Browsing Category

  アフタヌーンティー

  アフタヌーンティー

スミレのセットでティータイム

2015年3月9日

皆さま、大変ご無沙汰しております。


最近は気軽さから 
 facebook Facebook にばかり投稿しておりますので、

こちらには、本当に久々の投稿となってしまっております 


春らしいティータイムということで、ハマースレイのスミレの

セットで菫色のカップケーキをいただきました。




英国アンティークス




こちらのケーキがどこから来たものか‥‥


とっても素敵なところから来たのですよ 


それはまた明日のブログでお知らせしますね 



バラ゚・*:....:*・゚バラ*:....:*・゚バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ

もうすぐ、英国アンティークスのスプリングセールが始まります!
すべてのお品物がセール対象となりますので、お楽しみに!!

          

英国アンティークスのセール


英国アンティークス


ぼ毎日facebook フェイスブック の更新もしております。

ブログをご覧いいただいてる方は facebook フェイスブック  
お友達申請もお気軽にしてくださいね 

 
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 
人気ブログランキングへ
 blogram投票ボタン 


イギリス 英国 アンティーク

  アフタヌーンティー

セレブマダムとの初対面!

2014年6月5日


ご無沙汰しております‥‥ が、今日はセレブなマダムとの
初対面をやっと果たしましたので、これは記事にしなきゃ!
ということでこちらに書かせていただいております。



英国アンティークス





その方とは、アメブロを通じて数年のおつきあい、
約1時間半ほどの距離にいらっしゃるものの、
お互い日本と英国を行ったり来たり、そしてお互いの
家族の都合などもあり、なかなかお目にかかれませんでした。




英国アンティークス



ところが、私が急にロンドンに出かけることが前日に決まり
ご連絡をさせていただきましたら、会ってくださるというので、
いそいそと出かけてまいりました。



英国アンティークス




待ち合わせの場所は、まさにセレブなマダムにぴったりの

フォートナム&メイソン の「ザ・ダイアモンド・ジュビリー・ティーサロン」でした。




英国アンティークス




サロンの中は、ライブのピアノが流れるエレガントな空間です。




英国アンティークス




こんな素敵なアフタヌーンティーを楽しみました‥‥と言いたいところなのですが、


このマダムも私もお腹がいっぱいでしたので、


「ケーキセットを」


とオーダーすると、


「できない」


とのすげない返事。


ケーキセットには必ずセイヴォリーをセットにして頼まなければならない、
または上の写真のような大きなティーセットをオーダーしなければならない、
ということで、
言い方は良くないですが‥‥ 顧客単価が一定以上でないと、

このサロンを利用させないような条件になっていました。



もしそれができなければ、他に行ってくれとまで言われましたが、
在英期間の長いマダムはこれで引き下がることなく、


「私たちはこんなに大きいものはいらないのよ。じゃ、何だったらいいっていうのよ 



と返します(もちろん、マダムは英語でお話しているわけですので、上は私の意訳です:笑)。


などとやりとりしているうちに、聡明な彼女があることに気がつきました。


「じゃ、ワインとセイボリーではどうなのよっ 



「はい、そちらでしたら結構です」


ということで、私たちは店を追い出されることなく、そこでワインを傾けることになりました。



そしてマダムと私は昼間から、あのフォートナム&メイソンで飲み会をスタートすることとなったのです 




とはいえ、私たちは飲み食いを忘れてお話に没頭してしまったのでした。



ちなみに ユーモアあふれる知的なマダムとはこの方です。



ブログでは自虐的なジョークを飛ばしつつ、本質をついた記事を
書かれているこのマダムに
ずっと憧れていたのですが、
実際にお会いして
、よりファンになってしまいました 




マダム も私のことを 「飲み友達」 として認識してくださったようで 
次回は夫とともにご自宅にご招待します、とおっしゃってくださいました。


ブログを通じてこんな出会いが広がるなんて素敵ですね。


かおりさん 楽しい時間過ごさせていただきまして、本当にありがとうございました!


