Monthly Archives

1月 2010

■ 英国アンティークス

英国の美しいアンティーク・ショップ

2010年1月31日




英国アンティークス・オフィシャルブログ


 アップ  アップ  アップ

よろしければパワーアップした

「英国アンティークス・オフィシャルブログ」

で今日の記事をお楽しみくださいませ。



 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o


さて、昨日は下の写真が何に使われていたかとういうクイズを出しました。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





「なにかを搾るものですきか?」





というコメントが多かったのですが、それについては「正解です!」と申し上げましょう。





では、何を搾る道具だったのかというと‥‥、





それは「オリーブの実」を絞って、オリーブ・オイルを作るための道具だったそうです。「だった」と言ってしまっていますが、もちろん今も使うことはできるのですよ。





おかげさまで先日オープンさせました、オンラインのアンティークショップ英国アンティークス
にも、多くの方が訪れてくださって、いくつかのご質問も頂戴しております。





「アンティークのお品は使ってもいいのでしょうか?」





というような内容がいちばん多いのですが、答えは、





「 YES & NO 」





といったところでしょうか。



私のショップ
では、いまのところ陶磁器、それも食器が多いのですが、食器ですので当然お使いいただくことができます。そういった意味では「YES」なんですね。





しかしながら、たとえば金彩やエナメルなどの繊細な加工が表面にされている場合、毎日レベルでお使いになりますと、徐々に剥がれてしまって、数年のうちにもとの金彩などの輝きが見られなくなってしまいます。そういった意味におきましては、お使いいただくことをあまりおすすめできないものもあるということなんです。





英国アンティークス
にて紹介しております、アイテムの多くに「キャビネット・カップ」や「キャビネット・プレート」というものがございまして、 これらのお品は現在アンティークになるまでに100-200年もの間、キャビネット、つまり飾り棚などに飾られてきただけの利用のされ方しかしていないお品になります。それで何百年経った今も美しさを保っているということがいえると思います。





ですので、このようなお品は「特別なとき」だけにお使いになることをおすすめいたします。





さて、今日も昨日に引き続き美しいアンティーク・ショップをご紹介いたしましょう。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




いきなり、和風な壷が登場いたしましたが、こちら英国では、昔から日本の陶磁器が輸入されて人気があります。





英国の方は、純英国風の邸宅に和風なアイテムをさりげなく取り入れられるのがお上手ですね。ですので、逆に純和風の邸宅にもうまく英国やヨーロッパのテイストを取り入れることもできると思います。





昔だけでなく、今もまた日本食やゲームなどの違った意味での、ジャパンブームがおきています。日本人は魚をよく食べる、だからその魚を食べている日本人女性は美しいとのまことしやかなうわさもよく聞かれます。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




こんどはガラッとかわって、典型的な英国アンティークの家具です。もっとコーナーを見てまいりましょう。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






大理石の天板のテーブル、ランプ、ミラー、テーブルの上に置かれた洋書、どれをとっても英国調です。



英国調というのはどんなものかということは、次のフランスの家具を見ていただければ違いがおわかりになると思います。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





いかがでしょうか?



フランスの家具は、ネコ脚と呼ばれるカーブを描いた脚や表面のカーブ、そして上部のデコラティヴな飾りが見えますように、全体的に女性的、それと比較して、英国家具はエレガントでありながら重厚でどちらかというと男性的な雰囲気が特徴です。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ







とはいえ、すべての英国家具や製品が男性的なわけではありません。上の写真のランプやグラスは女性的と言ってもいいでしょう。






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




こんな英国家具でお部屋を飾ってみたいと思いませんか?すべては無理でも、たとえばランプだけなどの、パーツだけでもを取り入れればとても素敵なお部屋になりますよ。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





さて、今日もクイズを出したいと思います。下の写真をご覧になってください。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




この道具はなにをするためものでしょうか?



ヒント:家事をするときに使う道具、です。



答えはまた明日。明日もお会いいたしましょう!



どうぞ 英国アンティークス
にもお立ち寄りくださいませ。少しずつアイテムを増やして行っておりますので、お好みのものが見つかるかどうかチェックしていてくださいね。ドキドキ



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-英国アンティークス・ショップ

ショップの入り口は上のバナー、またはコチラ
からどうぞ。





徐々に落ちてきてるかも?もう少しの間、こちらのブログの応援もよろしくお願いいたします。ニコニコ

    ダウン           ダウン          ダウン        

??????? ??????? ???????
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
blogram?????



