Monthly Archives

5月 2010

  ガーデンセンター

英国 バーベキュースタイル

2010年5月31日

先日より 英国のガーデンセンターをご紹介
しておりますが、今日もそちらの続きをご紹介したいと思います。



英国もやっと春から初夏のようなお天気になってまいりましたので、皆さんバーベキューを楽しんでいます。

我が家でも今日は15人くらいをお招きしてのちょっとしたジャパニーズ・バーベキュー大会を開きました。



何がジャパニーズかと言いますと、お肉の切り方と味付けです。こちらのバーベキューは、塩・胡椒をした

大きなステーキやソーセージ、ハンバーグなどを網の上で焼くようなスタイルが多いのですが、

我が家ではそのステーキを一口サイズに切り、秘蔵のたれ
を絡ませお箸でいただくようなスタイルですので、

あえてここではジャパニーズ・スタイルといわせていただいております。


15人分ものお腹を満たす質のよいお肉を捜すのがここではちょっと難しいのですが

先日なんとか調達してまいりました。





先週および先々週の英国は時には真夏のような気温になっていたのですが、あいにく今朝は曇り模様。

ぎりぎりまでまって決行しましたが、結果は良好、午後からはピーカンの晴れ間で皆さんに

楽しんでいただけたかと思います。





‥‥と、前置きが長くなってしまいましたが、今日はそんなバーベキューに必要な

こんな機材?道具?をご覧いただきましょう。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






まずはベーシックなものから。なぜかこのような円形のものが多いです。これで直径70cmくらいあります。

何と言ってもステーキを焼くのですから、これくらいの大きさは必要ですね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






とはいえ、近年ではなぜか上の写真のような小さいものもお目見えしています。

お一人様ようかしら?プチ・バーベキュー?



上の写真左のものはステンレスでできた、本格派。お値段も159英ポンドです。

今はポンド安なので2万円ほどですが、つい数年前でしたら3万円以上換算になりますね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






そしてこちらはもっとゴージャスなバーベキューを楽しみたい方に。ガスボンベをつないで

火の強さの調整もできるこだわり機材です。お値段は499英ポンド(約6万5千円)なり~。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






英国のガーデン・センターには、色んな家具類もあります。こちらはロンドン・ライフを

イメージしたスタイリッシュなガーデン用ファニチャーです。





今回の私のいちばんお気に入りはこちらです!





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






りんごの形のソファー・ベッドです。夏の強い日差しをさけてまったりとお昼寝もいいですね。

そういえば、英国のガーデン・センターにはこんなお洒落な家具類もありましたね。



覚えていらっしゃいますか?今もまだランキングに参加していますよ!

ずーっと、たらたらしてますね(笑)。よろしければ応援のクリックをお願いいたします。

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






ヴィクトリアナ・ローズ


英国王室御用達のパラゴンのカップ&ソーサーです。

繊細なイングリッシュ・ローズがカップの外だけでなく

内側にも描かれています。


   動物

英国ガーデンセンターの牧場

2010年5月29日

先日より 英国のガーデンセンターをご紹介
しておりますが、そちらには植物だけでなくこんな場所もありました。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






それは牧場です。牛や馬を豚や鶏はもちろん、なんとリャマまでいました。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






英国のカントリー・サイドには普通の牧場はもちろん、こうして子供達に

動物と触れ合う機会をつくる牧場がよく見かけられます。



子供たちは動物に触れることもできますが

動物たちは迷惑だと感じているようなこんな牧場もありましたね。






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






犬クンもヤギに興味津々。多くの英国の犬は感心するくらい

よくしつけられていますので、やみくもにほえたりしません。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ








ちょうど新緑が芽吹く季節でした。柳の柔らかい新芽が風に揺れて美しかったです。









美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






こちらにはちょっとした湖もあり、水鳥を見ることもできます。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






こちらでは親子連れがパンなどを鳥にやっているのですが、

それを食べにくるのは鳥だけではありません。赤丸の中をご注目ください。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




この動物が鳥とパンを奪い合うようにして食べていました。



では、この動物とは?答えはこちらをご覧くださいね。


↑こちらでは美しいコッツウォルズの村もご覧になれますよ。






覚えていらっしゃいますか?今もまだランキングに参加していますよ!

