーは人が少なく、

だからこそ、私も写真を撮ることができたというようなものです。



最近では和食(風?)も徐々に浸透してきているのがうれしい限りです音譜



「日本の女性が美しいのは魚をいつも食べているから」



などとまことしやかな噂が英国の中で流れています。ニコニコ

それだけで美しくなれるのなら、ある種簡単なんですけどね~、と思ってしまいますよね。



さて、英国のフォローをしたところでっと‥‥グッド!





今日も行ってみましょう!英国の強烈な缶詰のお話。





まずはこちらから。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






ラヴィオリの缶詰です。まだまだ続きますので、このあたりは軽くスルーしていきましょう。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






そしてこちらは「マカロニ・チーズ」の缶詰です。マカロニ・チーズなんて、

とても簡単なレシピですが、そんなものまで缶詰で食べなければならないのでしょうか?





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





そしてこちらが私が大失敗してしまった「スパゲティ・ボロネーズ」の缶詰です。



私が英国に来た当初、英国の味を試してみたかった私は、これをボロネーズ・ソースの缶詰だと思い、

購入しました。そして、開けてみたところなんとスパゲティまで入っているんです

(上の写真はマカロニ・バージョンですが、私が買ったのはスパゲティでした)ビックリマーク



まさか麺まで入っているなんて(日本人の)誰が想像するでしょう!

スパゲティのイラストはイメージだと思っていました。



スパゲティはもちろん透明感などなく、真っ白でそれにソースがべったりと絡み付いていて

とても食べられたものではありませんでした。


美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




英国人の大好きなソーセージ入りまでもあります~ 叫び





そして最後にこんな缶詰をご紹介して、しめさせていただきましょう。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




英国の夏の風物詩のひとつが「バーベキュー」ですが、それを缶詰にしてみました。



その名も「ビッグ・バーベキュー(the BIG BBQ)」‥‥



英国にいらしたときの珍しいお土産としていかがでしょう?少なくとも話題づくりにはなると思います。にひひ





‥‥と、なんだか昨日、今日と英国の食事をこき下ろすような記事になってしまいましたが、

ここでもう一回言っておきます。





これらの食事は英国の人の一般的な食事ではありません!

普段は、もう少しまともな食事をしていますよ



‥‥ってフォローになっていませんか?



そして、私が食べたのは上の「スパゲティ・ボロネーズ」の缶詰だけで、他は

食べていませんので、味はわからないで話題にしていることをご承知おき下さいませ。



もしかして、「この世のものとは思えない味」 かも‥‥にひひ



お口直しにこちらダウンの記事をどうぞ。英国の本当に美味しい食事や美しい景色をご覧になれますよ。



カクテルグラス 英国・カントリーサイドのパブ
ココ

コーヒー マーロウという街
ココ

バラ バーンズリー・ハウスを征く (2)
ココ



さて、明日は英国の美しい花をご覧いただきましょう。また明日も遊びに来てくださいね☆






「今日のクリック明日の活力」

皆さまにクリックしていただけますと、張り切って楽しい記事が書けるかも?

