Monthly Archives

9月 2011

  マナーハウス

マナーハウスでお散歩♪

2011年9月29日


英国は今でも階級制度が残っている国で、皆さまもご承知のように

女王陛下もいらっしゃれば、貴族階級もある国です。





そんな国ならではの文化遺産の一部がマナーハウスであるとも言えるでしょう。



私が住んでいる近くにも多くのマナーハウスがありまして、その多くは

現在はホテルなどに使われておりますので、ありがたいことに

平民である私などでも入れますので、よく訪れています。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Lords of the Manor








今回、ふらっと訪れたのはコッツウォルズのアッパー・スローターという村にある「ローズ・オブ・ザ・マナー」です。



カタカナで「ローズ」と書きますと、まるでバラ バラ のように見えますが、



この場合のローズは「Lords」と書いて、貴族階級の卿や侯爵、伯爵、子爵、男爵

または大領主などを意味する「ローズ(Lords)」ですのでお間違えなく汗






英国・コッツウォルズより愛をこめて








出かけた日は日曜日でしたので、予約なしではランチやアフタヌーンティーを

することはできないことはわかっていたので、お庭をお散歩してきました。



お庭と言っても、こちらは8エーカー(約32,000㎡または9,800坪)も

ありますので、お散歩するにも十分すぎる広さです。



特権階級でもない、私たちがお金も払わず、こんなところを

お散歩できるなんていい休日の過ごし方だと思いませんか?



ご旅行でいらしても、ある種、こんな贅沢な過ごし方もできるのですよ。

(‥‥って、あまりおススメするとマナーハウスからクレームがきそうですねあせる







英国・コッツウォルズより愛をこめて








上はお部屋からお庭の一部を見たところです。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Lords of the Manor






お花のポットひとつとっても 数百年の歴史を感じられます。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Lords of the Manor








これだけ広いのにお庭の手入れもよく行き届いています。








英国・コッツウォルズより愛をこめて






こちらのマナーハウスでのゴージャスなアフタヌーンティーとお部屋の様子を以前お伝えしたことがあります。



豪華なアフタヌーンティー、よろしければ以下のリンクからご覧になってくださいね。  



貴族の館でアフタヌーンティー

←これ


貴族の館、潜入日記?(1)
←これ


貴族の館、潜入日記?(2)
 ←これ




次回は、このマナーハウスのお膝もとの可愛らしい村をご紹介いたします。

「読んでみたい、見てみたい!」とおっしゃってくださる方、

または単にご親切な方はよろしければ下の3つの

バナークリックで応援をお願いいたします ラブラブ


いつもありがとうございます。




人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


アール・デコのシルバーティー・サーヴィス


スターリング・シルバー(純銀)の美しいティー・サーヴィスです。かつて英国の貴族階級が使っていたであろう逸品で優雅なティータイムをどうぞ。


  ショッピング

衝動買い щ(゚ロ゚щ)

2011年9月20日


私のプロフィール欄に少し書いておりますが、私がかつて日本で

会社の代表者だった頃は仕事の忙しさやストレスを発散するため

だったのでしょうか、かなりの衝動買いをしておりました。





今、思い出すとちょっと恥ずかしい過去と言えます。







そんな生活から足を洗うこと(笑)十数年、今ではかなり謙虚で慎ましい生活をしているつもりです。





とはいえ、アンティークに関しては今でもかなり理性を失ってしまいます。





素晴らしいアンティークがあると、懐具合を忘れてしまう傾向にあるようです。





‥‥というより、わざと忘れてしまいますあせる




そういう意味では「足を洗えて」いないのかもしれません(反省)。







私は現在、英国アンティークス
というオンラインの

アンティークショップを運営しているわけですが、

扱っているアイテムは主にカップ&ソーサーやシルバー製品、

およびアクセサリーなどの小さなものが中心となります。










そして、そんな類の素敵なアイテムを見つけたときには



「お仕事」



と称して、お買い物をしてしまう、良い言い訳をすることができます。



しかし、こちらはどうでしょう?