次回は、例の老後計画のお話の続きをさせてくださいね(笑)


バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ


英国アンティークス



ぼ毎日facebook フェイスブック の更新をしております。

ブログを見ていいただいてる方はfacebook フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 

 
一応、まだ下記のランキングにも参加しているみたいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 


イギリス 英国 アンティーク

  アフタヌーンティー

バースの素敵なティールーム ♪

2013年11月8日




一昨日 そして 昨日 とご紹介してまいりました、英国はコッツウォルズ地方の
バースの街並みですが、今日はそこにある「ローマンバス」の中にある
素敵なティールームをご紹介いたしましょう。




英国アンティークス





立派なエントランスです。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




入り口もとても可愛いのです。





英国アンティークス




中はこんな感じ。


結構人がいましたが、ラッキーなことに私たちは
いちばん奥のお席に着かせていただけました。





英国アンティークス



シャンデリアもゴージャスです。


話は少しそれますが、私は今年の夏、世界を何ヶ所か旅してきて、
英国のインテリアがいかに美しいかを再認識しました。





英国アンティークス




英国の人々は、こんな環境で生まれ育っていますので、
自然とインテリアに関する美意識が高くなるのでしょうね。




英国アンティークス





ティールームでは、お茶をいただきながら、
ヴァイオリン・チェロ・ピアノのアンサンブルが聞けました。





英国アンティークス




アフタヌーンティーといえば、やはりこのスリーティアーズでしょう、といいたいところなのですが、
如何せん量が多いものですから、ディナーの予定もあったこの日は、
簡単にスコーンとお飲み物だけの「クリームティー」にしました。


英国アンティークス



スコーンはこんな感じ。


プレーンとレーズンが英国のスタンダードです。


それに必ずクロテッドクリームとジャムをたっぷり。



英国・コッツウォルズより愛をこめて 



上の写真は、ローマンバスの入り口付近の美しい天井です。


明日は、バースの街でいただいたディナーをご紹介しますね。


また、明日も遊びに来てくださいね!

バラ*:...
.:*・゚バラ゚・*:....:*・゚
バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ

こんなラブリーなアイテムが入荷しております。


英国アンティークス


シェリー ワイルドフラワーズのセット

英国アンティークス


英国アンティークス 限定セール 開催中!!

ぼ毎日facebook フェイスブック の更新もしております。

ブログを見ていいただいてる方はfacebook フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 

 
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 


イギリス 英国 アンティーク

  アフタヌーンティー

英国カントリーサイドのカフェ

2013年10月19日


私が住むエリアにはロンドンほど日本人が住んでいる
わけではありませんので、その中でも親しくしていただいている
日本人のママ友の存在はありがたいものです



先日もそのママ友と情報交換という大義名分のもと(笑)、
地元のカフェでお茶をしてまいりました。


いや、でもこれ、本当に大事なんですよ。

なんと言っても情報量が圧倒的に少ないですからね。


英国アンティークス




私たちが座った席には、ユニオンジャック柄のごろんとした
ティーポットにナイフ&フォークが刺さっていました。




英国アンティークス





オーダーしたカフェラテには、カフェアートとも言えないくらいの(笑)、
そして意図してかせずかわからないくらいのハートマークが






英国アンティークス




そして、こちらは英国の人が大好きなティーケーキ。


今では私も大好きです。




英国アンティークス





お店は英国カントリーの雰囲気が出ていて、地元でも人気のあるお店です。




英国アンティークス



このパンはあくまでもディスプレイ用、食べられません(笑)。



英国アンティークス



フォーカルポイントとなるべく、ユニオンジャックアイテムがあちらこちらにチラリと。




英国アンティークス




ママ友の情報交換は私たちでなく、この店のあちらこちらで見られました~。


以下の関連話題もあわせてどうぞ。

英国のパブランチ ご飯
英国 カントリーサイドのパブの店内 ソファー
カントリーサイドのアフタヌーンティー 
英国 カントリーサイドのパブ ビール
コッツウォルズのパブランチ 


バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ*:....:*・゚バラ゚・*:... ang="EN-GB">.:*・゚バラ

こんなラブリーなアイテムが入荷しております。

英国アンティークス


ハマースレイ カフェボウル風のトリオ

英国アンティークス


ぼ毎日facebook フェイスブック の更新もしております。

ブログを見ていいただいてる方はfacebook フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 

 
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 




イギリス 英国 アンティーク

  アフタヌーンティー

ユニークなレストランのアフタヌーンティー

2013年10月8日



私の家から程近いところにある、ユニークなレストランにアフタヌーンティーに行ってまいりました。



英国アンティークス`



こちらのレストランはホテルも兼用しているのですが、
上のダブルデッカーバス ダブルデッカー が、ホテルの受付になっています 
ホテルはすぐ近所の建物になります。



この日は、英国では先月に封切られている映画「ダイアナ」を見た帰りに
お茶をしましょうということで向かったのがこのレストランです。

ちなみに ダイアナ」はこんな映画でした よ。

ネタはバラしていませんので(笑)、安心してくださいね。



英国アンティークス




英国のアフタヌーンティーと言えば、やはりスコーンですよね。




英国アンティークス






先日のアフタヌーンティー のように、正式とまでは言えずとも、
ちゃんとしたアフタヌーンティーをオーダーしてもよかったのですが、
なんといっても量が多すぎるので、今回はお友達は「クリームティー」を、
そして私はサンドイッチをオーダーして、二人でそれをシェアすることにしました