関連記事
やじるし ロイヤルー・ウースター マッピン・アンド・ウエッブ


やじるし グローヴナー・ハウス・ホテル アンティークフェア


やじるし 英国のガーデニングセンター・秋の装い(6)



??·??????????????




オールド・ノリタケ デミカップ(ペア)

バレンタインには、こんなロマンティックなカップでコーヒーはいかがでしょうか。ノリタケのアンティーク約100年前のカップです。

■ ミニブログ♪

【ご報告】コメントのお返しについて

2010年1月30日

これは今日のミニブログ♪です。メイン記事はコチラ


からどうぞ。





1月26日に開店させていただきました、オンラインのアンティーク・ショップ英国アンティークス
開店時にはたくさんのお祝いのコメントを頂戴いたしましてありがとうございました!皆さまの温かいお言葉を本当にうれしく受け止めております。





頂戴いたしましたコメントすべてにお返事をさせていただきましたのでよろしければご確認くださいませ。





コメントのお返事はこのブログこのページ
このページ

そして新「英国アンティークス・オフィシャルブログ
」の

このページ
このページ
になります。

(↑ややこしくてすみません)





皆さま、お祝いのコメントを本当にありがとうございました!



すべてにお返事させていただいたつもりですが、もし「まだ返事もらってないよ」とおっしゃる方は、ご連絡をください。必ず、お返事させていただきます。





アメブロさんのコメント欄、もう少しわかりやすくしていただけたらうれしいんですが‥‥コメントに「返信済」、とか出るようにしていただけたら非常に助かりますが、いかがでしょう。





お店のオープン、ブログの更新、そして不慣れな発送作業など、ひととおりの流れがわかってまいりました。





早速、いつもこのブログを訪れてくださっている、英国在住の紅茶やマナーに造詣が深い、とっても素敵な方にもご縁を持っていただき、お品が届いたというご丁寧なご連絡も頂戴いたしました。本当にありがとうございました。





日本にお住まいの方におかれましては、到着に約1週間ほどかかりますのでいましばらくお待ちくださいませ。





ご親切にもひかちんさん
「英国の魅力って?」
というテーマで私のブログのことをご紹介してくださっています。また、オンラインショップ 英国アンティークス
のことまで、宣伝してくださっています。



ひかちんさん
、大感激です!本当にありがとうございました!



さて、英国アンティークス
では、いろいろなものを揃えて皆様のおこしをお待ちしております。ドキドキ



ご自身のアンティークのコレクションはもちろん、贈り物としてもいかがでしょうか?



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-英国アンティークス・ショップ



ショップの入り口は上のバナー、またはコチラ
からどうぞ。



徐々に落ちてきてるかも?もう少しの間、こちらのブログの応援もよろしくお願いいたします。ニコニコ

    ダウン           ダウン          ダウン        

??????? ??????? ???????
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
blogram?????


関連記事
やじるし 愛すべきムダのある国


やじるし コッツウォルズの素敵な場所(1)

■ 英国アンティークス

ムダが大好きな英国の人々

2010年1月30日

英国アンティークス・オフィシャルブログ


 アップ  アップ  アップ

よろしければパワーアップした

「英国アンティークス・オフィシャルブログ」

で今日の記事をお楽しみくださいませ。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o


昨日は下の写真の椅子が、何に使われるための椅子かというお話で終わりました。



ちょっと、難しかったですか?ヒントを差し上げればよかったですね。



では、いま差し上げます。音譜



「真ん中に十字架があります、それに関係ありです。」



これがヒントです。





さぁ、少し考えてから下の答えに進んでくださいね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





さて答えですが、これは「お祈り用」の椅子でした。1870年製です。



椅子をみると腰をかけるもののように見えますが、通常腰掛ける部分にひざまずき、背もたれに見える部分のいちばん上の緑色の布地のところに肘をついて祈りを捧げます。



あまり実用的ではないアイテムも英国のアンティーク・ショップにはたくさんあります。



たとえば、こんなもの。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ



英国の有名百貨店「リバティ」
のサイン(看板)です。



レトロな雰囲気はありますが、お買い上げになりますか?



