Browsing Category

■ オックスフォード大学

■ オックスフォード大学

ハリーポッターとディナー

2013年10月12日


日本でも大人気の「ハリーポッター」の映画の撮影がおこなれたオックスフォード大学の
中の「クライストチャーチ・カレッジ」でディナーをいただいてまいりま
した。



英国アンティークス



こちらは観光客用の入り口です。

いつも行列ができています。



英国アンティークス




クライストチャーチ・カレッジはオックスフォード大学の中で、
観光地として最も人気のあるカレッジとなります。


英国の首相13人を輩出していることでも有名です。
「不思議の国のアリス」を書いたルイス・キャロルもこのカレッジ出身です。


オックスフォード大学って名前を日本でも聞くと思いますけど、
オックスフォード大学って実態のないものなんですよ。


オックスフォード大学という大きな組織があって、その中にカレッジと呼ばれるものがあります。
すべての教員と学生は、どちらかのカレッジとよばれる「家」に属することになります。



英国アンティークス



カレッジの外には、広いメドゥと呼ばれる牧草地や公園、
散歩道があり、ここは入場無料で一般に開放しています。




英国アンティークス




上の写真はこの敷地の近所にある看板。


書いてあるのは、


「冬は暗くなったら、夏は午後7時にこの門は閉まります」


と書いてあります。


「暗くなったら」っていうのが、英国らしい表現ですよね(笑)。



英国アンティークス



さて、こちらはカレッジのクォードと呼ばれる中庭です。


これは初夏でしたので、たくさんの観光客で溢れかえっていました。


さて、それでは中に入ってみましょう。




英国アンティークス



この階段を上がるとホール(食堂)の入り口となります。

天井が美しいですね。



英国アンティークス



お食事の時間が決まっているので、もう学生さんたちが待っていますね。


学生さんは基本的にここでランチもディナーもいただきます。




英国アンティークス



ホールの中はこんな感じです。

こちらでハリーポッターが撮影されたそうです。


もちろん、映画ではエフェクトを入れてあるので、少し違って見えますが。



英国アンティークス



規則により、時間になるまで席につくことができません。


給仕の人たちもスタンバイ。



英国アンティークス



いちばん奥の高いところは「ハイ・テーブル」と
呼ばれる席で先生方のお席になります。
r>
今回は私は学生さんと一緒にいただきましたので、こちらのお席で。

代表教授のラテン語のお祈りが終わったら、着席です。


私もハイテーブルでもいただいたことがあるのですが、
さすがにこちらで写真を撮っているわけにはいきませんでした~



ハイテーブルにはアンティークのスターリングシルバー(純銀)の
食器が使われるものもあるのですよ~



さあ、いよいよお食事です。




英国アンティークス




前菜はミネストローネ風のスープ。






英国アンティークス



メインはサーモンのグリルです。

つけ添えのポテトがかなりシンプルです(笑)。

まぁ、これは学生向けのお食事内容ですから仕方がありませんね。



英国アンティークス



お食事中はこんな雰囲気です。

英国ではパーティの時はカップルなどで参加しても
バラバラに座らされてしまうことが多いですので、
お食事中には周りの知らない人とお話をすることになります。


社交性がないと困ることになってしまいますね。
それ、誰のことですか?はい、私ですね(笑)。

こう見えて、私シャイなんですね、なんで
お話好きな方と一緒になるといいんですが、
無口な方になるとちょっと困ってしまうことになります





英国アンティークス




デザートはイチゴのクリームがけ。



英国アンティークス



お食事が終わって人がひけたところで撮影大会(笑)。


さすがに一眼レフをもってはいけなかったので画面が暗すぎますね 




英国アンティークス




こちらが教授たちのハイテーブルです。

さりげなくかかっている後ろの絵画も本物のアンティーク、
それぞれかなり価値のあるものとなります。


友人を連れて行ったときには「本物のエル・グレコ」とか驚いていました。


アンティークの蒐集というのはいい趣味ですよね (*^_^*)


高価なお洋服やバッグを買っても、時代遅れになったり、古くなってしまったりしますが
値打ちのある絵画や陶磁器、シルバーなどのアンティークは
時間がたてばたつほど、価値が上がっていきますからね (#^.^#)



