Browsing Category

   クリスマス

   クリスマス,   英国の事情

英国にサンタクロースはいないんです

2009年12月23日



タイトルをご覧になって



「えっ」


と思われたかもしれませんが本当なんです、



英国にはサンタクロースはいないんです。








英国・コッツウォルズより愛をこめて
 







英国にいるのは「ファーザー・クリスマス(Father Christmas)」だけなんですね。




「それ、なに?」




と言われるかもしれませんが‥‥つまり、その‥‥サンタクロースのことです。





英国・コッツウォルズより愛をこめて
 






「なんだ、呼び方が違うだけ!?」 むっ




‥‥そうです、失礼いたしました。あせる




呼び方がちがうだけなんですね~。でも大人も子供もふくめて
「ファーザー・クリスマス」を「サンタクロース」と呼ぶ人は英国にはいません。









英国・コッツウォルズより愛をこめて
 






なので、この国にはサンタクロースは存在しないんですね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて
 


 


‥‥さて、気をとりなおしてっとあせる






先日よりコッツウォルズにありますクリスマス専門店をご紹介しておりますが、
今日はまずちょっととぼけた表情のファーザー・クリスマス‥‥サンタクロースの方がわかりやすいですね。
そのサンタクロースのアイテムを冒頭よりご紹介しております。







英国・コッツウォルズより愛をこめて
 



このサンタクロース自身がベルになっている、ほんわかムードたっぷりのアイテムです。




英国・コッツウォルズより愛をこめて
 


 


こちらはブリキでできた、とぼけた表情のサンタクロース。
どれもこれもハンドメイドの温かみがあっていいですね。






英国・コッツウォルズより愛をこめて
 





こちらはちょっと太っちょのサンタクロースの、塩コショウ入れです。






英国・コッツウォルズより愛をこめて





そして、私のいちばんのお気に入りはこちら。


うすーいブリキを叩いて作っているのですが、細かいところまでよくできていました。


明日も引き続き、英国のラブリーなクリスマス・アイテムをご紹介いたします。
「見たい!」とおっしゃってくださいますおやさしい読者さまニコニコ
下の3つのバナーのクリックで応援をお願いいたします。ラブラブそれではまた 明日!

    ダウン          ダウン        ダウン        

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ 



   クリスマス

ウィリアム・モリスのクラフト・フェア(1)

2009年12月15日

以前に英国のアーティスト「ウィリアム・モリス」についてお話したことがあります(モリスという人
クリック)が、
そのモリスが住んでいたマナー・ハウス「ケルムスコット・マナー」のすぐ近くにある、
モリス・メモリアル・ホールというところに出かけてまいりました。






このモリス・メモリアル・ホールは、モリスの娘メイがモリスの思い出のために建てたものです。
実際には、地元の貴族たちからの土地や石材の寄付によって建てられました。





英国・コッツウォルズより愛をこめて




一見、歴史的に古い建物のように見えるのですが、建てられたのは1934年と、
比較的新しい(英国としては)とのです。しかしながら英国の重要文化財建築に
指定されている建築物となっています。




英国・コッツウォルズより愛をこめて






建築様式は、モリスが愛して止まなかった中世の様式を取り入れ、新しさを感じさせない
とても美しい建物です。現在は、モリスの娘メイの希望通り、地元のコミュニティ・センターとして
使われています。時には結婚式が行われることもあるようです。




英国・コッツウォルズより愛をこめて




建物の内部も、古い様式にのっとったドアのデザインや設えになっています。




  英国・コッツウォルズより愛をこめて









窓に使われているカーテンは、もちろんモリスのデザインです。





英国・コッツウォルズより愛をこめて





このモリス・メモリアル・ホールで、英国の冬の風物詩のひとつである、
クラフト・フェアが催されるということを聞きましたので、行ってまいりました。




英国・コッツウォルズより愛をこめて




クラフト・フェアというのはその名のとおり、手作りの品を販売するイベントなのですが、
英国では毎年11月から12月にかけて、各地でこのようなクラフト・フェアが催されます。




英国・コッツウォルズより愛をこめて






こちらは地元のアーティストさんが自分の作品を展示しています。










英国・コッツウォルズより愛をこめて




では、この方は何を扱っているのでしょうか?




英国・コッツウォルズより愛をこめて







答えは、手作りの石けんでした。ラヴェンダーやはちみつ、シナモン、オレンジなど
いろいろな香りがあり、会場中にとても素敵な香りがただよっていました。




英国・コッツウォルズより愛をこめて




そして、こちらの方は‥‥?




英国・コッツウォルズより愛をこめて




手作りの木の器を中心としたアイテムを扱っていらっしゃいました。
さて、ここで問題です。





英国・コッツウォルズより愛をこめて




これは何に使うのでしょうか、おわかりになりますか?
ちょっとだけヒントを言うと、主にキッチンで使うものです。


英国・コッツウォルズより愛をこめて




そして、こちらは?これは英国在住の方、特にカントリー・サイドにお住まいの方にとっては簡単でしょう?
ですので、おわかりになっても答えは明日まで秘密にしておいてくださいね。ニコニコ




         英国・コッツウォルズより愛をこめて







そして、こちら。これはちょっと難しいですね~。


ヒント:赤ちゃんから大人になるときに関係あり、です。


余計にわかりにくいですか?




英国・コッツウォルズより愛をこめて




その他にも、こんな温かみのあるステンド・グラスのオーナメントもありました。




英国・コッツウォルズより愛をこめて


上に登場いたしました3つのアイテムの答えは明日発表します。
3つのアイテムといえば、3つのブログランキングに参加しておりますあせる(白々しいですね~にひひ)。


できましたらお帰り前に、応援の「ポチッ」をお願いできますでしょうか?
    ダウン          ダウン        ダウン        

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


ウイリアム・モリスのカーテン



世界中に根強いファンを持つウィリアム・モリスの生地を使ったセミオーダーカーテンをカーテンファブリックK.B.自由が丘さんが作ってくださいます。