今日も応援をよろしくお願いいたします。

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





ケーキ・スタンド


華やかなイングリッシュ・ローズがぐるりと周囲を囲むデザインのロイヤル・

アルバートのケーキ・スタンドです。マドレーヌやカップケーキにも、

チョコレートやマカロンにもぴったりです。




■ イギリスのグルメ

英国のこわ~い朝食のお話

2010年5月14日

昨日
は英国のレストランや・パブの料理の水準が高くなってきているのでうれしい、という内容でした。



でも、レストランに行かないときはどんな料理を食べているの、という疑問もあるかと思います。



そこで今日は英国を代表する 「朝食」 についてお伝えしたいと思います。



英国の朝食というと多くの方が 「イングリッシュ・ブレックファスト」
を思い浮かべられるかもしれませんが、

実はイングリッシュ・ブレックファストを毎日食べている英国の人はごくまれです。



まず、いちばん多いのがシリアルですね。日本には、卵かけごはんやお茶漬けなどのさらっと食べられる

食べ物がありますが、こちらにはあまりそういったものがないので、それに替わるとも言える、

すばやく食べられるものがシリアルなんですね。





ちなみに私は日本のことを知らない英国の人や、あまり親しくない英国のひとには、

日本人は生で卵を食するということをあまり話しません汗





何の前置きもなく言うと、ましてやすき焼きのように「生卵にお肉をつけて食する」なんてことを聞くと、

おそらくはほとんどの英国の人は卒倒しそうなくらいショックを受けるからです。私の英国の知人も

日本に10年くらい住んでいましたが、いまだに生卵と納豆の話を聞くと顔をしかめます。ショック!





では、英国の人はどんなに美味しいものを普段に食べているのか今日、明日と見てまいりましょうね。 にひひ





朝食にシリアルが多いのは申し上げましたが、もしパンを食べるときには最もポピュラーなものは、

ベークド・ビーンズと言われる英国の朝食を代表する食べ物です。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






大豆のトマトソース煮だと思っていただければいいと思います。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






英国の人はこのとろーっとしたビーンズをトーストの上に乗っけて食べます。

ちなみに私の息子(10歳)もこれが大好きです。



ベークドビーンズ(缶) 415g 24本入/ハインツ






アマゾン・ジャパンでも売っていますので、「本当の英国の味 にひひ 」を味わってみたい方はどうぞ~。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






ベークド・ビーンズの缶詰だけでもこんなに種類があるのをご覧になったら、

どれくらいポピュラーかおわかりになると思います。





昨日ご紹介したようなおしゃれなパブやレストランでは色んな料理が出されるのですが、

街の昔ながらのパブやカフェでは、「1日中、朝食が食べられます」というのを売りに

しているところがあるくらい、英国人にとっては「イングリッシュ・ブレックファスト」=英国の味

という構図が成り立っているようです。



でも、皆忙しくてなかなかイングリッシュ・ブレックファストを

作っている時間がないので、こんなものまであります。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






いつでもお好きなときに朝食を‥‥というわけで「オール・デイ・ブレックファスト」の缶詰。



見るだけでお腹がいっぱいになりそうですね‥‥なので、見るだけで買ったことはありません。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






そしてこちらはもっと見た目に強烈、そしてネーミングも朝食のフルコースというような意味の

「ザ・フル・モンティ」という名前がついてます。



1缶のなかにイングリッシュ・ブレックファストが入っている‥‥想像しただけでも、怖すぎます~ 叫び










美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




ソーセージは食べたい、でもヘルシーな食事を心がけたい方はこちらでどうぞ。



「ベイクド・ビーンズとお肉が含まれていないソーセージ入り」の缶詰。



今考えたら、お肉が含まれていないソーセージが何なのか気になってしまいます。

今度チェックしてきますね(わくわくするような、怖いもの見たさのような‥‥気になります)。





いかがでしたか、今日の英国の缶詰朝食をお楽しみいただけましたでしょうか?

なかなか怖いものがありますでしょう?



明日はもうちょっと怖いものもあるかもしれませんね~。また明日も遊びにいらしてくださいね。

英国の朝食に関する こんなページも見つけました
のでご覧になってください、きっと驚かれますよ~。



以前、私も 「イングリッシュ・ブレックファスト」
のことを記事にしております。

どんなものかご覧になりたい方は、こちら
からどうぞ。







ありがとうございます!まだまだ皆さまの3秒ボランティアの

お力が働いているようです。おかげさまで昨日は5位でしたが今日は?

