Browsing Category

 自然

 自然

英国カントリーサイドの自然美

2013年10月13日


昨日は 「ハリーポッターとディナー」 と題しまして、あまり目にすることのないと思われます、
オックスフォード大学のクライストチャーチ・カレッジのディナーの様子をお伝えいたしました。


大変美しいカレッジのダイニングホールの室内と、ユニークな(?)お料理を
まだご覧になっていらっしゃらない方は、ぜひご一読くださいね。

「ハリーポッターとディナー」 ←これ




英国アンティークス




今日は英国のカントリーサイドのくつろいだ雰囲気をご覧いただきますが、
こちらもまたオックスフォード大学のとあるカレッジガーデンのご紹介となります。



英国アンティークス



上の写真はカレッジ内の川に泊められた パント という舟になります。


漕ぐのが、見た目よりもずっと難しい、この パント のことを
以前ご紹介いたしましたので、ぜひ コチラ もお読みになってくださいね。




英国アンティークス




このカレッジのガーデンは、先日ご紹介いたしました
お洒落なレストラン からの川続きになっています。


暖かい季節には、このパントに乗って、気ままに水遊びを楽しみます。

疲れた時には、川べりで持ってきたバスケットを開いてピクニックをする、
という優雅な時間を楽しむことができます。



英国アンティークス




ここをお散歩したのが、ずいぶん以前のことで、季節外れの写真になってしまって申し訳ないですが、
それでもあまりにものどかな景色でしたのでご紹介せずにはいられませんでした。






英国アンティークス




川には生まれたばかりのダックの赤ちゃんたちが器用に泳いでいました。


 ぴよぴよ 


とお母さんを求めて泳ぎます。



英国アンティークス




また、川辺にはこんな樹があり、小鳥のためのバードフィーダーがつけられていました。

樹を簡単に切り倒さないのも、小鳥のためにバードフィーダーをつけてあげるのも、
英国の人の自然に対するやさしさが伝わってきますね。




英国アンティークス




白鳥も優雅に泳いでいます。



英国アンティークス



こちらは、白鳥の巣。

こちらの白鳥は卵を抱いています。





英国アンティークス



そして驚くべきことに、その白鳥に人が近づきすぎないように、または
野生動物から守るために上の写真のような仮のフェンスがつけられていました。


私は英国の人のこんなやさしさが好きなんです 




英国アンティークス




こちらは以前に コチラ でご紹介しましたところ、


「日本では見たことない!」


というコメントを何件か頂戴しました ユーロフォルビア というお花です。


いまどきは日本にも、入っているのかしら?




英国アンティークス




こちらはスイセン‥‥スミマセン、季節外れで




英国アンティークス




英国には、特に景色の美しいところに上の写真のようなベンチが
よく置かれているのですが、背もたれのところに


「○○○の愛していた場所でした、あなたを心から愛していた妻より」


というようなメッセージが、書かれています。





英国アンティークス



こちらは、上の方でご紹介したバードフィーダーがついていた
樹の枝を使って作った、子供用のトンネル。遊び心がありますね。


 昨日 ご紹介しましたように、オックスフォード大学のカレッジには生徒だけではなく、
教員やその家族も住んでおりますので、そんな子供さんのことを考えて作ったのでしょうね。


「愛すべきムダのある国」 と題して、以前、この国のことを書かせて
いただきましたが、そこが英国の素晴らしいところでもあります。


明日は雰囲気を変えて、街の様子をお伝えしたいと思います。
また明日も遊びにいらしてくださいね


以下の関連話題も併せてどうぞ。

マナーハウスの優雅なお散 
コッツウォルズ・日本人に大人気の街 
クリスマス前のガーデンセンター 
バーンズリー・ハウスを征く (番外編 ) 
「ハリーポッターとディナー」 
ノーベル賞受賞者とのティータイム 


バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚ ="color: rgb(85, 85, 85); font-family: 'MS Pゴシック'; font-size: 9pt;">バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ

こんなラブリーなアイテムが入荷しております。


英国アンティークス

リモージュ・ボックス パフュームボトル付き

英国アンティークス


ぼ毎日facebook フェイスブック の更新もしております。

ブログを見ていいただいてる方はfacebook フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 

 
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 






























イギリス 英国 アンティーク

 自然

英国カントリーサイドのワイルドフラワーたち

2013年2月4日



先日は コッツウォルズの小径のお散歩の様子 をお伝えしましたが、
今日はそのつづきです。は~、あまり日にちをあけずUPできました~(笑)。



最初に見ていただきたい風景はこちらです!