そしてこちら。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





船の舵ですね~。やっぱり一家に一台(?)必要でしょう? にひひ






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




そしてこちらが実用的ともそうでないとも言えるものです。



「鍵」です。





皆さまの首を横にしていただいたほうが、わかりやすいかと思いますが、ドアにつける錠前ですね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





そしてこちらはお酒の樽です。これは実用的かどうかは、人によりますね。ビールやブランデー、ラム酒などを入れておけばなくなるまで飲み放題(当たり前?)!







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





そしてこちらはベルですが、鉄をぐるぐると巻いてあります。昔の人はこだわってますね。



遊び心や芸術は、時には合理化と相反する時がありますよね。英国をはじめ、ヨーロッパの多くの国では、まだまだこんな遊び心がたくさん見られます。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






こちらはドール・ハウス。年季が入ってます。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





そしてテディくんもアンティークの椅子の上に腰掛けています。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





これも実用的とは言えませんが、とってもラブリーなエンジェルです。そのエンジェルのすぐ左にあるのは、クロス・スティッチの刺繍の額です。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




それでは今日のクイズです!



上の道具はなにをするものでしょうか?



ヒント:お食事の準備に使うものに関係あり、です。



答えはまた明日。明日もお会いいたしましょう!



英国アンティークス
ではもっと実用的なものを揃えて皆様のおこしをお待ちしております。ドキドキ



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-英国アンティークス・ショップ

ショップの入り口は上のバナー、またはコチラ
からどうぞ。





徐々に落ちてきてるかも?もう少しの間、こちらのブログの応援もよろしくお願いいたします。ニコニコ

    ダウン           ダウン          ダウン        

??????? ??????? ???????
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
blogram?????



関連記事
やじるし 愛すべきムダのある国


やじるし コッツウォルズの素敵な場所(1)

■ ミニブログ♪

あのセレブに紹介していただきました!

2010年1月29日

おはようございます!こちらは私のミニブログ♪です。

(今日のメイン記事はコチラ
からどうぞ。)


いつも私のブログをご訪問くださってらっしゃる方の中には、セレブリティな方もいらっしゃるのですよ。エヘン。(←君が有名人なわけじゃないだろって突っ込んでいただいて結構ですよ。^^)



そのセレブというのは、世界を舞台に活躍していらっしゃるピアニストの長富彩さん
です。



あ~やちゃん
(ニックネームです)は本当に頑張りやさんで、ブログを拝見しているといつもストイックなくらい音楽を追求されているのがよくわかります。



彼女
は頑張りやさんなだけでなく、とってもかわいい女性なんですよ。それにお料理やお菓子作りの腕前もプロ級(写真
で見る限りですが‥‥)でもきっと本当においしいと思いますよ。なぜならば、ひとつのことを追及できる人は他のことをしても追求するという姿勢が身についているのでなんでも器用にこなしてしまう傾向にあると私は思っているからです。



そんなスーパー・レイディあ~やちゃん
をご覧になりたい方は、ご自身の目でコチラ
からご確認くださいね。ドキドキ



そんな超一流な方が、私のブログを毎日読んで下さっているなんてちょっと気恥ずかしくなってしまうのですが、その長富彩さん
が、ご自分のブログで私のことや新しくオープンしたショップのことなどをこんなふうに
紹介してくださっています。



「miaさんなら信頼できるので‥‥」と書いていただいておりますので、その信頼を裏切らないように、これからも皆さまと接していきたいと存じますのでどうぞ末永くよろしくお願いいたします。



さて、ショップにはまた新しいこんなラブリーなアイテムを登録いたしました。






上の写真をクリックするかコチラ
から詳細をご覧になれます。





こちらのブログの応援も今しばらくお願いいたします。

いつもありがとうございます。ラブラブ

   ダウン           ダウン          ダウン        

??????? ??????? ???????
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
blogram?????



??·??????????????



ハマースレイ ドレスデン・スプレイのプレート




こちらもハマースレイです。ちょっと珍しい正方形のプレートです。


■ 英国アンティークス

世にも美しいショップを紹介します。

2010年1月29日

英国アンティークス・オフィシャルブログ





よろしければ「英国アンティークス・オフィシャルブログ」
で今日の記事をお楽しみくださいませ。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o



1月26日に私は、「英国アンティークス・オンラインショップ」


を開店させましたが、それというのも英国に移住して以来、古いもの‥‥いわゆるアンティークにふれる機会が多く、自分の周りにそんな美しいものを置いてみたい、というのが始まりでした。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-英国アンティークス・ショップ



ショップの入り口は上のバナーからどうぞ。




趣味が高じて、ショップ
をオープンするにいたったわけですが、今日ご紹介いたしますのは、私がよく訪れるアンティーク・ショップのひとつです。



さっそく見てまいりましょう!