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ







サンドイッチ・プレート


華やかなローズ・ブーケのハマースレイのサンドイッチ・プレートです。

朝食やアフタヌーンティのサンドイッチを乗せて使えるほか、

パーティのオードヴル用にもぴったりです。

  パブ・ガストロノミーパブ

英国春のグルメ

2010年5月13日

昨日はレストランからの葉書を見ていただきましたが、今日は本物のお料理をご覧いただきましょう。





何度もこのブログの中で申し上げているように、近年は英国のグルメ・ブームで、

おいしいレストランやパブが増えてきています。



皆さまのパブのイメージはどんなところでしょうか。







カウンターでビールを飲んでおしゃべりをしたり、ダーツをしたり、

または大画面でサッカーの試合を見るところ‥‥そんなイメージでしょうか。







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






じつは最近、そんなパブが少なくなってきています。





そこで取って代わったのが「ガストロノミー・パブ」ともいえる、

おいしいお食事を提供してくれる、レストラン・スタイルのパブです。





以前のパブの食事といえば、フィッシュ&チップスやジャケット・ポテトなどのいわゆる

典型的な英国の料理が提供されていますが、今ではフランスやイタリア、

はたまた日本などのオリエンタル・テイストを盛り込んだ、「モダン・ブリティッシュ」と呼ばれる、

高水準の食事がいただけます。







英国・コッツウォルズより愛をこめて






また、2007年7月1日から英国では「禁煙法」が施行されていますので、空気もきれい!

その昔はパブの中では煙がもうもうとしていて、タバコをすわない私にとっては

それがいやでパブに行きたくなかったものですが、今ではその心配もありません。





当時パブの経営者たちは、禁煙法によって利用者が減り、経営が危ぶまれるのではないか

という危惧をしていたわけですが、事実はその逆とも言える結果に落ち着いています。





タバコをすってビールを飲むお客さまがお店で使う金額よりも、おいしいお料理を食べたりワインを

ゆったり飲んだりしていくお客様の方が大金をお店に落としていくということが明らかになってきたようです。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






以前のパブのスタイル(お酒+タバコ)が通用しなくなった今、お店は料理で

勝負するしかなくなってきたのが消費者にとってもありがたいですね。




そんな事情もあって英国の食事のレベルはこの近年で、輪をかけて上がってきたと言えます。

本屋さんにはミシュランのパブ・ガイドまでがあります。





今日は少し前になりますが、家族3人で出かけたとあるパブの食事をご紹介します。

この日はお休みの日のランチだったので、ワイン(ピノ・グリッジォ・ロゼ)を軽く一杯音譜







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





テーブルにお料理がずらりと並んだところ、すごい量です。







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





前菜にはソフトシェル・クラブのから揚げ。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





そしてもうひとつの前菜は貝のリングイネ。チリがピリッときいていて美味しかったです。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





息子は典型的な英国料理とも言える「ソーセージ&マッシュ(ポテト)」をオーダー。

量がすごいので、いつも食べ切れません。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





夫はこのパブの得意料理でもあるお魚で‥‥今日は「スズキのグリル」です。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





で、私が頼んだものですが、名前忘れましたあせる たぶんちょっと変わった名前だったのと、

ペイストリー(パイ)添えとかなんか書いてあったので、頼んだのですが、

何のことはない、ただの(?)ポテト・グラタンのようなものでした。






写真でも粒マスタードが少し確認できるかもしれませんが、少しパンチのあるポテト・グラタンでした。



それにしてもこちらも量が多いでしょう?ポテトだけをこんなに食べられるものではありません汗

これは選択を誤ってしまいましたね~。



それでも、こちらのパブは全体的にお味がよく、平日でも予約なしでは

なかなか食べられないというようなお店なんです。




以前もこちらのパブのことをお伝えしております。 こちらのお料理
の方が美味しそうですし、

実際美味しかったですね。



また、こちらのパブは 英国の古い建物をうまく利用してモダンに改装


してありましたね。





そしてコッツウォルズの小さな村にあった たった1軒のカントリーサイドのパブ
は左のリンクからどうぞ。



ありがとうございます!