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Flora painting






アンティークのフローラ・ペインティングです。



ちなみにこちらはショップに出る予定はございません。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Flora painting






もう少しアップで。。。





私はそもそもお花が大好きで、自宅の庭でもバラを初めとする

たくさんの植物を育てていて、ショップでお取り扱いするアイテムも

ついフローラルなものが多くなってしまう傾向にあります。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Flora painting






絵画自体はもちろん好きなのですが、フレームもなかなか気に入りました。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Flora painting




退屈だとは思いますが汗フレームの中央部をもう一枚。



完全に自己満足の世界ですね あせる




英国アンティークス・オフィシャルブログ-Flora painting




そして絵画のアップです(退屈でしょ、などと言いながら、まだ来るの~!)。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Flora painting




いつもは皆さまに楽しんでいただけるブログを心がけているつもり

なのですが、今日は自分の趣味の世界をお見せしてしまいました汗


失礼いたしました。





次回の記事は、もっと楽しい英国情報をお伝えいたしますヨ

モチベーションアップのためによろしければ下の3つの

バナークリックで応援をお願いいたします ラブラブ


いつもありがとうございます。




人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


英国アンティークスでは現在 「アーリー・オータム・セール」
を開催中です。



(衝動買いも大歓迎です:笑)



ダウン ダウン 下のバナーからお立ち寄りくださいね。 ダウン ダウン


英国アンティークス・オフィシャルブログ-英国アンティークス アーリーオータムセール会場へ

  ショッピング

英国のコンビニエンスストア

2011年9月18日


日本には美しい四季がありますが、英国には一日の中に四季があるといわれます。







今まで晴れていると思っていたら、雷が鳴り響いて、大雨が降り、ヒョウや

アラレが降ってきて、嵐のようになったかと思うと、すぐにまたポカポカと

した陽射しが降り注ぐ‥‥といったお天気が繰り返されることもあります。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Season






虹と言えば‥‥



皆さま、虹の端っこってご覧になったことがありますか?



私の住んでいるところでは、上のような事情でたびたび大きな虹を

見ることがあり、たまに虹の端っこに出会うことがあるんですヨ☆



でも、写真を撮ったことがないのですが、National Geographic に

そんな虹の端っこの写真がありましたので載せておきますね。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Season






なかなか面白いでしょ?





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Season






先日も郵便局に行っていたら、突然大雨が振り出してきましたので

急遽、近所のコンビニっぽいお店に避難しました。





英国の人は、雨に備えて傘を持ち歩くということをしません。



私もそんな一人になりつつありますが、上でお話したように

そんなことをしていては毎日どこへ行くのも傘を持ち歩かなければ

ならないから、つい傘を持ち歩かないようになってしまいます。





この日はなかなか雨がやまなかったので、時間潰しに

お店の中の商品を改めて見てみました。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






まずはこちらの棚から。



英国の人が大好きな(日本人も?)ポテトチップスです。



英国ではこのポテトチップスのことを「クリスプス」と呼びます。



そしてチップスと言えば、フライドポテトのことをさします。



そのお話は 「英国のリゾートホテル」
の中でもお話しましたね。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






英国の人がどれくらいこのクリスプスのことが好きかと言いますと‥‥





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






ご覧になって下さい!


左側がランチやおやつ用の小さな袋のクリスプス、そして右側がそれが18袋も入ったクリスプスとなります。



どんだけ食べんの~!



って感じがしますが、それくらい人気があるということです。



お味は、プレーンなものから‥‥



「ソルト&ヴィネガー」 塩


「チーズ&オニオン」 チーズ


「プロウン・カクテル」 エビ


「ウースター・ソース」 イギリス


など、日本とはまた違ったヴァラエティがあります。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






日本にも辛いものもありますが、こちら英国ではこんな



「タイ風スイート・チリ」味もあります。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






そして、今や英国の朝食に欠かせない食べ物となりつつあるシリアルも種類が豊富です。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






普通のシリアルはたくさんあるのですが、こちらは「ポリッジ」です。



いわゆる西洋風のおかゆですね。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






こちらはまた違うメーカーのカップ麺ならぬ、カップポリッジです。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






そしてこちらはお子様のおやつのシリアルバー。



いろんなお味がありますが、こちらの甘いシリアルは日本の甘いものより甘さが強いです。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






シリアルバーはお子様だけのものではありません。



大人用もあります。一応、ヘルシーなイメージで

売り出していますがやはり甘いものが多いです。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






そしてこちらはジャム類のコーナーです。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






こちらは日本でもおなじみの 「ボンヌ・ママン」


の製品です。









日本では こんな可愛いプティ・サイズ
がありました。



それも 1個 84円
ですって!





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket






そしてこちらをご存知でしょうか?