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





お店はとても広いので、写真一枚に収めることができません。



アンティークのテーブルに椅子、そして食器をディスプレイしてあります。左上に見えているランプをアップにしてみると‥‥





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





こんな感じ。グラスの色と細工の技がおわかりになりますでしょうか?お部屋にこんなランプがあるだけで雰囲気はぐっと英国マナーハウス調になるでしょうね‥‥うっとり。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





こちらは1780年のデルフトのプレートです。



英国ではアンティークの品は古ければ古いほどよい、とされる傾向にありますので、このプレートもそれなりのお値段がついていました(ここだけの話、約6万円でした)。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





アンティークの椅子は本当に色んな種類があります。順にいくつかお見せいたしましょうね。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






上の椅子は、高さ60cmくらいの可愛らしい椅子なんですよ。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





こちらは荘厳さとエレガントさを兼ね備えた椅子ですね。絵画が鎮座していますね。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




こちらはソファーです。縁には金が塗られていてとても豪華なアイテムですね。



もし、こんな椅子やソファー、または家具などを日本に輸入したいとお考えの方、輸入のお手伝いもさせていただきます。ご希望がございましたら、私までメッセージを送ってくださいね。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





さて、こちら。



これを今日のクイズにしたいと思います。



この椅子、妙に低いとおもいませんか?これはある目的のために作られた椅子だからです。



さぁ、ここで問題です。



この椅子は何をするための椅子でしょうか?



答えは明日。また明日お会いしましょう!


【お知らせ】



本日アイテムを追加いたしました。



とってもかわいいハマースレイのプレートです。

ぜひ英国アンティークスにお立ち寄りくださいませ。






            (詳細は画像をクリック!)


昨日は4位でした。今日はどうかな?

応援をよろしくお願いいたします。ニコニコ

    ダウン           ダウン          ダウン        

??????? ??????? ???????
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
blogram?????



??·??????????????




シックでエレガントなパラゴン トリオ



モダンなテイストのパラゴンのトリオ(カップ&ソーサーとプレートのセット)です。


■ 英国アンティークス

もう一日だけよろしいでしょうか?

2010年1月27日



昨日、ひっそりと私のアンティークのオンラインショップを開店させました。



そこで、英国情報を楽しみにしていらっしゃる読者さまには申し訳ないのですが、もう一日だけショップの宣伝をさせていただいてよろしいでしょうか?



ショップの名前は 「英国アンティークス」
と申します。



下のバナーがショップの入り口となっておりますので、ウィンドウショッピングだけでも、お気軽にお楽しみくださいませ。






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-英国アンティークス・ショップ





昨日ショップを開店させていただきまして、ありがたいことにさっそくご注文をいただいております。ご注文を頂戴いたしましたお客様にはこの場をお借りいたしまして、あらためてお礼申し上げます。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


 (写真をクリックされますと、商品の詳細をご覧になれます)





以前、このブログで記事にいたしましたスージー・クーパーもショップに並んでおります。女性にとても人気のある作品ですので、奥様やガールフレンドへの贈り物としても最適ですね。恋の矢





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






またこんなゴージャスなカップも取り揃えてございます。このあたりになってくると、まさに芸術品の域に達しております。眩いほどの金彩がほどこされているのがご確認いただけると思います。


なかなかこのようなカップには手が届かない、とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、ショップでは現在のところ5,000円からお品を取り揃えてございますので、お気軽にお立ち寄りくださいませ。





また、ありがたいことに


「ブログでお店を紹介していいですか?」


という涙が出そうになるくらいうれしいお申し出も頂戴しております。


答えは、


「もちろん喜んで!お願いいたします」


です。


ちなみにショップの名前は 「英国アンティークス」


URLは http://eikokuantiques.com/
となっております。




よろしければ下記のバナーもお使いくださいませ。


美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




また、昨日は開店のお祝いのコメントをたくさん頂戴いたしましてありがとうございました!