皆さまの3秒ボランティアのおかげさまで昨日は5位になっておりました。

今日は何位かな?

ダウン          ダウン         ダウン  

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ







サンドイッチ・プレート


華やかなローズ・ブーケのハマースレイのサンドイッチ・プレートです。

パーティのオードヴル用にもぴったりですね。









  レストラン

フランスからの手紙

2010年5月12日

ある日ポストにこんなポスト・カードが入っていました。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






美しく、そして美味しそうなお料理が並んでいます。









美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




裏を返してみるとこんなふう。なんと書いてあるのかと言いますと‥‥



「私が発見したレストランのことを、ちょっとあなたに言いたくなりました。



そこはオーセンティックなフランス料理のお店でおいしい朝食、軽いランチやスナックと

ステーキとフライド・ポテトやロースト・チキンなどのヴァラエティに富んだ、ディナーに

ぴったりのフランス料理を出しています。それだけじゃなくって、ワイン一杯だけでも、

カプチーノとケーキでアフタヌーンティーだけにでも行けますよ。



そしていちばんいいところは、あなたがわざわざフランスまで行かなくっていいところです!」



というような内容になっています。



大きさや紙の質もポストカードと同じだったのと、手書き風だったので一瞬知り合いからの

手紙だと思いきや、このレストランの宣伝用のチラシだったんですね。上手だったので、一本とられました音譜



ちなみにこちらのレストランにはすでに行ったことがありましたので、

あえてこの時はいきませんでしたが、お味の方はまぁまぁ、といったところでしたね(残念!)。



今日もお願いいたします。下のバナー3クリックの3秒ボランティア(笑)。

今日のランキングは何位かな?

ダウン          ダウン         ダウン  

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


ロイヤル・アントワネット


3ティアーのエレガントでゴージャスなケーキ・スタンドです。プレートは

取り外しができますので、収納も簡単ですよ。


■ イギリスのグルメ

ベリーの季節到来!

2010年5月4日

今年の英国は 1月に大雪
が降ったりして(英国にしてはですが)、ひときわ厳しい冬でした。

そして春の訪れも例年よりもゆっくりなようです。



昨日は 我が家の庭の花たち
を見ていただきましたが、こちらも例年よりも開花が遅いですね。

とはいえ、やっと春めいてまいりました。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






夏が近づいてまいりますと英国の人が大好きな「サマー・ベリー」のシーズン到来と言い換えることもできます。

サマーベリーとは、イチゴをはじめラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリー、レッドカラント、グズベリーなどの

フルーツがポピュラーですね。





英国・コッツウォルズより愛をこめて-レッド・カラント





レッド・カラント(アカフサスグリ)





英国・コッツウォルズより愛をこめて-ブラック・カラント



ブラック・カラント(クロフサスグリ)







英国・コッツウォルズより愛をこめて-グズベルー




グズベリー(セイヨウスグリ)





そして夏のデザートと言えば、冷たいプディング「サマー・プディング」ですね。




英国・コッツウォルズより愛をこめて-サマー・プディング








今日はそんなサマー・ベリーズをハマースレイのストロベリー・バスケットに盛り付けてみました音譜ジャムに関する著書も出していらっしゃる あの方
でしたら、こんなサマーベリーでおいしいジャムをお作りになるのでしょうね ラブラブ






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




こちらのお品、詳しくは 英国アンティークス
のショップでご覧になってくださいね。


何かお忘れじゃありませんか(笑)!?

私もまだブログランキングに参加しておりますチョキ



もし記事をお楽しみいただいておりましたら応援をお願いいたしますラブラブ

ダウン          ダウン         ダウン  

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




ストロベリー・バスケット




サイドにクリームとお砂糖を入れるケースがセットになった、ハマースレイの

ストロベリー・バスケットです。いちごだけでなく、お茶の時間にクッキーや

スイーツを入れて使うこともできますね。