最近元気ないですね~。よろしければ応援のクリックをお願いいたします。

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ

英国アンティークス・オフィシャルブログ


  英国のお遊び

英国のメリーゴーランド

2010年5月28日

先日より 英国のガーデンセンターをご紹介
しておりますが、そちらにこんなものがありました。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






赤いトラックですが、これが何を運んできたのかというと‥‥





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






これです!





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




移動式のメリーゴーランドだったんですね。写真の中央上方に小さなパイプオルガンのようなものが

見えるでしょうか?そのオルガンからレトロな音楽を流しています。



これはメリーゴーランドだけですが、英国にはこんなに大きな移動遊園地もあるんですよ。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






この日はお休みだったので、子供たちがたくさん来ていましたので、

メリーゴーランドの横ではバルーンアートのサービスをしていました。



後ろに見えているのはこのガーデンセンターが所有する牧場です。

明日はこの牧場をご覧いただきたいと思います。


最近ちょっとだけ多忙にしておりまして、コメント欄をお休みさせていただいておりますが、

いつもコメントを俳句によせて下さいますこの方
が、英国の花の美しさとかつての大英帝国のはかなさを

「大英帝国短歌 」と題した短歌にしたためて下さいましたので、ここでご紹介させていただきたいと思います。



バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ



麗しを



集めたりしの



花万華



幾千世界の



制覇の名残



バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ



‥‥美しいですね。パパラッチ日記さん
、いつもありがとうございます。






覚えていらっしゃいますか?今もまだランキングに参加していますよチョキ

最近どんどん落ちてきてます汗よろしければ応援のクリックをお願いいたします。

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ

英国アンティークス・オフィシャルブログ


  ガーデンセンター

ちょっとユニークな英国の植物たち

2010年5月26日

先日より 英国のガーデンセンターをご紹介
しております。今日もそちらの続きをご覧いただきましょう!

今日はちょっとユニークな植物を中心にご紹介いたします。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ



まずはこちら、ユーフォルビアです。トウダイグサ属の植物で、小さいものは10cmくらいからありますが、

私の家の庭にあるユーフォルビアは1m以上の高さになります。



以前、こちらをご紹介したところ「珍しい」とか「あまり日本でみかけない」とのコメントを頂戴いたしました。

我が家のユーロフォルビアはこちらでご覧いただけます。






美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






こちらは同じユーロフォルビアですが、茎が紅いタイプでいっそうレア度が高いかもしれませんね。

都会型のガーデンに似合うクールな雰囲気の植物です。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






そしてこちらは日本の皆さまには全然珍しくないと思うのですが、

英国にあるということが少し意外かもしれませんね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





クレマティス・アルマンディ(アップル・ブロッサム・クレマティス)です。我が家にもあるのですが、

英国では3月くらいから花を咲かせてくれる貴重なクレマティスです。挿し木で簡単に増やすことが

できますし、5、6mもの高さになりますので、壁面いっぱいに咲かせるとかなりきれいです。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






ブルネラ・ジャック・フロストです。一見忘れな草に似ていますが、葉の色と形が違いますね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




こちらはムスカリですが、毎年といっていいくらい新種が出ます。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






新しい植物を見かけるとつい手が伸びてしまいそうになります。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






こちらはネルテラ(和名:コケサンゴ=苔珊瑚、別名タマツズリ)です。右上にオレンジ色の

実がなっていますが、このほかにも黄色や白の実がなるものがあります。






覚えていらっしゃいますか?今もまだランキングに参加していますよ!

今日も3秒でできる人助け(笑)皆さまの3秒ボランティアをお願いいたします!

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ

英国アンティークス・オフィシャルブログ


  ガーデンセンター

英国の春の色

2010年5月25日

先日より 英国のガーデンセンターをご紹介
しておりますが、今日はガーデンセンターの庭と

いいますか、ファームを兼ね備えている庭をご覧いただきましょう。



私が訪れたのは4月でしたので、この時期はスイセンが満開でした。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






「この広い野原いっぱい~音譜」という歌がありましたが、

今は昔になってしまいますので、ご存じない方も多いかもしれませんね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






この野原にはまさに歌にあるように花が咲き乱れています。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






場所によっては人の手によって植えられたところもあるのですが、

英国には野生のスイセンがたくさんあります。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






少し近寄って見てみましょう。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






本当に色んな種類があります。色んな種類と言えば、こんな花

あんな花
にも本当に色んな色がありましたね。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






同じ白いスイセンでも雰囲気が違います。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ







小さいものも大きいものもありますが、英国のスイセンはどちらかというと大ぶりのものが多いですね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






小さいものはガーデンセンターで売られているものがほとんどで、野生種は大きいものが多いのです。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






いずれにしても春の訪れを告げる、可愛らしい花ですよね。



明日もこちらのガーデン・センターの続きをご紹介いたしますので、また明日もお会いしましょう!