「love it or hate it (好きか嫌いかどっち?)」



というキャッチフレーズで英国では人気のある

パンに塗るジャム状のペースト 「マーマイト」
です。



一見、チョコレートのように見えますが、ビールの酒粕を主原料とした発酵食品です。



臭いが強烈なので、馴染みのない人には受け入れられないかも

しれませんが、好きになったらやみつきという 「マーーマイト」

興味のある方は下記からご覧になってくださいね。











そしてお次も英国らしい食品です。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Supermarket




こちらは 「ゴールデンシロップ」
です。



ハチミツやメープルシロップもありますが、



「これでなければ」



という人もいるようです。



レトロなデザインの缶が可愛らしいですね。







追記 : 「ゴールデンシロップ」
アップ は日本でも購入できるようです。



ご希望の方は上の写真クリックからどうぞ。在庫数が少ないようですので、お急ぎくださいね。






ハプニングの雨のおかげで改めて、お店をゆっくりと見ることができました。



今日の記事はお楽しみになれましたでしょうか?

もし「楽しんだよ」とおっしゃってくださいます

ご親切な方は下の3つのバナークリックで応援をお願いいたします ラブラブ


いつもありがとうございます。




人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


英国アンティークスでは現在 「アーリー・オータム・セール」
を開催中です。



ダウン ダウン 下のバナーからお立ち寄りくださいね。 ダウン ダウン


英国アンティークス・オフィシャルブログ-英国アンティークス アーリーオータムセール会場へ

  パブ・ガストロノミーパブ

英国のパブランチ

2011年9月16日


先日は、英国の 秋の味覚であるリンゴ
をテーマにしました。





もぎたてのリンゴで作るジュース
は最高だとお話をいたしましたが、

その反面、英国のお食事はいまいち‥‥という、まことしやかな噂がありますが

現在の英国の「外食」に関してはそう言えないお店が多くなってきています。





なぜ「外食」と限定したかと言いますと、家庭内では冷凍食品や

ジャンクフードを日常的に活用している、人々も多々いるようだからです。





以前、英国のジャンクフードを取り上げてみたことがありますが

それは恐ろしい食べ物までが売られていますので、怖いものを

ご覧になりたい方は、恐怖 コチラの朝食
恐怖 コチラのランチ
をご覧になってくださいね(笑)。





さて今日はそんな英国の外食の代表であるところのパブのランチをご紹介しましょう。





ひと昔前のパブのお食事といえば、フィッシュ&チップスや

ジャケット・ポテトなどのいわゆる典型的な英国の料理が

提供されていますが、今ではフランスやイタリア、はたまた

日本などのオリエンタル・テイストを盛り込んだ、

「モダン・ブリティッシュ」と呼ばれる、おいしいお食事がいただけます。









英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








こちらのガストロノミーパブは以前もご紹介したことがあります。

前にいただいたランチをご覧になりたい方は コチラからどうぞ ☆




お魚メニューがお得意なようで、壁には英国らしいお魚の剥製がかかっています。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








まずはパンとオリーヴが供されます。



パンもカントリー風なナチュラルな風合いで美味しいですよ。



今は日本でもそうなのかもしれませんが、英国ではほとんどの

お店で出されるバターは無塩のものとなります。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








上の写真は前菜のサラダ。英国らしいメニュー「ブラック・プディング」がそえられています。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








そしてこちらは「シーザー・サラダ」です。

チキンとベーコンが添えられていて、ボリューム満点。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








こちらはポークのスペアリブ。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








こちらはお魚のソテー(こちらに出かけたのが、

少し前でしたのでお魚の名前は忘れてしまいました)



つけ添えは、コージェット(日本ではズッキーニと呼んだほうが一般的ですよね)です。








英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pub lunch








そしてこちらはラムのステーキです。



シンプルですがバラ色の焼き色がつき美味しそうです。



‥‥そうです、と言ったのは、これは私がオーダーしたものではないから。



でもここのパブのラムはいつも美味しいので、きっとこれも美味しかったはず。





日本では「羊の臭いが‥‥」というお声をたまに聞きますが、

英国にいらして、間違いのないレストランやパブでラムなどを

いただきますと、臭いなどなく美味しいですので、おススメです。





今までにも英国のパブの話題をお届けいたしました。



よろしければ、下記をご覧になってくださいね。



1* 英国 カントリーサイドのパブ(1)
クリック


1* 英国 カントリーサイドのパブ(2)
クリック


2* 英国 カントリーサイドのパブの店内
クリック


3* 英国春のグルメ英国・カントリーサイドのパブ
クリック


今日の記事はお楽しみになれましたでしょうか?