順次お返事させていただきますので、いましばらくお待ちいただけますようお願いいたします。




それではこれからも 「英国アンティークス」
とこちらのブログもご愛読ほどよろしくお願いいたします。



ご祝儀クリック大歓迎です! どうぞよろしくお願いいたします。ニコニコ

    ダウン           ダウン          ダウン        

??????? ??????? ???????
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
blogram?????



関連記事
やじるし シェリー ワイルド・フラワーズのトリオ


やじるし とっておき、スポードのトリオ

■ 英国アンティークス

【お知らせ】大安吉日、何が起こる?

2010年1月26日

今日1月26日は、大安だということです。


英国で暮らしていると、大安だの友引だのはおろか、平成では何年だったかも忘れてしまいそうになるのですが、今日はあえて大安の話をさせていただいています。





と、申しますのは‥‥、



本日、私のオンライン・アンティークショップを開店させていただいたからですクラッカー










お店の名前は、あまりにもひねりがないのですがあせる





「英国アンティークス」
と申します。





ひねりはないものの、覚えていただきやすいのではないでしょうか。










お店の入り口は、コチラ
から。または下のバナーをクリックしてください。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-英国アンティークス・ショップ



この1ヶ月ほど、店の開店準備で忙しかったのですが、やっと皆さまに見ていただけるよう体裁が整えましたので、開店させていただきました。





趣味が高じて、アンティークの品々が私の手元に集まること数百点。もうこれ以上、増やせないところまできておりました。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





そこで日本にお住まいの皆さまにも英国をはじめとするヨーロピアン・アンティークの良さをわかっていただきたいと思いまして、ショップを始めることにいたしました。





ショップにはまだ商品数があまり多くはないのですが、アンティークおよびヴィンテージ・カップを中心としたコレクタヴル・アイテムをそろえております。



たとえば、こんな商品がございます。








(写真をクリックされますと、商品の詳細をご覧になれます)



上のカップ&ソーサーは英国を代表する、陶磁器メーカーの作品で「ミントン」のものです。





製造年は1793年から1799年のものと思われます。なんと216年前のものですね。その作品が、縁あって私の手元にまいりました。コンディションはとても美しく、200年も経っているとは思えません。








(写真をクリックされますと、商品の詳細をご覧になれます)




こちらはシェリーの落ち着いたお色味のダーク・レッドと金彩が豪華なカップ&ソーサーです。








(写真をクリックされますと、商品の詳細をご覧になれます)


そして、こんな銀のスプーンもご用意させていただきました。





このスプーンは「スターリング・シルバー」と呼ばれる、銀の純度92.5%のお品です。スターリング・シルバーは純銀とされているのですが、100%純銀製ではありません。銀はやわらかい金属ですので、100%の純度では実用に向かないため、銅を少し混ぜることによって硬度を高めるのです。











スターリング・シルバーと呼ばれるものは銀の純度が92.5%より多くても少なくてもいけないという規定があります。



こんなスプーンから英国のアンティーク製品を生活の中に取り入れてみませんか?





「でも、銀製品はお手入れが大変じゃないの?」





とおっしゃるかもしれません。





それにはご心配におよびません。銀製品は、ふつうに使って洗って拭いてしまっている限り‥‥つまり、ごく普通の食器と同じように扱っている限り変色したりはしません。





ですので大切に引き出しの中にしまわれておくよりも、ふだん使いをおすすめいたします。





その他にも紹介したいアイテムはたくさんあるのですが、それはまたの機会にいたしましょう。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-英国アンティークス・ショップ





これから、どんどん新製品(と申しましてもアンティークですが)を掲載してまいりたいと思っておりますので、 どうぞ

「英国アンティークス」
をよろしくお願いいたします。


ご祝儀クリック大歓迎です! どうぞよろしくお願いいたします。ニコニコ

    ダウン           ダウン          ダウン        

??????? ??????? ???????
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
blogram?????



関連記事
やじるし シェリー ワイルド・フラワーズのトリオ


やじるし とっておき、スポードのトリオ

■ 英国アンティークス

雑誌に掲載されました!

2010年1月26日

今日は英国はコッツウォルズでアンティーク屋さんを営んでる私の友人のお話です。



はい、雑誌に掲載されたのは、私の友人のことです。私のことではありません、あしからず‥‥。



その友人のこと、私のブログを訪れてくださっている方ならご存知の方が多いのではないでしょうか?