ちなみにクリームティーとは、スコーンとお茶だけのセットとなります 





script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=2360859-1381217523-237-319



サンドイッチを前にうれしそうな私。
モデルと写真のクォリティが悪いので(スマホでしたので)、
少しでもマシに見えるようにデコってみました~



一応笑ってはいますが、心の中ではこの大きなサンドイッチをどうしましょう~

と思っていたのですよ ^^


結局、サンドイッチもスコーンも終えることができず撃沈‥‥ 



お茶の後は、レストランが経営するファームショップへ





英国アンティークス





ファームで取れたお野菜がかわいらしくディスプレイされています。




英国アンティークス



そしてはずせないのは、スイーツですねイチゴケーキ



英国アンティークス





英国らしいケーキが並びます。





英国アンティークス





お子さまむけのクッキーや‥‥





class="detailOn" href="http://ameblo.jp/eikokuantiques/image-11630836354-12709260146.html">英国アンティークス





人気のバタフライケーキもありました~ケーキ01





英国アンティークス





ユニークなところでは、バーベキュー用のチョコレートフォンデューもありました。

バーベキューが終わった後の網の上に載せて使うようです。






英国アンティークス




カラフルなポップコーンもありましたので、こちらはお持ち帰り~






英国アンティークス




あとは、自家製ハムやサラミ‥‥




英国アンティークス




オリーブやチーズもありました。




英国アンティークス


 そして、もちろんパンも トースト


明日はこのレストランのもうちょっとまともな
お食事とユニークなところをご紹介しますね~


それでは、また明日 

こちらの続きは、下からご覧いただけます。


ユニークなレストランのランチ【1】 
ユニークなレストランのランチ【2】 


ぼ毎日facebook フェイスブック の更新もしております。

ブログを見ていいただいてる方はfacebook フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 

 
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)
よろしければ、下のバナーをクリックしていってくださればうれしいですラブラブ

  アフタヌーンティー

フレンチカフェでアフタヌーンティー ♪

2013年10月4日




ロンドンにお住いの この方 から


「アフタヌーンティーしませんかぁ?」


と誘われて、行ってまいりました~。



 この方 は普段健康的な食べ物の取り方なんかを
おしえていらっしゃるので、豆乳カフェ(そんなものあるのかは?)
なんかのヘルシーなカフェかと思いきや、そうではなく
可愛いフレンチカフェでのお茶会でした~
フランス



英国アンティークス




外観はこんな感じ。


入り口付近には、焼きたてのパンやケーキがディスプレイされており、
早めに到着した私は、お茶の前に思わずパンを買ってしまいました~




で、肝心のアフタヌーンティーはこんな感じ




英国アンティークス




英国式はよく スリーティアーズ のプレートでサンドイッチやスイーツが
出されるのですが、ここは 
フランス フレンチカフェ、ちょっと違っていましたね~



いちばん下の段から、サンドイッチ類
かっぱサンド、真ん中が
フランス焼き菓子
cookie*、そしていちばん上がケーキ類でしたケーキ01



実はアフタヌーンティーって、タイミングがむずかしいんですよね。




というのは、ランチをとってしまうと、これだけの量は
お腹に収まらないのは、ご想像に難くないと思います。




ということで、ランチ抜きで出かけることが多いのですが、
これらのスイーツが出される頃にはお腹がぺこぺこ‥‥


ですので、写真もそこそこ、そこに集まった
ガールズたちはサンドイッチをパクつきました~(笑)。


なんで、写真のクォリティが悪くてすみません




英国アンティークス




食器は英国製のロイヤルアルバート。シャビーシックでかわいい~ 

今回、集まったかはロンドンを中心に、遠く コヴェントリー からも来られていました。


いえ、私も遠いほうなんですけどね


今回のガールズはこんな人たちでした~



素敵な写真をブログにあげていらっしゃる
My London Life の Hiromi さん

日本食ケータリングとレストランオープンを予定されていらっしゃる
 
ななねーさん的英国生活withらんにーちゃん

最近、シンガポールからロンドンに移ってこられたMarikoさん
カラダをのばすとココロがゆるむ~UK ロンドンでヨガをしながら考えた

その他、素敵な女性4名がいらっしゃいました~。




英国アンティークス




時間がたつのも忘れてガールズトーク炸裂(爆)