英国アンティークス



クライストチャーチ・カレッジの建物も立派です。



英国アンティークス



今日はご紹介しませんでしたが、こちらの教会も見ごたえのある
教会ですので、もしお出かけの際はご訪問をおススメいたします。




明日は、ハリーポッターに登場するある有名な場所でのディナータイムを
ご紹介したいと思います。また
明日も遊びにいらしてくださいね


それでは、また明日 

以下はオックスフォード大学関連の話題です。

title="" style="color: rgb(0, 190, 255);">ノーベル賞受賞者とのティータイム【1】 

ノーベル賞受賞者とのティータイム【2】 

ノーベル賞受賞者とのティータイム【3】 

卒業シーズン 
英国伝統校のサマーパーティ【1】  
英国伝統校のサマーパーティ【2】 


バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ

こんなラブリーなアイテムが入荷しております。


英国アンティークス

ロイヤル・ドルトン社・深紅とゴールドのカップ&ソーサー

英国アンティークス


ぼ毎日facebook フェイスブック の更新もしております。

ブログを見ていいただいてる方はfacebook フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 

 
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 






























イギリス 英国 アンティーク

■ オックスフォード大学

ノーベル賞受賞者とのティータイム【3】

2013年9月22日


前回の記事
 前々回の記事 では、オックスフォード大学に
ノーベル賞受賞者VIP を招いての
ティーパーティの様子の一部をお伝えしました。



英国アンティークス




会場は美しいイングリッシュガーデンのあるオックスフォード大学の
カレッジで、そのカレッジは1379年に設立されたということでした。




英国アンティークス





大学のお庭もとても素晴らしかったですね。


大学のお庭だとは思えないほど、よくお手入れがされたお庭です。




英国アンティークス



お庭のお話はもういいですよね (笑)。




すっかりもったいをつけてしまいましたが
それだけの大物ゲストなのですよ。



それではそのゲストをご紹介しましょう



で、今回のVIPというのは、この方でした~





英国アンティークス



もちろん皆さま、この方のことはご存知ですよね。


ミャンマーの非暴力民主化運動の指導者であり、
オックスフォード大学名誉博士でもあり、
そして1991年にはノーベル平和賞受賞を受賞した
アウンサンスーチーさんです




英国アンティークス




この時、アウンサンスーチーさんがオックスフォードにいらしているということは、
伺っていたのですが、まさかこのパーティにいらしていただけるとは
思いませんでしたので、私はもちろんですが、めったなことでは騒ぎ立てない、
プライドの高い英国人(笑) のゲスト達も、さすがに羨望の眼差しを向けていました。


あれだけの有名な方でも、まったく気取りなく、ゲストの皆さんと
にこやかにお話される姿を拝見して、「寛容な心」 というようなものを感じました。
私などはとても及びはしませんが、少しでもそんなところも見習いたいと思いました。




英国アンティークス




アウンサンスーチー女史は、(当然のことですが)物々しい警備の中、
このパーティの後、ロンドンに行かれ、その後帰国の途に着かれました。


最近健康問題のことが、しばしば取り上げられますが、お身体に気をつけられ、
これからもお元気で活躍していただきたいですね。


ほぼ毎日 フェイスブック の更新はしているのですが、ブログの更新が

まったくできていなかったのですが、これからまた頑張ってまいりますね。

 フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 

>
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 


英国アンティークス

イギリス 英国 アンティーク

■ オックスフォード大学

ノーベル賞受賞者とのティータイム【2】

2013年9月20日


前回の記事 では、オックスフォード大学に VIP を招いての
ティーパーティの様子の一部をお伝えしました。


英国アンティークス



会場は美しいイングリッシュガーデンのあるカレッジのお庭でした。


英国アンティークス




お偉い先生方と少しお話を楽しんだ後、カレッジをお散歩しました。



英国アンティークス



カレッジは1379年に設立された由緒あるカレッジです。

それでも、オックスフォード大学の中では古くはない、というのが、
英国、そしてオックスフォード大学のすごいところです。




英国アンティークス



大学だと思えないほど、よくお手入れがされたお庭です。



英国アンティークス




バラの花もかぐわしい香りを漂わせています。




英国アンティークス



歴史を感じさせる建物。


英国アンティークス



今年の夏、世界の何ヶ所かを一度に見てくる旅をしましたので、
英国の歴史と伝統というもののすごさを改めて感じます。



英国アンティークス




庭先にはこんなテーブルもあったので、一応記念撮影。



英国アンティークス


次回はいよいよ VIP の登場です!