ランキングに参加中です。今日も3秒でできる人助け(笑)皆さまの3秒ボランティアをお願いいたします! 

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ

英国アンティークス・オフィシャルブログ


   英国の中の日本

これは日本、それとも?

2010年5月24日

先日は 英国のガーデンセンターにあった盆栽
をご覧いただきましたが、

その一角にこんなコーナーもありました。




英国アンティークス・オフィシャルブログ






こんな置き物なんですが、これも日本をイメージしたものでしょうね。





英国アンティークス・オフィシャルブログ






後方には盆栽用の鋏などもあります。






英国アンティークス・オフィシャルブログ




こちらは寄り添う親子三人でしょうね。





顔つきやスタイルが日本人とはビミョーに違いますが、

それでもスマートに作ってくれているので、よしとしましょう(笑)。



そういえば、ここにも日本風なこんなものがありましたね。




明日からはこのガーデン・セーターの屋外のコーナーをご紹介したいと思います。




(関連記事)



数字 ロンドンの中の日本
ココ

数字 英国の百貨店にあった日本風なもの・続編
ココ

数字 英国のくるくる寿司事情
ココ




明日もこちらのガーデン・センターの続きをご紹介いたしますので、また明日もお会いしましょう!





ランキング下降気味。今日も3秒でできる人助け(笑)皆さまの3秒ボランティアをお願いいたします! 

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





バラのブーケのプレート


ハマースレイの人気デザイン「ハワード・スプレイ」のちょっと

珍しくて、使い勝手のよい、スクエア・プレートです。


   英国の中の日本

英国ガーデンセンターの中の日本

2010年5月22日

先日より英国のガーデンセンターの中の英国らしい花や植物を

ご覧いただいておりますが、今日はこんなコーナーをご覧いただきましょう。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-盆栽






はい、ご覧のとおり盆栽ですね。こんな盆栽がガーデンセンターの一画を飾っていました。

近年、英国ではちょっとした「ジャパン・ブーム」がおきておりまして、それがこんなところにも出ております。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-盆栽






どうでしょう?かなりちゃんとした盆栽に見えませんか?







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-盆栽






英国では盆栽は「BONSAI」と書いて「ボンイ」と発音されてしまいます。なので、「ボンザイ」と

言っている人を見かけたら「ボンイ」と訂正して、正しい日本語を広げる努力をしていますあせる





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-盆栽






盆栽グッズもちゃんと揃っていますよ。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-盆栽






鉢はもちろん「盆栽・プラント・フード」、つまり肥料までちゃんとあります。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-盆栽






盆栽の育て方の本もありました。


こうして、日本のものが徐々に世界に広まってくれることはうれしいですね。






(関連記事)



数字 ロンドンの中の日本
ココ

数字 英国の百貨店にあった日本風なもの・続編
ココ

数字 英国のくるくる寿司事情
ココ





明日もこちらのガーデン・センターの続きをご紹介いたしますので、また明日もお会いしましょう!





ランキング下降気味。今日も3秒でできる人助け(笑)皆さまの3秒ボランティアをお願いいたします!

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





バラのブーケのプレート


ハマースレイの人気デザイン「ハワード・スプレイ」のちょっと

珍しくて、使い勝手のよい、スクエア・プレートです。


  イースター

かわいいコーナー

2010年5月20日

昨日は いろいろな色のオステオスペルマムをご覧いただきました。




今日はそのガーデン・センターにあった可愛らしい一画をご紹介しましょう。



これです!



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






んっ、わかりませんか?







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






○(まる) の中にご注目~。小さいですね、それではアップでどうぞ。







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






私が訪れたのが、イースターの時期だということで、可愛いヒヨコちゃんの

オブジェが植物といっしょに飾られていました。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






そして、イースターと言えばヒヨコといっしょに登場するバニーちゃんのコーナーもありました。



なぜ、イースターにはヒヨコやバニーが登場するのでしょうか?それは こちらをご覧になってくださいね。







(関連記事)



数字 消えたうさぎ
クリック

数字 卵のオンパレード
クリック

数字 イースターツリー?
クリック




明日もこちらのガーデン・センターの続きをご紹介いたしますので、また明日もお会いしましょう!