Drawer
」さんというとっても素敵なアンティーク・ショップで、以前私のブログでも記事にしたことがあります。


ところでアンティークというと皆さまはどんなものを思い浮かべられるでしょうか?





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





家具、陶器、絵画それともジュエリーでしょうか?





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





英国では多くのアンティーク・フェアが開催されていて私もよく出かけるのですが、そんな場所ではお宝を見ることができるので、とてもいい目の保養になります。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





家具であれ、絵画であれ、または音楽であれ、美しいものと触れ合うということは、感性が磨かれるのと同時に、気持ちを豊かにしてくれますね。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





ご承知のとおり、私自身アンティークのカップをはじめ、シルバー製品やジュエリーなどたくさんコレクションしてまいりましたが、このコレクションの熱病というものはとどまるところを知りません。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






アンティークというとどちらかと日常からかけ離れた、ゴージャスで特別なものというイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。





でも、私の友人Drawerさん
のところで扱っている品は、そんな概念を覆してくれるような、見ているだけで楽しくなるようなアイテムのオンパレードなのです!





少しだけお店の中をお見せいたしましょうね。




英国・コッツウォルズより愛をこめて





いかがでしょうか?



アンティークというよりは、ヴィンテージと言った方がぴったりとくるような感じの素敵なお店です。


いくら見ていても飽きないので(びっくり!こんな
アイテムもあります)、思わず長居してしまいたくなるお店です。私はなんと4時間も居座ってしまいました‥‥(ひとみさん、すみませんでしたあせる)。



こんなアイテムをご覧になるとアンティークと言ってもいろいろなものがあって、「日常使い」ができるということがおわかりになると思います。



さて、今日の本題はここからです。



そのDrawerさん
を営んでいらっしゃるささきひとみさんが「ミスター・パートナー
」という雑誌に、今月から連載でイラスト付エッセイを書いていらっしゃいます。


このミスター・パートナーという雑誌は、英国に特化した雑誌で、英国在住歴の長い私でさえ知らない英国の情報がたくさん載っていて、いつも編集長の井形慶子さんの取材力と行動力に脱帽。



私も毎月日本から取り寄せて読んでいます。ぜひ、皆さまもご一読くださいませ。




今月号には、ひとみさんとパートナーのマーティンさんのお写真も載っていますよ。発行部数があまり多くありませんので、毎月すぐに売切れてしまいます。ですので、いますぐゲットしてください!



mr partner ( ミスターパートナー ) 2010年 02月号 [雑誌]


¥420
Amazon.co.jp

さて、この後また素敵なアンティーク・ショップをご紹介したいと思います。ニコニコ



どうぞご期待くださいませ。


ランキング停滞期?今日の順位は何位でしょうか?

    ダウン           ダウン          ダウン        

??????? ??????? ???????
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
blogram?????



関連記事
やじるし 引き出しを開けると‥‥?(1)


やじるし レアな一品、スージー・クーパーのラスター・ウェア

 訪れたい英国の風景

英国で唯一の温泉(5)

2010年1月25日

英国南西部の街、バース(世界遺産指定都市)にありますローマン・バースについてお伝えして5日目となっておりますが、ローマン・バースは今日が最終日となります。



2000年以上前の紀元前にローマ人が英国を支配していた頃、バースの街は温泉リゾート地として栄えていました。温泉だけでなくサウナもあったというと驚かれますでしょうか。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






上の写真がサウナです。といってもわかりにくいとは思うのですが、下の写真で少し説明をいたしましょう。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




上の写真の赤い部分が座るところになっていて、青いところにお湯が入っていて蒸気が上がってきてサウナに

なっていたというシンプルな仕組みになっていました。



この場所は温泉リゾート兼、病院となっていたようで、けがや病気をした人も治療のためやってきていたようです。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





そしてすぐ上の写真は床暖房を使ったリラクゼーションルームだったようです。奥の暗い部分が暖炉のようになっていてそこで火をおこし、床の下に熱を送り込んで部屋全体を暖めるという仕組みになっています。





      美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




石の柱のようなものがたくさん並んでいますが、この石の上に床が敷かれていたそうです。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




そしてこちらは更衣室になります。ちゃんと男女別に分かれていたそうですよ。






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




そしてスイミング・プールやスポーツジムのようなトレーニング・ルームもあったそうです。



余談になりますが、上のプールに観光客がコインを投げ込んでいくそうです。古今東西問わず(?)このような水をみると人はお金を投げ込みたくなるようですね。でもなぜでしょうね?