こちらのカフェ、お茶やコーヒーに限らず、好きなお飲み物を
好きなだけいただけるのもうれしいですね。



サンドイッチから焼き菓子は良かったのですが、
その後のケーキをいただくころには、お腹がいっぱい




英国アンティークス



最後にダメ押しで(笑)、チョコレートムースが出たのですが、
私は手をつけられませんでした~。今だったら食べられるのに残念~





上に最後と書きましたが、実はこの後、アフタヌーンティーと言えば
忘れてはいけないスコーンもあったんですよね。


お腹がいっぱいでしたのですっかり忘れていました。


ということで、スコーンはお持ち帰り 



今日の私のおやつになります 



英国アンティークス




行きはよいよい、帰りはこわい~♪


ではありませんが、私の場合、ロンドンに出向くと
帰りの車の渋滞が大変なことになるのです~ 



でも、リッチモンドの美しい住宅街を眺めたり‥‥



英国アンティークス




公園を横目で眺めつつ‥‥



英国アンティークス



秋を感じる街路樹を見ながら、の~んびりと帰ってまいりました。



「また会おうね~」


ということでしたので、次回も楽しみです 



さて、次回はランチデートと題しまして、お洒落なレストランをご紹介しますよ。
また次回も遊びにきてくださいね。




以下は、英国のアフタヌーンティーに関する記事です。併せてお読みくださいね


お城 貴族の館でアフタヌーンティ

 カントリーサイドのアフタヌーンティー

 アフタヌーンティーにかかせないもの

  超ゴージャスなアフタヌーンティー


ぼ毎日facebook フェイスブック の更新もしております。

ブログを見ていいただいてる方はfacebook フェイスブック のお友達申請もお気軽にしてくださいね 


 
一応、まだ下記のランキングにも参加しているらしいです(笑)

  アフタヌーンティー

カントリーサイドのアフタヌーンティー

2011年4月21日





前回は 英国のカントリーサイドの可愛らしい概観のパブ
をご紹介いたしました。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






パブとお聞きになるとお酒をいただくところ、というイメージが強いかも

しれませんが、ロンドンの市中のパブとは違い、カントリーサイドのパブは

もっとファミリー向けの要素が強いのです。



パブは「パブリック・ハウス」の略であり、直訳すると「公共の宿」という

名のとおり、誰もが利用することのできる場所のイメージが強いですね。



そしてその歴史を遡ると紀元前に始まりをみることができるといわれています。

さすが歴史と伝統の国、英国だと思いませんか?





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan




また英国の多くのパブは宿泊施設を備えたところも多いのです。

上の写真は、そんなパブの宿泊施設となります。



こちらは比較的規模が大きいのですが、パブの2階部分が宿泊

施設になっているところも多く見かけます。



英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






こちらは別の角度から見たところです。

自然に囲まれてのんびり過ごせそうな雰囲気ですね。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






ガーデンにはこんな案内表示がありました。



そしてそんなパブのガーデンでアフタヌーンティーをいただきました。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






こちらでは清潔なイメージの真っ白なティーセットでお茶がサーヴされました。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






そしてこちらのホームメイドのケーキです。

この日は、キャロットケーキとコーヒー風味のケーキでした。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






上のケーキプレートにフォークが添えられていない

ことにお気付きになりましたでしょうか?





これが英国流、こちらではケーキにはフォークがありません。



でもやっぱりちょっと不便ですね。私はやっぱりフォークがほしいです(笑)。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Old Swan






こちらのガーデンには大きなチェスセットがおいてありました。



高さは約60cmくらいあります。



冒頭でお話したいたしましたように、英国のカントリーサイドの

パブは公共的な雰囲気がありますので、このようなチェスがおいて

あったり、ちょっとした公園並みにお子さん用の遊戯具がおいてあったりします。



さて、次回はこちらのパブの内装をご覧いただきましょうね。



続きは コチラからどうぞ☆




パブの中をのぞいて見たいとおっしゃってくださいます

ご親切な方は下の3つのバナークリックで

このブログの応援をしていただけましたらとってもうれしいです。



いつもありがとうございます!



にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ








英国アンティークス
では、少しでも被災地のお役に立てていただく

べく、現在、全利益を義援金として寄付させていただいております。



皆さまも左の赤十字のバナークリックまたは、当店でお買い物を

していただくことによりご寄付をしていただくことができます。



何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。


  アフタヌーンティー

ロンドンのカフェであの方とお茶をしました

2010年4月10日


先日、ロンドンにお住まいのとてもエレガントな 「あの方」
とポッシュなカフェでお茶をしてまいりました。



こちらが「あの方」
です!



script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=1880280-1270772644-337-253





ごめんなさい!写真をお出しすることはできないのですが、この方

アメブロでとても素敵なブログを書いていらっしゃいます。





紅茶に対する深い思い入れと知識、そしてマナーに関してとても詳しくていらっしゃって、

それを体現されていらっしゃる上、お美しくスタイルも抜群でいらっしゃいますので、

ぜひ皆さまにもご覧いただきたかったです~。





お茶をしてきた場所はこちらになります。ロンドンのリッツ・ホテルのすぐお隣の

「ウォルズリー(The Wolsley)」
というポッシュなカフェ・レストランになります。





英国アンティークス・オフィシャルブログ








表はこんな感じ。仰々しい(笑)入り口です。それだけにお店の中に対する期待感は高まります。





英国アンティークス・オフィシャルブログ






こちらの場所は、1921年にそもそもは高級自動車(当時の自動車はすべて高級だったと

想像はしますが)のショールームでした。



しかし車の販売が芳しくなく、その会社Wosley Mortorsは倒産してしまいます。

その後すぐ銀行となってしまいます。



そしてその銀行も時代でしょうね、カウンターは日本の漆塗りをイメージした設計を

ほどこされるというこだわりようでした。



その後、2003年に現在のカフェ・レストランとしてオープンしました。




英国アンティークス・オフィシャルブログ




当時の写真が残ってますが、外観は今とまったく変わりません。それもそのはず、

この建物は「重要文化財」として保護されているため、変えることができないのです。



そして内装のシャンデリアにもご注目ください。車のショールーム時代のシャンデリアをそのまま使っていますね。




英国アンティークス・オフィシャルブログ





このあたりが英国の大都会ロンドンとも言えど、何百年もの間、顔を変えずに存在している所以ですね。




英国アンティークス・オフィシャルブログ





こちらのお店では上のようなグッズの通信販売もしています。



さて、お茶の話になりますが、私たちは二人ともお店の「オリジナル・ブレンド・ティー」と

「グリルド・チキン、ベーコンとアボカド」のサンドイッチをお願いしました。



サンドイッチといってもパニーニのようなカリッとしたパンに薄いチキン、ベーコン、たっぷりレタス、

そしてまろやかな風味のアボカドが入っていてとてもおいしくいただけました。



私の撮った写真がよくないので、コチラ
からご覧になってください。



オリジナル・ブレンドの紅茶もとてもおいしくいただけました‥‥のですが、私達は(私だけ?)お話に夢中になり、

2杯目以降の紅茶は冷めたものをいただく羽目になってしまいました。あせるellena 様
、ごめんなさい。



本当はもっとゆっくりとお話がしたかったのですが、お店の予約で確保できる時間が過ぎてしまい、

お店の人に追い立てられるように、そこを後にした私達でした‥‥。



ellena 様
からとてもおいしいお茶とトレゴスナン(ここについてellena 様
が記事を書かれています。

コチラ
からご覧になってください)のビスケットを頂戴いたしました。



お茶はエレガントなジャスミンの香りのお上品なお茶で、ビスケットは英国で唯一お茶を栽培している、

トレゴスナン茶園のビスケットというとてもレアなお品で、さすがにお茶に造詣の深いellena 様

お選びになっただけあって、両方ともとても美味しくいただくことができました。本当にありがとうございました!





英国アンティークス・オフィシャルブログ




せっかくロンドンに行ったのだからと、いろいろと回ってまいりました。明日もまたロンドンの話題、

それも前回ご好評いただきました「あの食べ物」についてお話したいと思います。それでは、また明日!!





さて、今日もコッツウォルズのアンティーク屋さんdrawerさん
のランキング・アップの応援の時間ですよ。



drawerさん
は現在ランキングUPキャンペーンを行っています。、皆でdrawerさん

ランキング1位に押し上げて、プレゼントプレゼントをゲットしよう!。


もちろん、私の方の「ポチッ」も大歓迎ですョラブラブ

ダウン          ダウン         ダウン  

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

Download_logo最近、ツイッターはじめました。

ブログに書いていないようなことを書いていますので、よかったらフォロー
してみてくださいね。ハート





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ








リモージュのカップ&ソーサー


リモージュがNYの商社より特別注文をを受け作ったお品になります。

ユニークなカップとハンドルの形、そして豪華な金彩が印象的です。









Copyright (C) 2015 Eikoku Antiques. All Rights Reserved.

Back to top