最近アンティーク雑貨でランキングに参加しております。

できましたら応援のクリックをお願いいたします。

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




パラゴンのカップ&ソーサー


まるでお花畑がそのまま作品になったような、華やかで

可愛らしいカップ&ソーサーです。


  ガーデンセンター

いろんな色のオステオスペルマム

2010年5月19日

昨日は 色んな色のカラーをご覧いただきました。






今日、ご覧いただきます花は、キク科の植物オステオスペルマムです。

舌をかみそうな名前なので、時にはアフリカン・デイジーと呼ばれたりすることもあります。





このオステオスペルマムは色の種類が多いのが特徴ですね。順に見ていきましょう。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-オステオスペルマム






一般的によく見かけるのはピンク。こちらはちょっと淡い色のピンクですね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-オステオスペルマム






そしてこちらは元気いっぱい、イエローです。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-オステオスペルマム






しっとりと落ち着いた感じのホワイト。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-オステオスペルマム






そしてこんな色もありました。中心がピンクで外側に向かってオレンジになっています。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-オステオスペルマム




オステオスペルマムのコーナーはパッと明るくてとても華やかでした。



もっと色んな色のオステオスペルマムは、こちらの 「Photographs」 のコーナーをどうぞ。


何十種類ものオステオスペルマムを見られますよ。




美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




キク科の花を集めた写真を見つけました。並べてみるとかわいらしいですね。

キク科の植物について詳しい説明をご覧になりたい方は こちら(英語)
からどうぞ。





(関連記事)



数字 愛すべきムダのある国、英国
ココ

数字 ガーデン・センターのレトロなファニチャー
ココ

数字 ガーデン・センターとコッツウォルズの家の関係
ココ




明日もこちらのガーデン・センターの続きをご紹介いたしますので、また明日もお会いしましょう!



もしかして「伸び悩み?」

今日は何位かな?

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





パラゴンのカップ&ソーサー


まるでお花畑がそのまま作品になったような、華やかで

可愛らしいカップ&ソーサーです。


  ガーデンセンター

カラーのカラー???

2010年5月18日

先日より、とあるガーデン・センター
をご覧いただいております。今日はその続きのご紹介となります。



「カラーのカラー???」というタイトルをご覧になって、



「いったい何のこと?」



と思われた方と、



「あ~、あれね」



とぴんと来られた花好きな方がいらっしゃるかもしれませんね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






こちらのガーデン・センターにはたくさんのお色の「カラー」がありましたので、「カラーのカラー」といたしました。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






まずはカラフルなこちらの色のカラーから(なんか駄洒落みたいになってしまいました汗)。

鮮やかなピンクがきれいですね。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






そして大人っぽいこんな色のカラーもありました。





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






もう少し近くで見てみましょう。







美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ






こちらはうって変わって元気なビタミンカラー音譜





美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ





こんなお色もありました。



こんないろいろなお色目のカラーの花ですが、この方がこの花でブーケをつくるとこんなに美しくなります。


毎日 この方
のつくられた、とても美しいブーケを眺めているだけで、幸せな気持ちになれます。



それに加えて、すばらしいと思うのはあれだけたくさんのブーケをつくられながら、ひとつひとつにオリジナリティ

があることです、見ていてあきません。その辺に この方
の花に対する思い入れやプロフェッショナルな精神を

垣間見ることができます。



PS. 今日の この方の記事にこんなに美しいカラーのブーケが登場しました!
ぜひご覧になってください。





(関連記事)



数字 愛すべきムダのある国、英国
ココ

数字 ガーデン・センターのレトロなファニチャー
ココ

数字 ガーデン・センターとコッツウォルズの家の関係
ココ





明日もこちらのガーデン・センターの続きをご紹介いたしますので、また明日もお会いしましょう!





もしかして「伸び悩み?」

今日は何位かな?

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




ジュエリー・ケース


ハート形がラブリーなハマースレイのトリンケット・ボックス

(ジュエリー・ケース)です。英国の花のブーケのデザインが華やかです。