      美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





上の図は、そんなプールのひとつを再現した図になります。まさに全天候型温泉リゾートだったわけですね。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





さて、写真は突然かわっているように見えるのですが、こちらはこのローマン・バースにある「パンプ・ルーム」というレストラン兼カフェです。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




なかなかエレガントなしつらえとなっていますね。ローマン・バースを観光した後は、こんな場所で優雅にアフタヌーン・ティでもいかがでしょうか。





ここローマン・バースでは一日117万リットルものお湯が湧き出るのですが、こちらのパンプ・ルームではその温泉水を飲むことができます。



が‥‥お味のほうはあんまりおすすめできません。汗





ただ思い出づくりという意味においては、きっと思い出に残るお味ですので、お試しくださいませ。にひひ



ローマン・バースについて5日間にわたって書いてまいりましたが、お付き合いをありがとうございました。ローマン・バースのウェブサイトにて簡単な日本語の案内もございます。よろしければコチラ
をご参考になさってくださいませ。


温泉も心身の疲れを癒してくれますが、皆さまのクリックが私の疲れを癒してくれます。どうぞ皆さまの癒しのクリックをお願いいたします(笑)。

    ダウン           ダウン          ダウン        

??????? ??????? ???????
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
blogram?????



??·??????????????






日帰り温泉旅



思い立ったらすぐ行ける!リーズナブルに旅館を楽しむ贅沢。

 訪れたい英国の風景

英国で唯一の温泉(3)

2010年1月23日

先日より英国で唯一の温泉が湧き出ている、英国南西部の街バースにあります「ローマン・バース」についてお伝えしております。





英国・コッツウォルズより愛をこめて





上の写真は、2000年以上前に英国のこの地域一帯を支配していたローマ人によって作られました温泉リゾートだったところです。



そのあたりをまだお読みでない方は、まずは下のリンクから記事をお読みになってくださいませ。



おんせん 英国で唯一の温泉(1)


おんせん 英国で唯一の温泉(2)





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




この写真は昔のローマン・バースを再現した模型です。屋根が半分開いているところの中に、一番上の写真にあります「グレート・バース」になります。



ドーム状になっている屋根は、約20mもの高さがあり、2000年前の英国ではいちばん高い建物でした。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




上とすぐ下の写真は、このグレート・バースの天井は強度も考えられた上のアーチ型(ドーム状)の形になっていることを説明したものです。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




これが当時のグレート・バースの屋根の一部です。再現したものではなくオリジナルです。






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




そのことを説明される職員のトニーさん。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




そしてこちらはそのグレート・バースを取り囲む街の様子を再現した模型です。手前に見えている柱のたくさんある丸い建造物は当時の神殿だったようです。




     美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






上の模型の右手奥に見えている神殿はこんな風だったと想像されています。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






そしてこちらはその神殿を飾っていた彫刻です。すべての部分が発掘されたわけではなく、まだ見つかっていない部分があります。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





そしてそれがすべてそろうと上のような図が完成すると考えられています。ここで特筆すべきひとつの部分がありました。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






それは右下から三番目のこの部分です。



オーディオ・ガイドの説明によりますとこの丸いものは地球を表しているのではないかと推測されています。



では、何が特筆すべきことなんでしょうか?



ヨーロッパではコペルニクスやガリレオが後に地動説をとなえることになるのですが、ローマの人たちはすでに2000年以上も前から、ローマ人は地球が丸いということを知っていたということです!





明日もこのツアーの続きをリポートしたいと思います。当時のお宝も出てまいりますよ。それではまた明日お会いいたしましょう。



最近の英国は(私の住んでいるところでは)0-5℃前後のパッとしないお天気が続いております。皆さまの愛のクリックで(笑)、私に元気をください。よろしくお願いいたします。ドキドキ

    ダウン         ダウン        ダウン        

??????? ??????? ???????
美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ
blogram?????



携帯の方はこちらからお願いいたします。

人気ブログランキングへ

ブログ村 イギリス情報

blogramランキング参加中!



??·??????????????






雪見の露天風呂の宿

至高の風情を堪能しながら温泉に浸かる。冬ならではの雪見を露天風呂で楽しむこだわりの宿。日本ならではの旅です。