もし「楽しんだよ」とおっしゃってくださいます

ご親切な方は下の3つのバナークリックで応援をお願いいたします ラブラブ


いつもありがとうございます。




人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


シェリー ローズ・バッド カップ&ソーサー


お花の形がラブリーなシェリーのカップ&ソーサーです。


■ カントリーライフ

リンゴ差し上げます!

2011年9月14日

先日、我が家の庭にたわわに実ったリンゴ
の写真をご紹介

いたしましたが、今日はご近所さんのリンゴをご紹介しましょう。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples








エントランスにはアーチがある、なかなかお洒落なつくりのガーデンですね。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples






お庭には白いガーデンテーブルもあり雰囲気があります。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples





こちらのお宅にもたくさんのリンゴがなっていますね。

前回の記事
でもお話いたしましたように、このあたりの

お宅にはどこの家にもたくさんのリンゴの木があります。







英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples






そしてアーチの下には、リンゴの入った箱があります。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples






そしてその箱に添えられた紙には



「どうぞご自由にお持ちください!」



と書かれています。





毎年、このようなお宅があちらこちらにあるのですが、

残念ながらリンゴを持っていってくれる人はあまりいません。



なぜならば、このあたりのほとんどのお家にはリンゴの木があるからなのです。



日本が近かったら、本当に皆さまに差し上げたいです~!





我が家にある5本のリンゴの木から何百個というリンゴがなり、食べきれずに

こんな動物
こんな動物たち
のえさになってしまうのですが、

今年は何とか我が家で消化できそうです。その理由は コチラ







英国ではほとんどのご家庭にリンゴの木がありますので、

クスッと笑える こんなグッズも売られているのですよ。


ぜひご覧になってくださいね。



今日の記事はお楽しみになれましたでしょうか?

もし「楽しんだよ」とおっしゃってくださいます

ご親切な方は下の3つのバナークリックで応援をお願いいたします ラブラブ


いつもありがとうございます。




人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ



ミントンプレート「マーロウ」


英国の名窯ミントンのプレートです。繊細なフラワースプレーが華やかです。


  我が家の庭

たわわに実ったリンゴ達☆

2011年9月8日

先日は、私が今凝っているジュース
についてお話いたしましたが、今日は

そんなジュースの材料になる、我が家の庭のリンゴ達をご紹介いたしましょう。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples






まさに今、リンゴがたわわに実っています。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples






ひとつの枝から何個もなっているのです~。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples






我が家にはリンゴの木が5本あるのですが(これ英国では普通です)英国の

リンゴには数百種類のタイプがあるので、なる時期やお味も少しずつ違ってきます。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples






こちらは青リンゴではなく、まだ完熟していないリンゴの実です。



リンゴの実がなる前の 花はこんなに可愛らしいのですよ。






英国アンティークス・オフィシャルブログ-Pears






そしてこちらは洋ナシです。こちらも今年は豊作です。



洋ナシの花はこちらでご覧になれます。






英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples






豊作はいいのですが、リンゴやナシがなりすぎて、

このように落ちるに任せてしまうことになります。



この家に越して来た当初は、リンゴジャムやタルトなどしょっちゅう

作っていましたが、毎年何百個もなるので、すべてを使い切るのは

難しかったのですが、今年は このジュース
のおかげで無駄がなく使えそうです。





英国アンティークス・オフィシャルブログ-Apples






それでも落ちてしまったリンゴは、野鳥や動物達の餌と

なりますので、完全に無駄ではないのですけどね。





ちなみに我が家には、こんな動物
こんな動物たち
がやってきます。



そういえば、英国には こんな動物
まで野生でいましたね。





英国ではほとんどのご家庭にリンゴの木がありますので、

クスッと笑える こんなグッズも売られているのですよ。


ぜひご覧になってくださいね。



今日の記事はお楽しみになれましたでしょうか?