英国アンティークス





私の写真の腕のせいで、あまりきれいに撮れていませんが

こちら一面ワイルド・ヴァイオレットでうめつくされていて、
それは美しい景色だったのです。


英国のハマースレイというブランドが、この野生のスミレをモティーフに
作品を作っておりましたが、こちらが人気があるのもわかりますね。


ちなみにこんな感じの作品となります。








このスミレは可憐で美しいだけでなく、とても強いのですよ 

いえ、食器ではなく、本当のスミレのお話です (;^_^A



ちなみにスミレのアップはこちらです。




英国アンティークス


可愛いでしょ~





そのほかにもいろんなお花が咲いていました。



その辺に咲いているワイルドフラワーですが、ラブリーです。




英国アンティークス




英国アンティークス





英国アンティークス





英国アンティークス






そして、下の写真は「カウ・パセリ」というお花で、

レースのような繊細な花を咲かせます。



コチラ に、美しいカウ・パセリの写真をはじめ、
それはそれは、のどかで時間が止まってしまったような
コッツウォルズの風景をご紹介しておりますので
ぜひごらんになってくださいね。






英国アンティークス





私たちは、ずっとこんな緑のトンネルの中を歩いていきました。





英国アンティークス





どこまで行けば開けてくるのかもわからず、4、50分ほど歩いたでしょうか。


すると、私たちの目の前には、こんな景色が広がってきました。



英国アンティークス



私のブログをお読み下さっている方々や英国通の方には、
おなじみの景色かもしれませんが、普通とは違う角度から
撮影した、ある有名な場所です。


とっても素敵な
場所です。
この続きは、また次回につづきます。


英国のカントリーサイドの美しい風景は、下のリンクからもお楽しみいただけます。


 英国・コッツウォルズのかわいい村 
 イングランドで最も美しい村 
 コッツウォルズ・ブランド? 

一応、まだ下記のランキングにも参加しているつもりです
よろしければ人助けだとおもって、下の3つのバナークリックで
今後とも応援をよろしくお願いいたします ラブラブ


 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 


英国アンティークス

イギリス 英国 アンティーク


 自然

英国カントリーサイドのお散歩

2013年1月30日



皆さま~、またまたご無沙汰しております~。

久しぶりではございますが、前の記事 「英国マナーハウスのお庭」 
続きを書いてまいりたいと思います。


英国のカントリーサイドには下の写真のような「フットパース」と呼ばれる

こんな小径が延々と続いています。





だいたいの道は、公道なのですが、時には私有地にまたがって、
道がつながっていることもあります。






私有地には上のような柵があることもありますが、
道の所有者もあまりうるさいことはいいませんので、
皆さまも英国にいらして、カントリーサイドのフットパースを
歩かれるときには、気になさらずお好きに歩いてくださいね。


私たちもある晴れた日の午後、こんなところをお散歩しました。





だれ~も歩いていないようなこんな場所にも、
ちゃーんとかわいいサインが



途中の景色はこんな感じ。






ちょっとばかり、季節はずれで申し訳ないのですが
美しいものは、美しいということで、ご紹介させていただいております。





見渡すかぎり、緑が広がっていて、目にとってもやさしい風景です。




途中には、リンゴ畑も‥‥





ひたすら のどかです



途中には、こんなお屋敷もありました。





このフットパースを歩いていくと、ある場所にでることになるのです。


そのことは、次回のお楽しみということで、つづきをお伝えしてまいりますね
ビックリマーク 


英国のカントリーサイドの美しい風景は、下のリンクからもお楽しみいただけます。


 ある日のコッツウォルズの風景
 英国・コッツウォルズの小さな街
 コッツウォルズの春 

一応、まだ下記のラン

 自然

冷たい川で泳いだわけ

2011年4月10日

前回の記事
では、まだ肌寒いこの4月に川で泳いでいる女性をご紹介いたしました。



ここのところ暖かくなってきたとは言え、泳ぐにはまだまだ寒いのです。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell





この日はお天気がよかったので、川べりで日向ぼっこを

兼ねたピクニックをしている人々がたくさんいらっしゃいました。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell




この陽気に動物たちもうれしそうに走り回っています

英国の冬は暗く長い分、皆春を待ち遠しく思っています。





特に今年の冬は例年にない大雪できびしい冬となりましたので

その後の、春の暖かい陽射しは喜びもひとしおです。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell





でもロバたちはなぜかいつも物悲しそう‥‥。





それともこれで楽しんでいるのでしょうか。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell




さて、話を川で泳いでいた女性に戻しましょう。



実は、この女性はいちばん上の写真のように川べりでピクニックを楽しんでいました。



ところが、なんのはずみか片方の靴を川に落っことしてしまいました。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell





上の赤丸の中が流れていく靴です。



お友達も「あそこよ!」と指を指しています。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell





川の流れはかなり速く、靴はどんどん流れていきました。



見ている私たちも「ああ、もう間に合わない‥‥」



と思った矢先‥‥





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell





彼女は「ザブン!」と水の中へ‥‥!