世界的に有名な方ですので、きっと皆さまもご存知だと思いますよ。




ほぼ毎日 フェイスブック の更新はしているのですが、ブログの更新をせず、
すっかり不真面目ブログになってしまいましたが(汗)、また次回も遊びに来てくださいね!

よろしければ フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 


一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下の3つのバナークリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ idth="88" height="31" complete="true"> blogram投票ボタン 


英国アンティークス

イギリス 英国 アンティーク

■ オックスフォード大学

ノーベル賞受賞者とのティータイム【1】

2013年9月18日


前回の記事 では、私は今ラスベガスにいますよ~、
と突然書いてしまいましたが、



今年の夏は、なんと2ヶ月をかけて(簡易版)世界一周の旅をしてまいりました。



また、このことは少しずつお伝えさせていただきますが、
それまでのことをまずはお話させてくださいね。



今回は、オックスフォード大学で行われた
関係者のみが招待されるサマーパーティのご紹介です。



えっ!私が関係者かどうかって?



それは 私の 
フェイスブック のプロフィールページでもご覧になってくださいね。



さて、パーティのお話に戻ります。



英国アンティークス



そのパーティは、オックスフォード大学の中の
ひとつのカレッジで行われました。




英国アンティークス




建物はもちろんのこと、芝生がとても美しいカレッジでした。



英国アンティークス英国アンティークス



もちろん、イングリッシュガーデンも素敵です 





英国アンティークス




カレッジのお庭に入る前に、学長が一人一人を握手でお出えです。




英国アンティークス



橋を渡ると、そこがガーデンパーティー会場です。



英国アンティークス



パーティー会場はこんな感じ。


今回は正真正銘のVIPが来られるため、警備も厳しいです。


英国アンティークス



ガーデンの香の良いバラには、思わず目がいってしまます。


こちらのカレッジは1379年に設立されました。




英国アンティークス



1379年と聞きますと

「わぁ~、古い!」

と、思われるかもしれませんが、オックスフォード大学は、1000年以上(!)の
歴史がありますので、特に古いというわけではないのですね。


英国アンティークス



そんな歴史あるカレッジに集まったメンバーはそうそうたる顔ぶれが‥‥。



英国アンティークス



こちらは、大学の学生さんのバンドです。



英国アンティークス



多くの知り合いがおりますので、皆くつろいだ雰囲気でお茶を楽しみます。



英国アンティークス



パーティーフードは英国らしいサンドイッチやスコーンと‥‥


そして


英国アンティークス



ストロベリー&クリームです。


これがなければ英国のサマーパーティとは言えません!!



英国アンティークス



もちろん、テーブルも用意されていますが‥‥、



英国アンティークス



カジュアルな雰囲気を好む英国の人たちは、芝生の上でお茶を楽しんでますね(笑)。



英国アンティークス


時間を追うごとに、だんだんと人が増えてきます。


英国アンティークス



皆さんがお召しのマントのようなものは、アカデミック・ガウンと
呼ばれ、そのガウンを見れば、どこの大学・カレッジのどんな最終学位を
とったかが、一目でわかるようになっています




英国アンティークス



偉そうな方がた~くさん

ここらへんでちょっと息抜きにカレッジの中をお散歩しました。


続きは次回に!



ほぼ毎日 フェイスブック の更新はしているのですが、ブログの更新をせず、
すっかり不真面目ブログになってしまいましたが(汗)、また次回も遊びに来てくださいね!

よろしければ フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 


一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下の3つのバナークリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 


英国アンティークス

イギリス 英国

Copyright (C) 2015 Eikoku Antiques. All Rights Reserved.

Back to top