もし「楽しんだよ」とおっしゃってくださいます

ご親切な方は下の3つのバナークリックで応援をお願いいたします ラブラブ


いつもありがとうございます。




人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ



ミントンプレート「マーロウ」


英国の名窯ミントンのプレートです。繊細なフラワースプレーが華やかです。


■ イギリスのグルメ

野菜ジュース

2011年9月6日


拙ブログをずっとお読みくださっている方はご存知だと思いますが、
今年に入ってから私は体調をくずしてしまいました。病気になった原因は
いろいろとあると思うのですが、そのひとつに「食事」も大きく関わって
いたことに気がつき、現在はヘルシーな食事を心がけるようになりました。


もちろん以前よりヘルシーな食事というものは意識はしていたものの、
今までは大した病気もしたことのなかった私は、正直言って、
それは自分とは少し遠い世界のことのように感じておりました。


でもここに来て「自分の口から入った食べ物によって体は作られている」
という、すごくシンプルで、当たり前のことではありますが、そんなことに
今ようやく気がついた次第ですあせる

そんなわけで、そのヘルシーな食事の一環となっているのが、

にんじん 「野菜ジュース」 トマト
です。


英国アンティークス・オフィシャルブログ-Vegetable Juice


今では、毎日できるかぎり 野菜ジュース じゅーすよ を作って飲んでいるのですヨ。


「お野菜を直接食べれば?」


という向きもあるかもしれませんが、
ジュースで摂取できるだけのお野菜を食べるのは簡単ではありません。
(たとえば、一日にニンジン8本、小松菜5束 レモン3個 etc とか‥‥)


最初は「続くかな~」と思っておりましたが、 これがと~っても美味しいので、
今ではこの野菜ジュースのとりこになってしまっています。


どんな材料をジュースにするかといいますと‥‥


ニンジン にんじん、ケール(日本ですと小松菜が手に入りりやすいでしょうね)、

キャベツ キャベツ、レタス、ビーツ、ブロッコリー ブロッコリー、アスパラガスなどなど‥‥


ブロッコリーあたりで

「えっ!!

と思われた方も多いかと存じますが(笑)


私が使っているジューサーで、オレンジ フルーツ リンゴ などと
ミックスして作ると本当に美味しいのですよ ラブラブ


英国アンティークス・オフィシャルブログ-Vegetable Juice



そして私が使っているジューサーとはこちら ↓ になります。




ヒューロム スロージューサー 送料無料+プレゼント付き!+ポイント10倍+クーポン付き!


このジューサーの素晴らしいところは、


低速回転なので、空気が混ざりにくく酸化しにくい


すりつぶして搾るので、酵素が壊れにくい


ところです。ビタミンやミネラルたっぷりのジュースを作れます。


詳しくは、コチラ をご覧になってくださいね。


私は、このジューサーにたどり着くまでに3台のジューサー!
購入してしまいましたが、今ではこのジューサーに大満足です。


ふつうの高速回転のジューサーとは、できあがりのジュースの色も味も違います。


高速回転のジューサーでは、出来上がったジュースがすぐに分離
してしまいますが、このジューサーではそんなことは起こりません。


低速というと出来上がりが遅いイメージがあるかもしれませんが
そんなことはなく、とても早く新鮮な搾りたてジュースがいただけるのです音譜

高速ジューサーにありがちな大きな音もありません。


このジューサー では、素材そのものの味が味わえます。


それに片付けも簡単ですし、スペースもあまり取りません。


私などはたくさん作るのですが、今までのジューサーですと途中でカスを捨てたり、
目詰まりしたりしたのですが、このジューサーではそれがおこらず、極端な話、
何リッターでも作ることができるという優れものなのです。


あまりにもベタ褒めですと、メーカーさんのまわしものかと思われそう(笑)
ですが、本当に素晴らしい製品なのでご紹介しているだけなのですヨ。


おまけにこのジューサーでは、にんじんニンジンジュースを作った後、すぐにブロッコリー 小松菜ジュース、
そしてオレンジ オレンジジュース、いちごストロベリージュース‥‥と次々と作れるのもうれしいです。

そんな様子が 動画で見られます ので、よろしければどうぞ。






野菜ジュースですが、健康によいことはもちろん、私の場合は副産物として
体重が減ったことと、友人から「お肌がきれいになった」とも言われています音符

こんな良いことづくめの野菜ジュース、お試しになりませんか?


通りすがりのご親切な方、私のモチベーションアップのため汗よろしければ下の3つのバナークリックで応援をよろしくお願いいたします。 ドキドキ
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ

ディプレッショングラスのトリオ
冷たいお飲み物はもちろん、温かいものにもお使いになれます。