岸辺のお友達もあきれて見ています(笑)。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell





さすがにたくましい英国人女性、あきらめませんでした。



私には真夏でも入ることができないくらい冷たいこの国の川や海の

水ですので、この女性の勇気(?)を称えずにはいられませんでした。



この川がある場所に英国の歴史を感じられるものが

ありましたので、次回はそちらをご紹介したいと思います。





続きを読みたいとおっしゃってくださいます、お優しい方は

下の3つのバナークリックでこのブログの応援を

していただけましたらとってもうれしいです。



どうぞよろしくお願いいたします。





にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ








英国アンティークス
では、少しでも被災地のお役に立てていただく

べく、現在、全利益を義援金として寄付させていただいております。



皆さまも左の赤十字のバナークリックまたは、当店でお買い物を

していただくことによりご寄付をしていただくことができます。



何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。




 自然

英国・カントリーサイドの春

2011年4月7日

ここのところ、私の住んでいる地域では春めいた日が多くなってまいりました。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell






木の芽も新芽を出しています。





確実に春はやってきています。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell






芝生の色も、より青々としてきました。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell






ダックさんたちは暖かい陽射しをうけて、お昼寝中です‥‥。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell






そして、人間さんたちはそんな陽光の中スイミング‥‥ 波




えっ ビックリマーク




スイミング !?




いくら暖かいとはいえ、真夏でも冷たい英国の川でこの時期に水泳とは!





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Minster Lovell






これにはちょっとしたわけがあります



そのわけは次回お話いたしますね。





続きを読みたい方は下の3つのバナークリックで

このブログの応援をしていただけましたらうれしいです。



よろしくお願いいたします。





にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
英国アンティークス
では、少しでも被災地のお役に立てていただくべく、



現在、全利益を義援金として寄付させていただいております。



皆さまもご協力をよろしくお願いいたします。





日本赤十字社東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)義援金はこちらから




英国アンティークス・オフィシャルブログ-Red Cross



 自然

英国の紅葉

2010年10月24日


日本はまだ暖かい日もあると思いますが、こちら英国では今週あたりから

霜がおりて、いよいよ冬が近づいてきたという気配が高まっています。



さて、日本の秋の美しい風景のひとつに紅葉がありますが、こちら英国でもちゃんと紅葉があるんですよ。





たまに





「英国には四季があるんですか?」





というような主旨のことを聞かれるのですが、私はそういうときに





「こちらでは12季があります」





というようなことを冗談でお応えしたりするのです。





実際、英国の天候は、今晴れているかと思うと200m先では雨、

といったようなお天気でひっきりなしに変わります。





なので、実際のところは12季よりももっとあると言ったほうが正しいかもしれません。

よく一日の中に四季があるとも言われますね。





さて、それではそんな英国の紅葉をご覧いただきましょう。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Batsford Arboretum






紅葉が徐々に始まっているのがおわかりいただけるかと思います。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Batsford Arboretum






こちらは英国コッツウォルズにあるバッツフォード植物園(Batsford Arboretum)になります。



英国の紅葉もなかなかのものでしょ?






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Batsford Arboretum






楓も真っ赤に燃えています。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Batsford Arboretum








きれいだと思ったらやっぱりここは日本だったの?






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Batsford Arboretum







いえいえ、れっきとした英国の植物園なんですよ。



英国の植物園や庭園には東洋への憧れから作られた、日本庭園をたくさん見受けることができるのです。









以下は関連記事となります。英国のカントリーサイドを満喫してくださいね。音符


キノコ 危険がいっぱい、キノコ狩り
クリック

ブーケ 英国郊外のガーデン・センター
クリック

バラ 英国のバラ園 デイヴィッド・オースティン
クリック

もみじ 英国のガーデニングセンター・秋の装い
クリック



えーっと‥‥まだブログランキングに参加中です。もし記事をお楽しみいただいておりましたら、

応援のクリックをお願いいたします。いつもありがとうございます!

ダウン         ダウン          ダウン
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






ノリタケのシュガーボウル


日本を代表する「ノリタケ」の風景画が美しいお品です。

金彩も豪華でシルバーのスプーンがついています。


 自然

英国・春のお花畑~

2010年6月29日

昨日はのんびりとしたカントリーサイドの景色をごらんいただきました
が、

今日はその近所にあった美しいお花畑をご覧いただきましょう。







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-菜の花畑






ドライヴをしているとこんなに可愛らしい橋があってその向こうには‥‥





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-菜の花畑






こんな菜の花畑が広がっていました。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-菜の花畑






「わ~、きれい」



と思わず言葉がでてしまいます。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-菜の花畑






一面のイエローと緑、そして空のブルーのコントラストが美しいですね。



でも、こんな美しい菜の花畑、英国の人にはあまり感謝されていないようです。



その理由とは? クリック


今日の菜の花畑お楽しみいただけましたでしょうか?こんな英国のカントリーサイドの景色をもっと楽しみたい~、

という方、または単に通りすがりのご親切な方(笑)応援のクリックをお願いいたします。ありがとうございます!

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




ハマースレイの野いちご


ハマースレイによる英国のワイルドストロベリーを描いたトリンケット・ボックス(ジュエリー・ケース)です。小さなスイーツを入れてもかわいいですね。